topimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimage

2017-10

【演劇 その5 東京演劇大学連盟共同製作vol.5 シアタースポーツ】 - 2017.09.17 Sun

東京演劇大学連盟共同製作vol.5 シアタースポーツ
東京芸術劇場シアターイースト
2017.9.17 13:00~

4つのチームが演劇に関する4つの領域(1分間チャレンジ、フィジカルチャレンジ、トランスフォーメーションチャレンジ、ドラマチックチャレンジ)に順番にトライしていく。競いながらだが、おもしろいのは、ゲーム(勝ち負け)であると同時に、他のチームの演技にも協同的に参画して、全体の場を創っていくしかけも生まれるつくりになっている。
15日から18日まで予選があり、18日に決勝戦がある。
ぼくが見たのは、17日の13:00。二回戦目ということになる。
二つのリーグで二回戦行われ、二回の合計で2チームが選出されて、計4チームが決勝に進む。

5大学のチームは、大学対抗の形で組織されているのかと思ったら、ここが混成チームしかも異学年の組み合わせになっていた。こういう設計に、五大学共同でやることの思想が現れているのだと思った。

絹川さんが事前から一ヶ月(かな)指導に入ったわけだが、おそらくはほぼインプロ経験のない学生たちが見せるshowとしてここまでの場を創るのは大変な腕前だと思う。十分にshowとして質の高いものに仕上がっていておもしろかった。若者らしい人生の深みというよりはエンターテイメント性を重視したもので、それもよかったと思う。
何よりも、キャストは現場で様々な判断を迫られる。キャストだけでなく、照明や音響も、か。とにかく、途中で袋小路にはまっていってあえぐ姿も生々しくおもしろく、また閉塞感を打ち破る思い切った突破力もおもしろい。それが、私たちに見えるというのが、感動的だ。現場の瞬時の判断で進行していく絹川さんのインプロもすばらしいと思う。(MCの方も、ラウンドガールの方もとてもよかった)
P_20170917_125133 - コピー P_20170917_172507 - コピー P_20170917_172446 - コピー

P_20170917_125849 - コピー

今回は、たぶんに「ショウ」としての色彩も濃いものなのだろうが、シアタースポーツという方法自体、中学校の教室などでもぜひやってみたいと思えるものだった。ぼくらの国の教室は、教室ディベートや詩のボクシングやビブリオバトルのような表現ベースの対戦形式のものを学校サイズの中にきっちりと入れてきたわけで、このシアタースポーツを教室でもやってみたいと思う。

それにしても、月並みな表現だが、人生はインプロなんですね。学生が瞬間にチョイスする選択は、やっぱり学生自身が見聞きしてきた、あるいは時代の中で暮らす空気の中で、出会ってきたものがたりが選択されていく(もちろんそうではない突破が起きるから、またおもしろいのだが)んだなあと思う。そのこともとても新鮮だ。

終了後、東京演劇大学連盟設立5周年記念シンポジウム「<演大連>の5年ー共同製作の意義と成果ー」第一部(15:30~)も少し参加。五大学OB&OGが現在の自分に与えた影響などについて語り合う。という企画。司会は福島勝則(連盟前代表理事・多摩美術大学名誉教授)さん。内輪の会なんだなということもあって、元学生たちの発言が一巡したところで帰る。しかし、実はいろいろおもしろかった。「共通語をつくらなくちゃいけなかった。」「各大学の演劇に関する文化はずいぶん違っていた。」「単位の違いもあった、日舞や着物気付けを学ぶ学科学ばない学科・・・」同じ演劇を志す、あるいはその周辺にいる仲間たちが、まず、自分たちの使う言葉を作らなければならないという話は、めちゃめちゃおもしろい。

台風の池袋。街の人たちはみんな不機嫌。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://suponjinokokoro.blog112.fc2.com/tb.php/3097-988bdc90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【今年の映画9本目★★★★☆スターナイト・ヒーリング 〜星に包まれた森〜】 «  | BLOG TOP |  » 教師教育メールマガジン24号、木村彰宏さんです!

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

最新記事

プロフィール

石川晋

Author:石川晋
北海道の中学校教師を退職しました。
都内に潜伏して、ゆっくりのんびりしなやかに、教育、芸術、自然の話をしながら、これからの自分のことを考えつつ、新しい状況に対応する「学びのしかけ」のことを考えて行きます。facebookアカウントは、
https://www.facebook.com/profile.php?id=100000528475920
ぼくにできそうなことは、どんどんお受けしますので、遠慮なくお知らせください。FBのメッセンジャーが一番確実です!

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

未分類 (50)
教育 (2172)
音楽 (264)
雑記 (341)
映画 (15)
読書 (31)
美術 (14)
研究会等 (10)
自然保護 (9)
CD&DVD (0)
育児 (30)
自然 (82)
対話 (7)
思考 (36)
演劇 (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード