topimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimage

2017-04

【揚げひばりとコンチェルトアカデミコと】 - 2016.04.23 Sat

 いつ以来か思い出せない。kitara。
 いつ以来か思い出せない札響。
 いつ以来か思い出せない尾高。

 今回は名曲コンサートとはまた思い切ったネーミングと笑ってしまう、イギリス音楽特集。最後に威風堂々があるけれど、他の楽曲は、聴衆の多くも聴いたことがなかろう。G.ウィリアムスの”海のスケッチ~弦楽オーケストラのための”は、ぼくも知らない曲だった。
kitarasakura.jpg

 今回のお目当ては、戸田弥生の独走によるヴォーン・ウィリアムスの2曲。戸田は日本を代表する(したがって世界のトップレベルの)ヴァイオリニストの一人と認識しているが、ディスクも少なく、演奏を実際に耳にする機会が少ない。
 今日の二曲の演奏は、感涙ものだった。時にやや音程が甘いところもあるのだが、そうした小さな瑕疵を物ともせぬ、大変な集中力と情熱。ヴォーン・ウィリアムスの隠れた名曲を華美にならず、情感豊かに弾き切って、心が震えた。特に楽しみにしていたコンチェルトアカデミコ以上に、揚げひばりが素晴らしかった。まだ早春の野に、舞い上がるひばりの可憐さ、強さ、そうしたもろもろを一心に表現し切る名演だった。客が水打ったように鎮まった。

 後半のG.ウィリアムスの曲は、よく練り上げられた、佳品だった。札響もほんとに上手になったなあ、感心した。

kitara.jpg

 今日は旭川と札幌をJRで往復。
 5000円ちょっとの料金を払う。前に乗った時は、まだ4000円台の後半だったと思う。料金アップ後はじめての乗車。
 何度も何度もこの電車に乗って、kitaraへ行ったのだった。
 ぼくは、あの頃から、ずいぶん遠くまでやってきたのだな。

 中島公園は桜がほころびはじめていた。例年より一週間くらい早いだろうか。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://suponjinokokoro.blog112.fc2.com/tb.php/2815-f85bd203
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

堀裕嗣『国語科授業づくり10の原理・100の言語技術 義務教育で培う国語学力』 «  | BLOG TOP |  » 【クロッカス】

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

最新記事

プロフィール

石川晋

Author:石川晋
北海道の中学校教師を退職しました。
都内に潜伏して、ゆっくりのんびりしなやかに、教育、芸術、自然の話をしながら、これからの自分のことを考えつつ、新しい状況に対応する「学びのしかけ」のことを考えて行きます。facebookアカウントは、
https://www.facebook.com/profile.php?id=100000528475920
ぼくにできそうなことは、どんどんお受けしますので、遠慮なくお知らせください。FBのメッセンジャーが一番確実です!

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

未分類 (47)
教育 (2126)
音楽 (255)
雑記 (332)
映画 (10)
読書 (31)
美術 (9)
研究会等 (10)
自然保護 (9)
CD&DVD (0)
育児 (30)
自然 (82)
対話 (6)
思考 (34)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード