FC2ブログ
topimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimage

2018-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

総合的な学習の時間「校舎写真展」スタート - 2009.11.19 Thu

 今日から中2の総合的な学習の時間の第二期がスタートした。
 ここから3月まではぼくが運営していくことになる。

 やろうと思っていることは、来年取り壊しになる現校舎の写真展である。
 この子たちは、運命的にこの場面に立ち会うことになる子どもたちだ。

 町の一大行事に関しての、歴史の証人としての役割を背負う学年なのである。

 最初の一時間は、ダイヤモンドランキング「あなたにとって大切な教室はどこですか?」

 グループによっては、意見がぶつかって最後まで調整ができなかったところもあり、こうした学習の価値を生徒も教師も実感することができた。

 明日はいよいよ、プランの全体像の説明である。
 生徒の反応はどんなものであろうか。

 総合的な学習の時間が風前のともしびであるこがは、現場にいると、ひしひしと感じられる。
 ほとんど誰も、自分の頭でカリキュラム開発をしようという発想に立たない。
 これまでの数年を、なんとかごまかしごまかしやり過ごし、ここから数年で、ほとんどが骨抜きなってしまうのだろう。

 学校の先生が、自分の頭と体を使って考え抜いてカリキュラム開発をするという、この上もなく素晴らしいチャンスを、結局教師は、逃してしまうことになったと、しみじみ思う。総合がうまくいかなかった理由を、教師をめぐる条件があまりにも厳しくなった時期と重なったためと考える見方もある。これは、誤りではないが、それだけではない。新しいことをするということは、苦労するということなのだ。プラス1なのである。

 プラス1に耐えうる足腰と独創的な発想とを、私たち教師がおおむね持ち得なかったということについては、痛恨の極みである。
 私は総合の失敗が、最終的に、ものいわぬ、教師集団という像を、この時代に貼りつけることになるのだろうと思っている。いや、そのことを否定しているというわけでもない。結局、大方の先生は、総合をおもしろいと思わなかったのだろうから。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://suponjinokokoro.blog112.fc2.com/tb.php/67-e2cc38a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日刊中高メールマガジン読んでますか? «  | BLOG TOP |  » 第21回教師力BRUSH-UPセミナーin札幌のご案内

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

最新記事

プロフィール

石川晋

Author:石川晋
北海道の中学校教師を退職しました。
都内に潜伏して、ゆっくりのんびりしなやかに、教育、芸術、自然の話をしながら、これからの自分のことを考えつつ、新しい状況に対応する「学びのしかけ」のことを考えて行きます。facebookアカウントは、
https://www.facebook.com/profile.php?id=100000528475920
ぼくにできそうなことは、どんどんお受けしますので、遠慮なくお知らせください。FBのメッセンジャーが一番確実です!

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

未分類 (53)
教育 (2236)
音楽 (271)
雑記 (343)
映画 (17)
読書 (32)
美術 (15)
研究会等 (10)
自然保護 (9)
CD&DVD (0)
育児 (30)
自然 (82)
対話 (7)
思考 (38)
演劇 (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。