topimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimage

2017-04

【庄司紗矢香とメナヘム・プレスラーと】 - 2016.01.13 Wed

 庄司のバイオリンには二度実演に接したことがある。
 若い日の庄司は、育ちの良い品の良い、圧倒的に温かい音をしているとディスクで聴いて思っていた。
 その後ケルン放送響との演奏会で聴いたブルッフでその思いを強くした、と同時に、音量的にも音像的にも、オーケストラと対等に立ち向かえる存在であることも知り、これは当代随一のバイオリニストだと思った。

 その後の彼女の演奏の見事さは広く知られるところだ。最初のイメージだけではない、実に厳しい音楽も響かせる。現代音楽への適性も十分だと思う。近年は特に素晴らしい、昨年だったか笙の宮田まゆみさんとの実演に触れた時にも思ったのだが、一方で若い頃のあの幸せな温かさを超えた次のステージに進んだのだなあと勝手に思っていた。

1L.jpg

 それで、このメナヘム・プレスラーとの「雨の歌」・・・これはなんと素晴らしい・・・。かつて若い頃に聴いた音、ではなく、それを軽々と越えていく幸せの羽根を温かく広げていくような絶美のライブであった。
 モーツァルトもシューベルトも、ブラームスも素晴らしい。
 しかし、アンコールの亜麻色の髪の乙女が、この共演がどれほど幸せなものであるかを、何よりも示していると思う。

 よい演奏に出会った。

 今日はおかげで、午後から仕事がぐんぐんと進んだ。

スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://suponjinokokoro.blog112.fc2.com/tb.php/2709-faed5a9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【誕生日休暇】 «  | BLOG TOP |  » あたらしい皮衣

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

最新記事

プロフィール

石川晋

Author:石川晋
北海道の中学校教師を退職しました。
都内に潜伏して、ゆっくりのんびりしなやかに、教育、芸術、自然の話をしながら、これからの自分のことを考えつつ、新しい状況に対応する「学びのしかけ」のことを考えて行きます。facebookアカウントは、
https://www.facebook.com/profile.php?id=100000528475920
ぼくにできそうなことは、どんどんお受けしますので、遠慮なくお知らせください。FBのメッセンジャーが一番確実です!

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

未分類 (47)
教育 (2126)
音楽 (255)
雑記 (332)
映画 (10)
読書 (31)
美術 (9)
研究会等 (10)
自然保護 (9)
CD&DVD (0)
育児 (30)
自然 (82)
対話 (6)
思考 (34)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード