topimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimage

2017-11

【今年の映画7本目★★★★★ ゆきゆきて神軍】 - 2017.08.15 Tue

 かつて、旭川映画村で、原一男の映画群に出会ったとき、ぼくは、原のドキュメンタリーへの覚悟にたじろいだ。もっとも、ゆきゆきて神軍でいえば、スクリーンいっぱいにあふれる奥崎の圧倒的な存在感に、飲み込まれるような感覚だけが残った。
 20数年の時を隔ててみたこの映画は、あの戦争の問題と向き合うことなく72年の時を過ごしてしまった私たちの社会を痛撃する。それは作品が創られた戦後30数年の時期以上の重みと切実さをもって、今、痛撃する、そういう作品であった。しかも、制御不能の奥崎を、リスペクトをもって制御する原の卓越した手腕が見えて(かつては見えなかった)、かつてとは違った意味で身震いするほど感動した。

 終演後の映画史研究家の春日太一さんと監督とのトークは秀逸。トークゲストはそうそうたるメンバーで、選ぶのに迷ったのだが、春日さんは作品の構造を丁寧にしかしリスペクトを持って聞き手に徹してあぶり出し、抜群。期せずして、作品作りの段階から原監督が考えていたことを、くっきりとあぶりだしたと言える。この回を選んでよかった。

 それにしてもすごい映画。こうして、今、この作品をなんとか上映することはできた。でも、今同じように創ることは可能だろうか。
 来春公開の十数年ぶりの原作品が楽しみだ。
P_20170814_233044_NT.jpg

P_20170814_201618.jpg

 ドキュメントは、違和感とリスペクトがセットの場所で成立するとわかった。
 対談や鼎談で、ぼくがしばしば感じてきたことと似ているなあと思う。

 8月14日。20時過ぎから、渋谷アップリンク。

スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://suponjinokokoro.blog112.fc2.com/tb.php/3085-3d3c871e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

教師教育メールマガジン16号、ちょんせいこさんです! «  | BLOG TOP |  » 【アートその5 ジャコメッティ展 国立新美術館】

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

最新記事

プロフィール

石川晋

Author:石川晋
北海道の中学校教師を退職しました。
都内に潜伏して、ゆっくりのんびりしなやかに、教育、芸術、自然の話をしながら、これからの自分のことを考えつつ、新しい状況に対応する「学びのしかけ」のことを考えて行きます。facebookアカウントは、
https://www.facebook.com/profile.php?id=100000528475920
ぼくにできそうなことは、どんどんお受けしますので、遠慮なくお知らせください。FBのメッセンジャーが一番確実です!

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

未分類 (51)
教育 (2182)
音楽 (266)
雑記 (341)
映画 (16)
読書 (31)
美術 (15)
研究会等 (10)
自然保護 (9)
CD&DVD (0)
育児 (30)
自然 (82)
対話 (7)
思考 (36)
演劇 (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード