topimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimage

2018-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

十勝授業づくりサークル例会 - 2009.11.11 Wed

 こちらに来てから、細々とではあるが、サークルを続けてみようと決めた。今回で、多分4回目である。
 足寄で森岡先生の教室を会場に、二か月に一回、2時間。

 今日は、30代前半の教師の国語と算数の授業ビデオを2時間びっちり検討。

 国語の方は、教材とどう向き合わせるか、机上整理の問題、一時一事の原則、空白禁止の原則など、授業づくりの根幹にかかわる議論が出た。厳しい検討だったが、大切なことばかりだったと思う。捲土重来を期してほしい。国語における教材との出会わせ方は、一番ステキな形であってほしい。物語教材であれば、なおのことそう思う。物語に出会うということ自体が、素晴らしく素敵であってほしいと願う。そのために、どうするべきなのか。漢字指導や意味調べは、それが第一義の目的なのではなく、すぐれた言語表現に出会うために必要だから教えているわけだ。言語事項の指導がそれ自体で目的化してしまったはいけないと考える。
 子どもたちが授業を楽しみに待つ顔で、教室に座っていてくれるといいなあ、と思った。
 まずは、活動の規模を小さくしてその都度達成を確認する、という繰り返しが授業の中にほしい。

 算数の方は、グループ学習と一斉学習の切り替え。活動のテンポを生むメリハリとバリエーションの工夫。この辺りが課題かなと考える。指示も発問も、その仕方も気遣いも、学習隊形によって、大きく違ってくる。グループが活動をしている場に、指示や発問をかぶせても、子どもたちが活動できる学級がある。だが、それは、そこまでの日々の指導が前提なのである。

 次回は、12月。日程は後日調整。

スポンサーサイト

● COMMENT ●

No title

おお、森岡先生~!
お懐かしい。

今も国語サークルでご活躍されているのでしょうか?

No title

くにともさん、どうも。
もちろん国語サークルでも主軸の活躍ですが、なによりも、今は一緒の小さなサークルをしているのです。

No title

くにとも先生お久しぶりです。

10年目研修でご一緒して以来ですね。
覚えていて下さって恐縮です。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://suponjinokokoro.blog112.fc2.com/tb.php/54-feeb8259
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

書写指導 «  | BLOG TOP |  » 車の雪を下ろす

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

最新記事

プロフィール

石川晋

Author:石川晋
北海道の中学校教師を退職しました。
都内に潜伏して、ゆっくりのんびりしなやかに、教育、芸術、自然の話をしながら、これからの自分のことを考えつつ、新しい状況に対応する「学びのしかけ」のことを考えて行きます。facebookアカウントは、
https://www.facebook.com/profile.php?id=100000528475920
ぼくにできそうなことは、どんどんお受けしますので、遠慮なくお知らせください。FBのメッセンジャーが一番確実です!

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

未分類 (53)
教育 (2236)
音楽 (271)
雑記 (343)
映画 (17)
読書 (32)
美術 (15)
研究会等 (10)
自然保護 (9)
CD&DVD (0)
育児 (30)
自然 (82)
対話 (7)
思考 (38)
演劇 (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。