topimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimage

2017-10

【修正:三重、名古屋、ありがとうございました】 - 2015.12.28 Mon

 名古屋からの帰り道、腰を痛めてしまった。これまでも頻繁にこの時期に同様のことになる。荷物をずるずると引きずり、狭い機内をなんとか寝てやり過ごし、新千歳空港にたどり着いたが、電車は次の便は指定席が満席。次の次の便にしてもらい、1時間の待ち時間だ。

 三重、名古屋と歩いて、今年の研修会は終わった。よく頑張ったなあと思う。
 三重は古くからのなじみである佐藤年明さん、そして、堀内さん、近藤さん、笠井さんとの時間が楽しかった。これまでなかなかこういう場所を作ることができなかった四日市で、堀内さんが積み上げつつある仕事は、本当に素晴らしいと思う。会場は地元の先生方がいっぱい、それも素晴らしいことだった。
 名古屋は小川拓海さん、伊藤敏雄さんとの対談に加えて、奥井さん、坂口さん・・・中堅若手の発表も楽しかった。石田さんともたくさん話せたし、田中くんとの話もおもしろかった。石田さんの石川・堀を見る視点もとてもおもしろかった。参加の学生の熱心さに舌を巻き、生真面目さに胸が痛んだ。

 同時進行のファシグラもおもしろかった。奥井さん、濱口さんとも達者で、奥井さんはマーカー、濱口さんは筆ペン(アートブラッシュ)でのグラフィックレコーディングなのだが、素材の違いの新鮮さが講座をするぼくらや、参加者の思考や感情も刺激する。達者で、美しくまとめられているということは、そうであることに越したことはないが、全く本質的でないなあと思う。ファシリテーショングラフィックは、話し合いの場を促したり、刺激したり、時には挑発したりするものだ。その場にいるものだけがわかる一回性に委ねるということが本質であり、その場のためだけのものなのだと確かに思う。

 もっとも、書き手は書き手同士、互いの書いたものを後で交流するのも意味深いことだ。また講座担当者が後でリフレクションに使えるという意味でも有意義だ。講座のディスクールの薄さ、伝わっていなさが露見する。書き手同士(おそらく)自分なりにどう書く、自分ならこう書かない、いろんな思考が促される(ファシリテーションされる)。そういうことでいえば、グラフィックレコーディングは、後からも価値があって、二度おいしい。
 しかし、繰り返すが、場をファシリテーションするという本質的な意味においては、それは場にいたものだけにしかわからない一回性のものだ。芸術とも、また授業とも、またクラスづくりともよく似ている。そういうことを改めて感じた。

 ちょんせいこさんの会に御呼ばれすると、彼女がホワイトボードを使いながらファシリテーションする様子にほれぼれとする。せいこさんのホワイトボードミーティングは、美しくまとめていくという学校の先生好みの価値感を揺さぶる、ファシリテーショングラフィックだよな、と最近思い直している。

 帰宅途中の南千歳駅で、岸田外相の会見を見る。待合室にはたくさんの人がいるが、年配のご夫婦がちらっと見るだけ。ひきりなしに入ってくる若い人たちは誰一人テレビに見向きもしない。

 それにしても、政治というのはすごい。官僚もすごい。
 最終的かつ不可逆的な解決。ぼくには絶対に思いつかない言葉。
 最終で不可逆な解決、ではなく。
 「的」とは実に豊かな言葉だな。

スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://suponjinokokoro.blog112.fc2.com/tb.php/2689-e0f4bb27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【修正:「私たちの子や孫の世代に、謝罪し続ける宿命を負わせるわけにはいかない」という話】 «  | BLOG TOP |  » 【クリスマスプレゼント】

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

最新記事

プロフィール

石川晋

Author:石川晋
北海道の中学校教師を退職しました。
都内に潜伏して、ゆっくりのんびりしなやかに、教育、芸術、自然の話をしながら、これからの自分のことを考えつつ、新しい状況に対応する「学びのしかけ」のことを考えて行きます。facebookアカウントは、
https://www.facebook.com/profile.php?id=100000528475920
ぼくにできそうなことは、どんどんお受けしますので、遠慮なくお知らせください。FBのメッセンジャーが一番確実です!

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

未分類 (50)
教育 (2173)
音楽 (265)
雑記 (341)
映画 (15)
読書 (31)
美術 (15)
研究会等 (10)
自然保護 (9)
CD&DVD (0)
育児 (30)
自然 (82)
対話 (7)
思考 (36)
演劇 (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード