topimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimage

2018-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月前半を振り返る・・・”見よ、飛行機の高く飛べるを”の感想も少し - 2018.02.17 Sat

 今年度は初夏以降、ほとんど自分の動向を書いてこなかった。
 2月の前半を書き残しておくことで、毎月の様子を、ここを読んでくださっている方々にも伝わるようにしてみようかなと思う。

 1月末は関西で複数の現場に入っていた。
 その後、2月2日に北九州入り。3日は授業づくりネットワーク北九州集会。4日は授業づくりネットワーク理事長訪問in鹿児島。5日は小金井市立前原小学校で授業案検討。9日は国立市立国立第一中学校で授業参観。その後午後から御茶ノ水で次号の授業づくりネットワーク誌のための岩瀬直樹さんとの公開対談。その後懇親会を経て、場所を移して、某所で某官庁キャリアと少しだけ懇親。10日は品川区立日野学園に年間で継続的に入った2年生の学習発表(読み聞かせ・読書活動・群読などを組み合わせた素敵なステージ!)参観、午後はTeach For Japanの新規フェローの支援。13日は立川で青年の就労を支援するNPOとの顔合わせ。そして16日が小金市立前原小学校の校内研修支援。
 こうした日程の合間に、北海道に行ったり、オーケストラを聴いたり、美術館を観たり、芝居を観たり。

 ずうっとこうした日常を続けている。

 いくつか見たものの中で、一番強い印象が残ったのは、14日の夜に、池袋のシアターグリーンBox in Boxで観た劇団ことのはBOX”見よ、飛行機の高く飛べるを”。

P_20180214_182839_vHDR_On.jpg

 ぼくは同名の一節を含む石川啄木の詩がとても好きということもあり、初日に見た。今をときめくはるかぜちゃんが客演しての芝居だが、これは、心が動かされた。闇夜の明治女子たちの語らいの場面などでの春名風花の朗読が、さすが声優としての腕を見せて、素晴らしい。このための春名の起用なんだなという起用の必然性もうかがえた。 
 何よりも、本がいい。明治の若き女性たちの生き方を描きながら、まさに「今」を描く本なのである。「学校」で長く「暮らしてきた」ぼくには、胸が痛くなるほどの場面が、刺さってくる言葉が、次々と。また、女教師役の新田えみは圧倒的な演技だった。
 難点を言うと、ワンセットで通される中で、場面をつなぐ仕掛けとしての音楽が重要なわけだが、これがどうにもいただけない。ここ、ちょっと残念だ。

 
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://suponjinokokoro.blog112.fc2.com/tb.php/3157-afb5cc16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

18.3.24 授業づくりネットワーク仙台集会の案内です «  | BLOG TOP |  » 2018.2.17小金井市立前原小学校の校内研修をデザイン&ファシリテーションする

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

最新記事

プロフィール

石川晋

Author:石川晋
北海道の中学校教師を退職しました。
都内に潜伏して、ゆっくりのんびりしなやかに、教育、芸術、自然の話をしながら、これからの自分のことを考えつつ、新しい状況に対応する「学びのしかけ」のことを考えて行きます。facebookアカウントは、
https://www.facebook.com/profile.php?id=100000528475920
ぼくにできそうなことは、どんどんお受けしますので、遠慮なくお知らせください。FBのメッセンジャーが一番確実です!

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

未分類 (53)
教育 (2236)
音楽 (271)
雑記 (343)
映画 (17)
読書 (32)
美術 (15)
研究会等 (10)
自然保護 (9)
CD&DVD (0)
育児 (30)
自然 (82)
対話 (7)
思考 (38)
演劇 (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。