topimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimage

2017-10

教師教育メールマガジン33号柴崎明さんです! - 2017.10.13 Fri

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
メールマガジン「教師教育を考える会」33号
           2017年10月13日発行
http://www.mag2.com/m/0000158144.html
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
 教員と教員志望者での学び合うコミュニティを目指して
~学校外での教員修行~
                  神奈川県私立中高一貫校 教諭
                             柴崎 明
http://www.mag2.com/m/0000158144.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 33号は、柴崎明さんです。英語教諭として卓越した力を現場で発揮し
つつ、若手や教員志望の学生支援に早くから取り組んでこられた方です。
                           (石川 晋)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 全国の先生方、こんにちは。柴崎明と申します。私立中高一貫校で英語
を教えています。都内で現職教員と教員志望を集めたサークル「教員と教
員志望のためのサークル Tサークル」の代表をしています。今日は教師
教育の一環として、教師達自身がサークルを作り、学び、支え合っている
場をご紹介したいと思います。

◎Tサークルのはじまり◎
『全国の学校の先生を元気にしたい』
2008年3月に、現職教員1名(筆者)と教員志望者2名の合計3名で始めた
小さなサークル、それがTサークルでした。
きっかけは1人の小学校教員の自殺でした。理想を抱いて教育現場に
入ったのに、現実とのギャップに誰にも相談できず一人で問題を抱えてい
た新任の教師は、保護者会の前日に学校で自殺しました。その先生と直接
の知り合いではありませんでしたが、他人事のようにどうしても思えませ
んでした。精神疾患により休職を余儀なくされた多くの先生方や相次ぐ若
手の先生方の悲しい報せに接するとき、私もいつか同じ道を辿るのかもし
れないと思うと、いてもたってもいられませんでした。
職員室ではない、どこか違う場所で、違う学校の先生方や教員を志望す
る仲間がつながる第3の場があれば、元気な先生方が少しづつでも増え、
学校全体の雰囲気が柔らかく、明るくなるのではないか。そのような志で
サークルをスタートさせました。
当初3人で始めたサークルのルールはただ一つ。必ず月1回の活動をする
こと、でした。どんなに人が集まらなくても、月1回の活動を大切にする
ことでサークルの文化ができあがると思っていたからです。初期メンバー
の尽力により、9年経った今でも月1回の活動が守られ、さらには運営ス
タッフとして8名の現職教員、参加者として毎月約30名が参加するサーク
ルとなりました。現在も毎回のように新しい参加者の方が来てくださり、
共に学んでいます。参加者としては中高の現職教員、小学校の現職教員が
多く、教員志望者の参加は1割程度です。

◎Tサークルの活動について◎
Tサークルは毎月一回、以下3つの活動目標に沿って活動をしています。

あ)つながりのある居場所を創る
Tサークルには様々な人が集まっています。メンバー一人ひとりはサー
クルの財産です。名前を知り、背景を知り、お互いを大切にしあう学びの
コミュニティにしたいと考えています。

い)教職における専門性・実践力をつける
Tサークルは創設以来、教員と教員志望者の参加に限定し、専門性と実
践力を磨いてきました。今年度は特に新学習指導要領の改訂前年度に当た
るため、理論と実践のバランスをとり、皆で学び、情報を共有する場とし
てサークルを活用できるように運営しています。

う)教員としての目標(ロールモデル、哲学)を見つける
皆さんは何を大切に【教員】として生きたいですか。 と問われた時、
胸を張って答えられる教員でいたいと考えています。この時に答える教員
像こそ、哲学であると思います。ブレのない教員としての哲学を持つこと
と、憧れのロールモデルとしての教員を具体的に持ち、教員として生きる
土台形成ができる場にしたいと考えています。

 以上の活動目標をもとに、以下のような活動をしてきました。

◎勉強会◎
学級経営、生徒指導や学習指導等における理論、実践を学ぶために企画
しています。新指導要領を読んだり、カウンセリング実習、
株式会社Loilonoteと連携してICT教育の一端を体験するなど有意義で実践
的な活動をしています。2015年7月には終戦70年記念として広島で被爆さ
れた方を実際にお招きしてお話を伺う会もしました。

◎模擬授業研究会(もぎけん)◎
普段の授業を公開するということを目指して、模擬授業を行なっていま
す。教科ごとに教材を同じにして授業づくりを学んだり、アクティブラー
ニング型授業という一つのテーマに絞って色んな教科の先生に授業をして
いただいたりなどお互いがお互いから学ぶ研究会を実施しています。

◎講演会◎
教師としてのロールモデルを見つけることを目指して、定期的に講師を
お招きしてお話をお伺いしています。工学院中高教頭で2015年度グローバ
ルティーチャー賞にノミネートされた高橋和也先生をはじめ、コーチング
で知られる横浜市の小学校教諭、山田将由先生や自治的集団づくりで知ら
れる横浜市小学校教諭、松下崇先生にお話をしていただきました。今後も
数多くの先生方にご登壇いただきたいと思っています。

 それぞれの会が有機的につながり、現場の教員が元気になる第3の場と
して、これからもTサークルが長く先生方の居場所となるように頑張りま
す。

◎連絡先◎
Tサークル HP https://t-circle.jimdo.com
Tサークル facebookページ https://www.facebook.com/tcircle.teachers/
Tサークル Twitter @tcircle_teacher
Tサークル メールアドレス t-circle@hotmail.co.jp
==================================================================
 若手中堅の先生方が広げていく新しい学びの場、そしてそこにある新し
い学び方に、興味があります。柴崎さんのサークルが、「ロールモデルを
持つこと」を大切にしているというあたりも、大変興味深いです。サーク
ルの位置づけも、非常に多岐にわたる活動の内容も、これまでの様々な民
間教育研修会のエッセンスと新しい世代の感覚との融合が感じられておも
しろいです。また、「第3の場」を持つという越境的な発想にも惹かれま
す。
 そういえば、私もしばらく柴崎さんにお会いしていません。折を見て、
参加してみたいなと思います。

 次号は、10月17日金曜日。武田緑さん(一般社団法人 コアプラス
代表理事)です。まもなく、東京と大阪で、大きな教育イベント(エデュ
コレ)の開催を予定している若手の教育系活動家、です。エデュコレは、
こちら → https://www.facebook.com/educolle/

==================================================================
メールマガジン「教師教育を考える会」
33号(読者数2547)2017年10月13日発行
編集長:石川晋(zvn06113@nifty.com)
登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000158144.html
(まぐまぐ:教師教育を考える会)
==================================================================

◎このメルマガに返信すると発行者さんにメッセージを届けられます
※発行者さんに届く内容は、メッセージ、メールアドレスです

◎教師教育を考える会
のバックナンバーはこちら
⇒ http://archives.mag2.com/0000158144/index.html?l=odt096a77f

◎教師教育を考える会
の配信停止はこちら
⇒ http://www.mag2.com/m/0000158144.html?l=odt096a77f

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://suponjinokokoro.blog112.fc2.com/tb.php/3109-4c98b903
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【コンサートその12 3大協奏曲~次世代を担う未来の巨匠たち~ ザ・シンフォニーホール 2017.10.14 «  | BLOG TOP |  » 教師教育メールマガジン32号、長尾彰さんです!

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

最新記事

プロフィール

石川晋

Author:石川晋
北海道の中学校教師を退職しました。
都内に潜伏して、ゆっくりのんびりしなやかに、教育、芸術、自然の話をしながら、これからの自分のことを考えつつ、新しい状況に対応する「学びのしかけ」のことを考えて行きます。facebookアカウントは、
https://www.facebook.com/profile.php?id=100000528475920
ぼくにできそうなことは、どんどんお受けしますので、遠慮なくお知らせください。FBのメッセンジャーが一番確実です!

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

未分類 (50)
教育 (2172)
音楽 (264)
雑記 (341)
映画 (15)
読書 (31)
美術 (14)
研究会等 (10)
自然保護 (9)
CD&DVD (0)
育児 (30)
自然 (82)
対話 (7)
思考 (36)
演劇 (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード