topimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimage

2017-10

【函岳、絵本の館、昨日の続き・・・】 - 2016.07.24 Sun

 20数年前、新卒の時期には、まだ北海道の夏山ガイドもなかった。撮影者の「山と谷」があったくらいだろうか。
 ぼくは当時休みになるたびに、あてもなく地図を見ては、地方の特徴的な山にアプローチしていた。登山道があるのかないのかもわからないのに、ありそうなところへトライする。
 三頭山やピヤシリ、富良野西岳など、そうして登山道を見つけて登っていた。
 それで、歌登側から登れないかと挑戦し、敗退したのが、函岳だった。

 今日は車で函岳山頂まで登る。上川側から登れることは、当時は知らなかったな。
 30数キロの林道は林道としては快適だった。少し曇っていて、遠く海までは見えなかったが、山頂は高山らしいたたずまいだが、アプローチには、たくさんのコウリンタンポポ。ルピナス。。。それらに、ゴゼンタチバナやコガネギクが混じっている光景に、複雑な気持ちになった。
IMG_3972.jpg

IMG_3979.jpg


IMG_4009.jpg

 剣淵の絵本の里にも、20年ぶりくらいに行った。かつて、ぼくは剣淵に足しげく通っていたのだ。懐かしい。
 ぼくは今の新しい建物にははじめて行ったが、とてもいい施設だった。
 
 昨日の続き。
 ロッキード事件にぼくが強い興味を持っていたのは、ぼくが暮らしていた旭川市神楽に、佐々木秀世の家があったからだった。灰色高官として、政界を引退した佐々木は、実際には、どれほど、どの程度、いろんなことに関わっていたのだろうか。

 帰りに上川層雲峡陸万のかんぽの宿の跡による。
 いったんは大江戸温泉物語が購入し、その後固定資産税を払えずに、建物に穴を空けた廃墟をさらし続けた場所だ。
 きれいに撤去された跡を、見る。

 崩れていくもの、跡形もないものに、興味がある。

崩れ (講談社文庫)
崩れ (講談社文庫)
posted with amazlet at 16.07.24
幸田 文
講談社
売り上げランキング: 25,403





スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://suponjinokokoro.blog112.fc2.com/tb.php/2874-1ca3515d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【夏休みもいくつかセミナーがある】 «  | BLOG TOP |  » 【ロッキード事件・・・】

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

最新記事

プロフィール

石川晋

Author:石川晋
北海道の中学校教師を退職しました。
都内に潜伏して、ゆっくりのんびりしなやかに、教育、芸術、自然の話をしながら、これからの自分のことを考えつつ、新しい状況に対応する「学びのしかけ」のことを考えて行きます。facebookアカウントは、
https://www.facebook.com/profile.php?id=100000528475920
ぼくにできそうなことは、どんどんお受けしますので、遠慮なくお知らせください。FBのメッセンジャーが一番確実です!

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

未分類 (50)
教育 (2172)
音楽 (264)
雑記 (341)
映画 (15)
読書 (31)
美術 (14)
研究会等 (10)
自然保護 (9)
CD&DVD (0)
育児 (30)
自然 (82)
対話 (7)
思考 (36)
演劇 (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード