topimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimage

2017-11

【アートその7 ボイマンス美術館所蔵「バベルの塔」展 2017.10.14 国立国際美術館 - 2017.10.15 Sun

 演奏会までの時間もさらにあるということで、午前中はバベル。まさにバベルに会うためだけに行く。

 ぼくは学生時代の終了までをクリスチャンとして生きた。
 自分の中の一番基本的な部分に、長い長い教会生活と信仰生活がある。
 子どものころから何度も何度も読んだバベルの塔のエピソードを、絵を見るまであまり思い出すことがなかった。
 そう。子ども心に疑問だったのだ、なぜ、神はバベルの塔を破壊するのではなく、言葉を乱したのか。言葉を乱すことで、なぜバベルの塔建築は放棄されたのか。

P_20171014_110010 - コピー


 ブリューゲルは、不思議な人だった。どこか世界を斜めに見ながら(そうバベルの塔は斜めだ)、一方でそこで働く人々の細部を克明に物語付け、書き込まなければならないこだわり。彼の多くの作品が「人々を描く」ことに集中していることも含め、ブリューゲルは、人間の諸相を描き出したくて仕方なかったのだ、と思う。こんな大きな建物を細部に至るまでリアリティある物語として書きながら、彼の興味は、本当はひとだったのでは、と思える。
 ボスの絵などもあったが、ほとんどバベルだけ見た。昼前にはものすごい人ごみになっていった。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://suponjinokokoro.blog112.fc2.com/tb.php/3111-bf5a0276
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【コンサートその13 エベーヌ弦楽四重奏団 小金井宮地楽器ホール大ホール 2017.10.15】 «  | BLOG TOP |  » 【コンサートその12 3大協奏曲~次世代を担う未来の巨匠たち~ ザ・シンフォニーホール 2017.10.14

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

最新記事

プロフィール

石川晋

Author:石川晋
北海道の中学校教師を退職しました。
都内に潜伏して、ゆっくりのんびりしなやかに、教育、芸術、自然の話をしながら、これからの自分のことを考えつつ、新しい状況に対応する「学びのしかけ」のことを考えて行きます。facebookアカウントは、
https://www.facebook.com/profile.php?id=100000528475920
ぼくにできそうなことは、どんどんお受けしますので、遠慮なくお知らせください。FBのメッセンジャーが一番確実です!

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

未分類 (51)
教育 (2181)
音楽 (266)
雑記 (341)
映画 (16)
読書 (31)
美術 (15)
研究会等 (10)
自然保護 (9)
CD&DVD (0)
育児 (30)
自然 (82)
対話 (7)
思考 (36)
演劇 (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード