topimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimage

2017-10

【コンサートその11 アリーナ・イブラギモヴァ&セドリック・ティベルギアン、デュオリサイタル 三鷹】 - 2017.10.08 Sun

アリーナ・イブラギモヴァ&セドリック・ティベルギアン、デュオリサイタル
2017.10.8 三鷹市芸術文化センター・風のホール

予定していた日程が思い通りにならず、結局今日は在京。
調べてみると、なんとすぐそこで、この二人のデュオが。席もまだ空いていたので大至急確保する。

P_20171008_133450 - コピー  P_20171008_134226 - コピー

席は真上。演奏が始まると、背中と指と楽譜しか見えないのだが、これがかえってよかったのかな、いつも以上に没入して聴くことができた。

このホール、音響はまずまずという感じ。最初はイブラギモヴァのヴァイオリンの鳴りも今一つかと思ったが、すぐに見事に鳴り始め、以降は、多様な音色と情熱を兼ね備えたまさに名花という演奏家であった。ディスクでもその片鱗はうかがえたが、実演は比べものにならない。ウィグモアホール盤でベートーヴェンのソナタ全曲を聴いた時には、情熱的だけれど、結構楷書的で、音色もそれなりという印象だったが、前半と後半で楽曲によって、ピアノもヴァイオリンも多彩に音色もたたずまいも変え、最高レベルのデュオだった。

前半の二曲。
モーツァルトのK379という地味なソナタなのだが、なんというかペアの語らいのすばらしさ。そう。ティベルギアンが彼女のヴァイオリン見事にエスコートしていくのだ。
シューベルトの幻想曲D934はいくつもの繊細なメロディが千々にリズムも含めて変化する難しい曲なのだが、見事な構成力。構成力といえば、全体の構成を対話しながら構築するのは、ティベルキアンで、彼の腕前もあっぱれ。見事に構成された楽想の上を彼女が自在に歌う。すばらしいデュオであった。
後半のクロイツェルは、絶演。前半とは全く違う語り口で情熱的に、しかし雄輝に歌い上げて時のたつのを忘れるほど。二楽章の繊細で優美な表現も見事だった。「ベートーヴェン」を堪能した。

ソリストとしても一流の二人がまさに、ハイブリットされる結果起こる名演。演奏のスタイルや表現のタイプは違うが、往年のグリュミオーとハスキルを彷彿とさせるようなすばらしさであった。
今日が国内ツアーの初日らしい。この後、どんな素晴らしい演奏を繰り広げていくのだろう。

予定変更による出会いは、大吉だった。

それにしても今日の入りは6割5分くらい。もったいないなあ、もったいない。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://suponjinokokoro.blog112.fc2.com/tb.php/3107-fdab92b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

教師教育メールマガジン32号、長尾彰さんです! «  | BLOG TOP |  » 【コンサートその10 上海フィルハーモニック管弦楽団 東京オペラシティコンサートホール 2017.10.5】

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

最新記事

プロフィール

石川晋

Author:石川晋
北海道の中学校教師を退職しました。
都内に潜伏して、ゆっくりのんびりしなやかに、教育、芸術、自然の話をしながら、これからの自分のことを考えつつ、新しい状況に対応する「学びのしかけ」のことを考えて行きます。facebookアカウントは、
https://www.facebook.com/profile.php?id=100000528475920
ぼくにできそうなことは、どんどんお受けしますので、遠慮なくお知らせください。FBのメッセンジャーが一番確実です!

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

未分類 (50)
教育 (2172)
音楽 (264)
雑記 (341)
映画 (15)
読書 (31)
美術 (14)
研究会等 (10)
自然保護 (9)
CD&DVD (0)
育児 (30)
自然 (82)
対話 (7)
思考 (36)
演劇 (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード