topimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimage

2018-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結局、原稿を捨てて・・・ 『Cross Transit "vox soil"』、東京混声合唱団246回定期 - 2018.03.30 Fri

 結局、論文一本を捨て、書籍原稿を少しだけ日延べして、見たいものを見る。
 北村明子 アジア国際共同制作プロジェクト 『Cross Transit "vox soil"』・・・28日夜、せんがわ劇場。
 東京混声合唱団第246回定期演奏会・・・29日夜、よみうり大手町ホール。

 北村のダンスプロジェクト。6名+1のダンサー。一時間強のパフォーマンス。
 ステージ構成もよく練られ、謡と太鼓と音響も効果的でめりはりもあり、おもしろかった。
 北村による、日本とアジアのアーティストと共に創り上げる国際共同制作プロジェクト「Cross Transit」。今回は日本・カンボジア・インドネシア・インドのダンサー、謡い手によるステージ。
 とてもおもしろかったのは、言葉の身体性を「表現する」ということへの苦慮、だった。これは、北村自身の関心・興味の中心なのかも、とも、見ながら思う・・・。ダンサーは互いの言葉を母音・子音のレベルにまで刻み込んでばらばらの音素を体ごと持ち寄り紡ぎ合わせぶつけあって、ナニモノかの信頼を編み出そうとしていく。それは、単純に異文化を背景とする人々同士の出会いの姿(未知との遭遇みたいな・・・)と理解もできるし、昨今の日本の東日本・アジア圏の孤児化の隠喩とも捉えられる。
 が、なによりも、この活動制作そのものの困難さの表現であるとぼくには見えた。ダンサーのレベルはそれぞれ大変高く、人間の体の美しさも堪能した。
 せんがわ劇場。今回は椅子席。結構角度のある座席で、ステージがよく見える。パフォーマンス系のステージとしてはとてもよい構造だと思う。

P_20180328_195048_vHDR_On.jpg

 東京混声は、神奈川フィルの川瀬賢太郎の客演指揮。マーラーの楽曲をゴットヴァルトが編曲作品化したもの。後半はバーバーのアニュス・デイ、村松崇継の新作、そして三善の五つの童画。
 マーラーは、難曲だった。このところマーラーを聴く機会が多いので、やや食傷気味だったが、合唱で「食べる」のは新鮮。シンフォニックな響きを合唱で模写的に再現する要素もあり、陰鬱・絶唱のマーラーがぼくにはやや、マーラー独特の諧謔とは違った意味でユーモラスに聴こえる場面も。注目の若手である川瀬だが、本格的に合唱指揮は初めてということで、彼の緊張感と充実感も伝わり、うれしくなる。
 村松への委嘱作品「あなたへ」は、村松らしい(本人は無調も一瞬考えたと川瀬とのプレトークで言っていたが)美しいメロディ。これは今後日本じゅうで歌われていくだろう合唱曲に誕生に立ち会う幸福な時間だった。村松は今最も美しいメロディを生み続ける作曲家。抒情派とでも呼ぶべきか。池辺晋一郎の流れを継ぐ人なんだな(そう思ったら、会場には池辺さんも…)。
 三善は、圧巻。言葉をどう届けるかというアプローチももちろんあるのだが、川瀬のアプローチはやはり音像をどう生み出すかということなのかなと思う。結果、かつての東混の演奏とは違う、クリアである意味ドライな美しい演奏になった。アンコールは村松の”いのちの歌”。

P_20180329_181829_vHDR_On.jpg

 ぼくは去年の今ころ、東京にやってきた。昨年よりも早い桜を毎日楽しみながら、自分の決断の答えは、きっとずうっと見つからないんだろうなと思う。とにかく一年がたったんだな。

P_20180329_224757_vHDR_On.jpg

 夜強風の声を聴く。
 ずいぶん散ってしまったろうか。

スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://suponjinokokoro.blog112.fc2.com/tb.php/3193-55577a23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【固定記事:2018年度の講師依頼など ぜひお声掛けください 3/28更新】 «  | BLOG TOP |  » さすがに、やや感傷的になる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

最新記事

プロフィール

石川晋

Author:石川晋
北海道の中学校教師を退職しました。
都内に潜伏して、ゆっくりのんびりしなやかに、教育、芸術、自然の話をしながら、これからの自分のことを考えつつ、新しい状況に対応する「学びのしかけ」のことを考えて行きます。facebookアカウントは、
https://www.facebook.com/profile.php?id=100000528475920
ぼくにできそうなことは、どんどんお受けしますので、遠慮なくお知らせください。FBのメッセンジャーが一番確実です!

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

未分類 (53)
教育 (2236)
音楽 (271)
雑記 (343)
映画 (17)
読書 (32)
美術 (15)
研究会等 (10)
自然保護 (9)
CD&DVD (0)
育児 (30)
自然 (82)
対話 (7)
思考 (38)
演劇 (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。