FC2ブログ
topimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimage

2018-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成績開示 そのほか いろいろ - 2009.11.05 Thu

 昨日から3年生の成績開示。
 今日で終了した。明日は1年生。来週は2年生。
 本来10月2週には終わっているはずの成績開示だが、インフルエンザによる学年閉鎖なので、この時期までずれこんでしまった。
 かつて小規模校で行っていた時のことを除くと・・・大きな規模の学校での成績開示は、前任校がはじめてだった。最初の年の前期、開示を希望した生徒は、たしか3名だったと思う。
 今年、異動したばかりで、他の先生には、そんな取り組みの経緯はないわけで、子どもたちには初めてのことなのだが、100名強の生徒のうち、希望生徒が、51名。約半数である。上々の滑り出しといえよう。一番希望者が多いのは1年生。これも当然だ。新しい文化を受け入れる力が高いのは、いつも1年生だ。

 さて、前任校との、この違いはなんだろう?
 学校の違い、地域性の違い、成績の違い(あ、成績はあまり変わらないけど)などで、片づけられない気がする。
 多分、私が自信を持って、生徒に対して必要を説いているかどうかの違い。つまり「趣意説明」の温度差なのだろうと思う。教師が自信を持って子どもの前に立つ時、子どもは、促されて動き始める。そういうことが、間違いなくあるのだ。
 成績がどのようにつけられているのか。生徒には知る権利がある。
 フィンランドなどの国では、このいわば生徒との「カンファレンス」を丁寧に、ある程度の頻度を伴って行っていると聞く。
 少し面倒くさいけれど、みんなぜひやってほしいなあと思っている。
 実は、この「成績開示」。受けた生徒は、受けない生徒よりも確実に成績が上がる確率が高い。
 まあ、希望する生徒はそもそも学習意欲が高いと考えることもできるわけで、有意な関連性を、即断するのは危険だ。しかし、開示の際に、各領域のその生徒の弱い部分の説明や、勉強の仕方などの話をするわけだから、上がるのは当然だろうと、私は思っている。

 今日は(正確には昨日からなのだが)、インフルエンザで中止になっている町の研究会について、実施したい旨の話が、あった。まあ、管理職が、積極的にやりたいと思っているわけではないだろう。要するに、一度動き出した公共事業を止めるのは難しいということなのだろう。お金のこと、メンツのこと、説明責任のこと、慣例・・・ぼくには難しくてわからない、いろんなこと。教育の現場も、官僚の世界と同様に、がんじがらめなのだ。
 私は、まあ、実施すべきだ、すべきでないといったことを、公に発言する権限を持たない一介の教師にすぎない。
 事実としては、一度中止でほぼ確定していたものを、急に復活しようとしても、技術的な問題以上に、モチベーションを上げるのが難しいということはできる、あ、これは一般論、ね。
 教師も、生徒と一緒だ。
 やる気になるまでに時間がかかり、やる気にするのが難しく、まして腰を折られた話の、腰をもう一回上げる(立てる)のは、難しい。ようやく高まってきた研修の機運が低まっても、予定のものはやるべきだ、とまあそういうことか。仕方がないということか。研修への機運も、一年近くかけて作ってきたものだが、壊れるのはあっという間である。あ、これも一般論。
 公共事業は、結局、今をなんとか生きながらえ、食いつなぐための方策だ。
 だが、本来、本当に大切なのは、もっと長いスパンでの見通しに基づいたプランニングであるはずだが、そんなことをどうこう言っておられない状況ということなのか。

 松井は、ワールドシリーズで、MVPを取った。誰もが、彼が素晴らしいバッターであることを知っているが、彼は、アメリカでも、その素晴らしさに見合う結果を手にしたことになる。

 今日は妹の誕生日である。
 お香を買ってきた。焚いて、少しお酒を飲もうと思う。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://suponjinokokoro.blog112.fc2.com/tb.php/47-76854e99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

柴田淳”ゴーストライター” «  | BLOG TOP |  » 友人が個人通信をかきはじめた

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

最新記事

プロフィール

石川晋

Author:石川晋
北海道の中学校教師を退職しました。
都内に潜伏して、ゆっくりのんびりしなやかに、教育、芸術、自然の話をしながら、これからの自分のことを考えつつ、新しい状況に対応する「学びのしかけ」のことを考えて行きます。facebookアカウントは、
https://www.facebook.com/profile.php?id=100000528475920
ぼくにできそうなことは、どんどんお受けしますので、遠慮なくお知らせください。FBのメッセンジャーが一番確実です!

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

未分類 (53)
教育 (2236)
音楽 (271)
雑記 (343)
映画 (17)
読書 (32)
美術 (15)
研究会等 (10)
自然保護 (9)
CD&DVD (0)
育児 (30)
自然 (82)
対話 (7)
思考 (38)
演劇 (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。