topimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimage

2018-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日刊中高メールマガジン読んでますか? - 2009.11.20 Fri

 日本の教育系メールマガジンを考える時に、絶対外せないものの一つが、日刊中・高校教師用ニュースマガジンであると考えている。
 編集者は、梶原末廣さん。現職の教師だ。
 日本の民間教育の動向を考える上でも、はずせないお一人である。

 実際には、毎日発行するのは難しい。入稿してもらわなければ出せないわけだから。ぼくもライターの一人だが、しばしば遅延入稿する。申し訳ないと思っている。

 今日は、私の連載の5回目が配信された。紙面では6回となっているが、5回である。「教室読み聞かせ」についての連載である。
 メールマガジンは購読無料である。登録も簡単だ。購読をお勧めしたい。
 
☆日刊「中高MM」の登録と解除
http://www.mag2.com/m/0000027395.html


 以下、今日配信のメルマガ。(改行位置変更)

≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪
 日刊『中・高校教師用ニュースマガジン』(中高MM)☆第2372号☆
                 2009年11月19日:木曜日発行
  編集・発行 梶原末廣     sukaji@po.synapse.ne.jp
  http://www.synapse.ne.jp/~kanoyu/sukaji/index.html
http://www.synapse.ne.jp/~kanoyu/kyoushi/index.html
【中高MMは野元尚巳さんのオーストラリア自転車単独横断を応援します!】
 http://kayak.synapse-blog.jp/kt/
 ☆★今日に生きる私と
       明日に生きる君がつながりあえるように語り合おう★☆
≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫
====★☆INDEX★☆==========================================================
■「読み聞かせる教室づくり」(6)石川晋(北海道) 
===================================================◆◇====================

【連載】


■ 「読み聞かせる教室づくり」(6)


                 石川晋(北海道)  
                 zvn06113@nifty.com

ストーリーテリングの第一人者として、また、読書会・文庫活動のパイ
オニアの一人として大きな影響力を持つ人物がいる。松岡享子であ
る。松岡享子は、財団法人東京子ども図書館の中心人物として、彼
女の考えるストーリーテリングの方法、さらには、読み聞かせの意義、
方法、について、「レクチャーシリーズ」と題された小冊子を刊行してい
る。

http://www.tcl.or.jp/  東京子ども図書館

松岡享子は、学校教育の現場を中心的な活動の場所とした方ではな
い。しかし、その読み聞かせの方法論は、真剣に教室での読み聞か
せを考える教師にとって、現在に至るまで最も信頼のおけるものの一
つであると考える。
実は、読み聞かせの意義や価値を説く著作は、理論面・実践面、それ
ぞれ数多ある。しかし、松岡の提案が特に素晴らしいのは、方法を解
説しようと考えた点にある。技術論を、読み聞かせ論の大きな柱の一
つとして据えた意義は極めて大きい。この松岡の発想があって、はじ
めて、日本全国にお話サークルや読み聞かせサークル、読書会の輪
は広がったとさえ言えるだろう。

この松岡享子に、『えほんのせかい こどものせかい』(日本エディタ
ースクール出版部)という絵本の読み聞かせについてをまとめた一冊
の本がある。この本の中で、松岡は、絵本の「読み聞かせ」に関わる
大項目として、次の二点を挙げている。すなわち、「読み聞かせに適し
た絵本の条件」と「読み方」である。つまり、「選本」と「方法」ということ
だ。

 選本の基本として挙げられている下位項目は6つだ。

 ・ある程度の大きさがあること
 ・絵がよく見えること
 ・絵と文の割合
 ・場面割り
 ・見開きに一場面

 方法の基本として挙げられている下位項目は8つだ。

 ・安定したもち方
 ・開きぐせをつける
 ・読みはじめ
 ・めくり方
 ・読む速度、めくる速度
 ・ページをくった瞬間は文は読まない
 ・絵と文の調整
 ・ゆっくりと心をこめて

項目を見て、なるほどとうなずけるところだ。しかし、この項目には、
正直に言って、やや概念分けの曖昧さがあり、質的な違いも認めら
れる。この点からの再整理が必要だと考える。また、学校(教室)と
いう場の固有性、特殊性を踏まえた精査は、我々教師が行わなけれ
ばならない仕事だ。
当然、教室読み聞かせにおいて、新たに必要となるポイントはないか
という観点での再構築も必要になる。

いずれにしても、松岡享子の著作を今一度洗い直して読むことを、教
室読み聞かせ実践者には、強く勧めたい。

------------
石川 晋 zvn06113@nifty.com
http://suponjinokokoro.blog112.fc2.com/
すぽんじのこころblog

======================================================
===編集日記=== 
 皆様に支えられて「日刊・中高MM」第2372号の発行です。

 早速、松岡享子さんの著書2冊を注文いたしました。 
 いまから楽しみです。
 ほんとうに冷え込んできました。
 どうぞみなさん温かくしてお休みください。
 風邪やインフルエンザにもご用心ください。

====================================================== 
                 皆様のご意見・ご感想お待ちしています。
                 sukaji@po.synapse.ne.jp
                  梶原末廣【インターネット編集長】
======◆◇============================================
中・高校教師用ニュースマガジン 2000年3月26日創刊
  編集・発行 梶原末廣 sukaji@po.synapse.ne.jp   
    【発行部数1222名】

◎バックナンバー
http://archive.mag2.com/0000027395/index.html
☆日刊「中高MM」の登録と解除
http://www.mag2.com/m/0000027395.html
http://www.synapse.ne.jp/~kanoyu/kyoushi/index.html
●日刊【中高MM】●マガジンID:0000027395
■発行システム:インターネットの本屋さん『まぐまぐ』
        http://www.mag2.com/
Copyright(C),2000-2009 ChuukouMM INC
全文、または一部の記事の無断転載および再配布を禁じます。
========================================◆◇========
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆2009年☆★☆★☆★☆★☆★☆

◆「日刊 中・高校教師用ニュースマガジン」◆  

【11月連載予定】

20 2373 「雑感『相手の立場』」(7) 西澤俊英(滋賀県)
21 2374 「もう一つの学校インターナショナルスクール」(22) 壷坂宣也(兵庫県)     
【休載】「新聞読み比べ~NIEのヒントに~」(24)谷口泰三(東京都)
22 2375 「身体と心の元気スヰッチ」(17)山下 温(鹿児島)
      【読者感想】「ミッション ~命がけの密航~」
23 2376 「環境問題について」(103)枝廣淳子(千葉県)
24 2377 「遅刻少女が踊り子になる方法」(10)高橋雅世(鹿児島)
25 2378 「子どもたちのわくわくアート」(71)西尾環(熊本県)
   2379 「ITのお世話の日記」(21)山之上 卓(鹿児島県) 
26 2380 「日常性の教育学」(12)上條晴夫(宮城県)
   2381  学級通信「翔べない豚さん」(18) 山下君子(神奈川) 
27 2382 「南の散歩道」(28) 梶原末廣(鹿児島)
28 2383 「一歩ずつ」(48)岩堀美雪(福井県)
      「想いは南風に乗せて-あなたの心に」(41)堂園晴彦(鹿児島)
29 2384 「数学まるかじり」(24) 山崎直和(鹿児島)
30 2385 「参加型学習の可能性」(20)鈴木隆弘(東京都) 
      「インディアナ発 ~シアワセな人生をデザインする~」(18)
                          倉本陽子(アメリカ)

【12月連載予定】

01 2388 「教育バブルを弾け」(8)木原ひろしげ(福岡県)
02 2389 「モスポイントたより」(65)クニコホール(アメリカ)
03 2390 「未来教育への扉」(13)梶原末廣(鹿児島)
04 2391 「ビジュツのジカン」(3)関 清恵(東京都)
05 2392 「子どもたちのわくわくアート」(72)西尾環(熊本県) 
06 2393 「薫のデジタルにっし」(67)Slotsve堀内(アメリカ)
07 2394 「奄美だより」(15)湯ノ口真由美(鹿児島)
08 2395 「総合学習回顧録ー小学生ママと総合学習」(23)名生修子(兵庫県)
09 2396 「プロジェクト志向でいこう!」(46)若槻徹(島根県)
10 2397 「読み聞かせる教室づくり」(7)石川晋(北海道)
11 2398 「僕らはみんな生きている」(27)杉山武子(鹿児島)
12 2399 「想いは南風に乗せて-あなたの心に」(42)堂園晴彦(鹿児島)
      「子どもたちのわくわくアート」(72)西尾環(熊本県)
13 2400 「もう一つの学校インターナショナルスクール」(23) 壷坂宣也(兵庫県)
14 2401 「生徒へ送る心のメッセージ~教師のための新しい視点~」(29)
                         桑原規歌(愛知県)
15 2402 「百菜園だより」(14)木原ひろしげ(福岡県)
16 2403 「インディアナ発 ~シアワセな人生をデザインする~」(19)
                         倉本陽子(アメリカ) 
17 2404 「知識活用力の育て方」(204) 高橋りう司(東京都)
18 2405 「南の散歩道」(29) 梶原末廣(鹿児島)
19 2406 「ITのお世話の日記」(22)山之上 卓(鹿児島県) 
20 2407 「雑感『相手の立場』」(8) 西澤俊英(滋賀県)
21 2408 「新聞読み比べ~NIEのヒントに~」(25)谷口泰三(東京都)
22 2409 「身体と心の元気スヰッチ」(18)山下 温(鹿児島)
23 2410 「環境問題について」(103)枝廣淳子(千葉県)
24 2411 「遅刻少女が踊り子になる方法」(11)高橋雅世(鹿児島)
25 2412 【 未 定 】
26 2413 「日常性の教育学」(13)上條晴夫(宮城県)
       学級通信「翔べない豚さん」(19) 山下君子(神奈川) 
27 2414 「南の散歩道」(29) 梶原末廣(鹿児島)
28 2415 「一歩ずつ」(49)岩堀美雪(福井県)
29 2416 「数学まるかじり」(25) 山崎直和(鹿児島)
30 2417 「参加型学習の可能性」(21)鈴木隆弘(東京都) 
31 2418  「未来教育への扉」(14)梶原末廣(鹿児島)

「目線を変えて見えた世界」(68)野元尚巳(鹿児島)は1月25日再開。

=====================================================
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆2009年☆★☆★☆★☆
・高校教師用ニュースマガジン
のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://archive.mag2.com/0000027395/index.html
このメールに返信すれば、発行者さんへ感想を送れます。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://suponjinokokoro.blog112.fc2.com/tb.php/68-8a7fa4ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

総合的な学習の時間「校舎写真展」2時間目 «  | BLOG TOP |  » 総合的な学習の時間「校舎写真展」スタート

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

最新記事

プロフィール

石川晋

Author:石川晋
北海道の中学校教師を退職しました。
都内に潜伏して、ゆっくりのんびりしなやかに、教育、芸術、自然の話をしながら、これからの自分のことを考えつつ、新しい状況に対応する「学びのしかけ」のことを考えて行きます。facebookアカウントは、
https://www.facebook.com/profile.php?id=100000528475920
ぼくにできそうなことは、どんどんお受けしますので、遠慮なくお知らせください。FBのメッセンジャーが一番確実です!

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

未分類 (53)
教育 (2236)
音楽 (271)
雑記 (343)
映画 (17)
読書 (32)
美術 (15)
研究会等 (10)
自然保護 (9)
CD&DVD (0)
育児 (30)
自然 (82)
対話 (7)
思考 (38)
演劇 (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。