topimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimage

2018-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まいったなあ  明日の教室 - 2009.11.28 Sat

 京都の糸井さんから連絡をいただいた。

 学校に新しい風を! 

 数日前のことだ。
 明日の教室の講師としてきませんか? という依頼である。来年3月。

 明日の教室のこれまでの講師陣のものすごさをぼくはよく知っている。
 ぼくはそういう名人教師とは全然違う、地方の一介の教師に過ぎないのである。

 しかも合唱指導が見たいというのである。「旅立ちの日に」。
 ぼくは、音楽を専門とする教師ではないし、ぼくでいいのかなあ、と思う、ほんとに。

 ぼくは、自分で言うのも変だが、オールラウンダーの教師である。どれも少しずつできる、ユーティリティプレイヤーとして、中学校という現場で生き残ってきた。42年も生きてきた(もうすぐ43年)のに、自分の一番のセールスポイントが何なのか、未だに自分でよくわからない。

 ただ、やっぱり合唱指導ではない気がする・・・。
 まあ、やってみるかなぁ・・・。

 
シリーズ明日の教室(2)学級をつくるシリーズ明日の教室(2)学級をつくる
(2009/05/28)
「明日の教室」研究会

商品詳細を見る


 ぼくも執筆させていただきました。光栄でした、ほんとに。
 
スポンサーサイト

● COMMENT ●

明日の教室

石川さん、糸井です。
「明日の教室」に来ていただけること、本当に嬉しく思っています。
メールにも書きましたが、石川さんにお話いただきたいことはたくさんあります。
その中で、国語の授業はもちろんなのですが、やはり、合唱指導を見たいです。
石川さんのブログ、日記をずっと拝見してきて、音楽に対する真摯な姿勢に憧れてきました。
是非、お願いします。
・・・・いろんな準備をしておきますので・・・・。

いやあ

ほんとにぼくでいいのでしょうかね。

プランについては、少し丁寧に詰めさせてください。

よろしくお願いします。

No title

石川先生。すごいじゃないですか。
指揮の専門である私が、何故先生の実践に惹かれたのか。その教養の深さもそうですが、やはり聴いていらっしゃる音楽の幅広さなのだと思います。音楽専門の私さえ、到底足元にも及ばない聴体験。
私だけじゃなく、先生の音楽的な教育実践に注目される方がたくさんいるということですね。
「明日の教室」職場の若手に薦めています。京都、言ってみたいなあ~。3月末の桜満開の京都を8年前堪能しました。糸井先生のコーディネートで、素晴らしい講座となることでしょう。来春、寒い札幌で、熱い報告を待ちたいと思います。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://suponjinokokoro.blog112.fc2.com/tb.php/81-2e3b4c52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ギンペルのブラームス&ドヴォルザーク «  | BLOG TOP |  » 授業を見ていただく

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

最新記事

プロフィール

石川晋

Author:石川晋
北海道の中学校教師を退職しました。
都内に潜伏して、ゆっくりのんびりしなやかに、教育、芸術、自然の話をしながら、これからの自分のことを考えつつ、新しい状況に対応する「学びのしかけ」のことを考えて行きます。facebookアカウントは、
https://www.facebook.com/profile.php?id=100000528475920
ぼくにできそうなことは、どんどんお受けしますので、遠慮なくお知らせください。FBのメッセンジャーが一番確実です!

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

未分類 (53)
教育 (2236)
音楽 (271)
雑記 (343)
映画 (17)
読書 (32)
美術 (15)
研究会等 (10)
自然保護 (9)
CD&DVD (0)
育児 (30)
自然 (82)
対話 (7)
思考 (38)
演劇 (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。