FC2ブログ
topimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimage

2018-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教師教育メールマガジン77号、岩瀬直樹さんです! - 2018.03.20 Tue

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
メールマガジン「教師教育を考える会」77号
            2018年3月20日発行
http://www.mag2.com/m/0000158144.html
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
現場の教員が大学の教員になるということ
                  東京学芸大学教職大学院准教授    
                            岩瀬 直樹

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 77号は、岩瀬直樹さん(東京学芸大学教職大学院准教授)。「教師教
育初学者」としての丁寧な振り返りと分析です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 私は22年間小学校教員を経験した後、東京学芸大学教職大学院の専任
教員として3年間を過ごしてきました。大学教員としてどんなスタートを
切ったのか。その中で何を感じ,何を考えたのか。何をして,何ができな
かったのか、何を課題と感じているのか。このメルマガの執筆の機会に、
素直に振り返ってみようと思います。

〇戸惑う日々
 
 教職大学院に来ると決まったとき、正直に申せば、現場での実践経験と、
研修やワークショップでの講師経験、ファシリテーター経験で何とかなる
だろう、と甘く考えていました。しかしいざ学卒院生、現職派遣の院生の
皆さんの前に立ち、すぐに「教師教育者としての私の専門性とは何か?」
ということを突きつけられたのです。大学院の授業をどうしたらよいのか、
研究指導をどうすればよいのか、研究室運営はどうするのか、そもそも教
師を育てるとはどういうことなのか。実践経験での自信が吹き飛び,自身
の無力さに途方に暮れました。

 そこで私が先ず始めにしたこと、それは同僚、渡辺貴裕さんの授業を参
観させてもらうことでした。彼の授業は、彼が研究してきた教育方法を活
かした,知的にも方法的にも高度な授業でした。ジグソー法を活かしたグ
ループワーク、論文を一読総合法で読む等、学問と授業方法がリンクして
いたのです。生々しくて恥ずかしいですが、当時の私の参観メモを抜粋で
ご紹介します。(※は私の気づきメモ)

             *  *  *

 授業名「授業研究基礎」

1,講義「授業を研究する上での2つのアプローチ」

 ア,複数の事例の共通点に注目し、規則性を見出す。 法則定立的

 イ,個別の事例に則して、その意味を掘り下げる。  個性記述的

 「アでは規則性の中でそぎ落とされることがある。イでは具体的な出来
事を基に『こんな意味があるのではないか』と考えることができる。実践
記録は、アにあたる。」

2,算数の「重さ」で10分で模擬授業を考える。

※実際に自分で模擬授業をしてから(予想してから)文献を読む。仮説実
験授業的でおもしろい!

※ファシリテーションをいれるといい。渡辺さんの問いで指名していくの
は場に緊張を強いるなあ。例えば、「近くの人と話してみてください」と
ペアトークを入れるだけで違う。

3,実践記録を途中まで読む『体験から学ぶ算数』(算数 重さ)

「みなさんだったらどんな風に展開するかなあ」

1)2分、個人で考えて見てください。Think
2)テーブルで意見交換してください。Pair

※場が和んだ。
※自身で考えてみてから,記録を読むという構造化。

「続きを一人一段落ずつ読んでいきましょう。」
「感じたこと、気づいたこと、疑問を書き込んでいきましょう。」

※なるほど。自分がやってきたブッククラブ方式だ。一人のThinkの時間
を重要視している。

※「答えがあるわけではないので気楽に書き込んでください」というイン
ストラクションがとても大切。渡辺さん、優れたファシリテーター。

※院生は学び上手。モチベーションがあるのでグループワークが機能する。
より高度なグループワークにいける。

「グループで紹介し合ってください。3分とります。」

※こういうときにぼくの授業では「ファシリテーショントレーニング」に
しよう。関わりスキルを共有しておく。ファシリテーターに対しての
フィードバックもする。

4,全体で発表 Shere

「発表のために番号を振ってください。どうぞ15秒でやってください」

「3番から行きましょうか」
「発言する人は自分でもグループでいい。その人の責任。」
「一人一つコンパクトに発言する。」
「発言したら座る。」

「グループのこと、しょいこまなくていいですよ!」

※笑 ユーモアは大事だねえ。

※インストラクションが切り分けられていてわかりやすい。このあたりの
スキルは学校教員と同様。

 
・ここから発表
「それどんなところから思いました?」
 板書
「ほお、なるほどねえ」
「いい発表のしかたしてくれましたよねえ」

「批判的に読む、いいですねー」
「どこにでてくる?」「うん、うん」

「なるほど、おもしろいですね」

・まとめの話

※シェア大事だなあ。相づちも大事。関わりスキル。

※時間をどう短くするか。ミニホワイトボード使えるのでは?

※ここまでで35分。児言研の一読総合法だ!

※非常によく練られた授業構成。授業記録の読み方のレッスンをした上で
課題で実践記録を読んでくるという構造。

※このアカデミックさが自分に必要。学級経営を学問的に整理していこう。

              *  *  *

 毎週、渡辺さんの授業を参観する中で、実務経験と大学での授業をどう
つないでいくのかのヒントを得ました。学問知と教育方法をつなぐことで、
学習者の学びの体験自身に意味が出てくることがわかったのです。

 目指したいロールモデルが身近にいて、徒弟制で学べたことは、本当に
幸運なことでした。また他の先生の授業も参観したり、研究指導の場面に
立ち会わせていただいたりと、同僚性の中で自身の専門性を少しずつ伸ば
そうとしていきました。

○自身の授業を改善していく

 私は単独で「学校づくりと学級経営」という授業を担当していました。
同僚から学んだことをもとに,実践経験と学問知をつなげた授業をしよう
と試行錯誤してきました。しかし学習者である院生の評価を捉え切れませ
ん。そこで2年目はティーチングアシスタント(TA)を募集し、4名の院生
と一緒に授業づくりを行いました。前年度の受講者であった彼らから
フィードバックをもらいながら授業デザインを検討し、授業終了後は、受
講者も自由参加の「授業リフレクション」を行いました。私はそこにいな
いという設定で、自由に授業について振り返ってもらい、その対話をもと
に次週の授業を考えたのです。なかなかヒリヒリした時間でしたが(苦笑)、
小学校教員時代同様、学習者からのフィードバックでの授業改善を目指し
ました。自身の授業改善と共に、身をもって学生に示そうとも考えていま
した。とは言え、学級経営の学問的な整理、学級経営経験のない院生にど
のような学びがよいのか等々、課題はまだ山積なのが現状です。

 6人の教員のTTである「カリキュラムデザイン・授業研究演習」では、
「対話型模擬授業検討会」を一つの軸に進めてきました。対話型模擬授業
検討会の詳細はここでは省きますが(渡辺貴裕、岩瀬直樹「より深い省察
の促進を目指す対話型模擬授業検討会を軸とした教師教育の取り組み」
『日本教師教育学会年報』第26号、2017年9月、136-146頁を参照してくだ
さい)、理論面を研究者教員の渡辺が中心に、実際の場づくりやファシリ
テーション面を実務家教員である私たちが中心に授業デザイン、実践して
いくことで、研究者と実務家の役割分担を試行錯誤することができました。
ここでも同僚性の中で学べたことが大きかったと考えています。TTであっ
たこと、授業前のミーティング・授業後の協働リフレクションの時間を設
定されていたこと等、この教職大学院自体に,教員を育成する仕組みが備
わっていたといえるでしょう。
 一方、私自身の課題、それはやはり研究面での弱さです。教師教育に関
わる者自身が研究の力をつけることの重要性はこの3年間で痛感していま
す。教師教育者がどのような研究の力をつけるとよいのか。教職大学院で
院生が身につけるべき研究の力とは何か。私自身も大学院で質的研究を改
めて学びましたが、今後も向き合わなくてはならない大きな課題だと考え
ています。

○教え手の側から学び手の側へと

 ここまで書いてきて愕然とするわけですが、結局私も「教え手の側」か
ら教師教育を考えてしまっているわけです。知らず知らずのうちに、現在
の教員養成のシステムの中に、「なじもう」とする自分を見つけてしまっ
ています。
 これから教育が大きく変わっていきます。
 これから先生になるにあたって、最も重要なことの一つは、「今の学校
教育における前提の問い直し」だと考えています。現状の縮小再生産にな
らないためにも、前提にとらわれることなく、これからの教育を描いてい
く人になってほしい。

 教員養成も同様です。現在のシステムの問い直しが急務です。
 今のシステムは本当に「先生になる人を育てる仕組み」になっているの
か。残念ながら、前提から問い直す必要を感じています。

 そのためにどうすればよいか、と3年間考え続けました。
 そこで辿り着いた暫定的な回答、それは様々な理論や実践に出会うこと
で視野を広げ、無意識に前提としている学校教育の問い直すことです。今、
東京学芸大学教職大学院では、学卒1年生を中心にこの問い直しが起きて
います。実習校での葛藤のリフレクションに伴走したり、先進的な事例、
例えば国立一中の井上太智さん(『授業づくりネットワーク』誌最新号参
照)の参観に同行して,協同でリフレクションしたりする中で、自身の被
教育者体験を含めた学校教育への問い直しが起き始めています。最初はほ
んの数人の動きだったのですが,その自立的な学びの姿は他者を刺激し、
人数が増えていきました。研究室に本を借りに来たり、先進的な実践の参
観に行ったり、対話の場を設けたり、この春には10人近くがオランダに視
察研修に行ったりと、自然発生的、かつ自立的な動きが起きています。彼
らの姿に日本の教育の未来を感じます。

 視野を広げる機会の提供と、そこをきっかけとする学習コミュニティー
をサポートすることを通して、学びを促進すること。これが教師教育者に
とって重要な仕事。教師になった後も、この経験は成長し続ける力、学び
の場を創る力として生き続けるのではないでしょうか。

 そのために私がすべきことは結局、担任時代と同じく、ひとり一人の院
生の学びへの伴走でした。それは極めて個別的なのです。「学び手の側」
から教員養成を考えていく。ようやくそこに辿り着き始めている最近です。

 メルマガ71号の中川翔太さんは私の研究室の院生ですが、彼の成長に
私が貢献できたとすれば、リフレクションの対話と共に、彼の学びに必要
な人や場、本につないだことが一番大きかったと思います。後は彼が自身
の「学びのコントローラー」で進んでいきました。頼もしい限りです。

 今はまだ結果としてコミュニティーができはじめた段階で、意図的に設
計したわけではありません。自立的な学習者の育成とそのコミュニティー
づくりを教師教育者がどう設計していくのかは大きな課題です。

 また、現職院生に対しては,まだ数人ですが、私が校内研究等で講師や
ファシリテーターをする場面を参観してもらう場を設けています。彼らか
らフィードバックを受けることで私も学びになりますし,モデルとして立
ち続けることの重要性(とその大変さ)を感じています。

 最後に私がまだできていないこと、課題と考えていることを書いて終わ
りたいと思います。

1)場に立つ具体的な力をどう身につけていくのか

 一番の課題は、学生が学校現場に立つための具体的な力をどう身につけ
ていくかということです。教科の専門性、具体的なスキル(関わりスキル
や授業技術等)をどう身につけていくのか。現状、「経験から学んでね」
という丸投げになっている感は否めません。対人援助職としての専門性を
どう高めていくか、これはカリキュラム全体の改革も視野に入れる必要が
あるでしょう。

2)実習をどうデザインするのか。
 
 学生が葛藤を感じる大きな原因の一つは「学んだこと,実現したいこと
と実習校とのギャップ」です。本来は実習を担当する教員にも「教師教育
者としての専門性」が求められますが、大学教員においてもこの専門性の
議論が深まっていない現状、そのしわ寄せは学習者に向かっています。大
学教員、学校現場の教師教育者の育成の検討(教師教育者の専門性を育て
る仕組み)、理論と実践の往還の実質化が求められます。

3)教師になる人の「研究の力」とは何か。

 教職大学院に進学して身につけるべき「研究の力」とは何か。教師教育
者における研究の力とはどのような力か。この課題に言及する力は今の私
にはありませんので,課題としてのみ記しておきます。

4)学び・遊びの原体験の塗り替え
 
 私たち自身が学ぶことに没頭し、遊ぶことに没頭する。その原体験をも
う一度学習者として体験し直していくこと。これこそが教師教育の原点だ
と考えています。学ぶってこんなに楽しい。人と一緒に探究することはこ
んなにおもしろい。遊ぶってこんなに豊かなんだ、という腹の底から実感
する体験。この学び手としての喜びこそが、核になるのではないでしょう
か。

 私自身が教師教育者の初任者として,何ができ、何ができなかったのか。
 まだまだ書き切れていないこと、教員養成の「中」に入って見えたこと
は山のようにあります。改めてまとめる機会をつくりたいと考えています
が、一番痛感したこと、それは「現場経験だけで教師教育者にはなれない」
という当たり前のことです。では必要な専門性とはなにか?あらためてこ
の課題を深めていきたいです。

==================================================================
 岩瀬さん、ありがとうございました! 大学院での教師教育者指導の経
験がない私には、岩瀬さんのお話の細部について言及できないこともたく
さんあります。ただ、岩瀬さんご自身が「教職大学院に来ると決まったと
き、正直に申せば、現場での実践経験と、研修やワークショップでの講師
経験、ファシリテーター経験で何とかなるだろう、と甘く考えていました」
と述懐されているところに、重い課題が凝縮されていると感じます。現場
で技量を発揮してきた教員が、大学で教師教育に関わっていくという事例
はこれまでにも多数ありました。しかしようやく少しずつ認識が共有され
てきているように、子ども達を育てるということと、専門職としての教員
を育てるということとは、言ってみれば全く違う領域であるわけですね。
 岩瀬さんの気付きや驚き、立ち往生が、今後の教師教育者養成の現場で
解消されていく、そういう状況が生まれていくといい。私も私の立場から
しっかり発言を続けようと思います。
 本文中にもご紹介がありましたが、私と岩瀬さんの対談が巻頭に所収さ
れた雑誌が刊行になりました。興味のあります方、どうぞお読みください。
 https://www.amazon.co.jp/dp/4761923911/

 いよいよ本メールマガジンも大詰めです。次回、3月23日金曜日は、
佐藤年明さん(三重大学教育学部教授・教職大学院兼担)
3月27日火  藤原由香里さん(京都府八幡市立美濃山小学校教諭、
NPO授業づくりネットワーク副理事長)
3月30日金  塩崎義明さん(浦安市立高洲小学校教諭)
と続きます。お楽しみに!
==================================================================
メールマガジン「教師教育を考える会」
77号(読者数2648)2018年3月20日発行
編集長:石川晋(zvn06113@nifty.com)
登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000158144.html
(まぐまぐ:教師教育を考える会)
==================================================================
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://suponjinokokoro.blog112.fc2.com/tb.php/3186-f627f851
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

加速度的に上達する… «  | BLOG TOP |  » ドラえもん雑感

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

最新記事

プロフィール

石川晋

Author:石川晋
北海道の中学校教師を退職しました。
都内に潜伏して、ゆっくりのんびりしなやかに、教育、芸術、自然の話をしながら、これからの自分のことを考えつつ、新しい状況に対応する「学びのしかけ」のことを考えて行きます。facebookアカウントは、
https://www.facebook.com/profile.php?id=100000528475920
ぼくにできそうなことは、どんどんお受けしますので、遠慮なくお知らせください。FBのメッセンジャーが一番確実です!

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

未分類 (53)
教育 (2236)
音楽 (271)
雑記 (343)
映画 (17)
読書 (32)
美術 (15)
研究会等 (10)
自然保護 (9)
CD&DVD (0)
育児 (30)
自然 (82)
対話 (7)
思考 (38)
演劇 (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。