topimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimage

2017-10

【会場に、たくさんの保護者が】 - 2015.11.09 Mon

 3年生の保護者だけでなく、1,2年生の保護者もたくさん。
 子どもたちは幸せだなあと思う。
 十勝子ども大会が終わった。
 「青い鳥」は、子ども達が丁寧に丁寧に取り組んできた結果を、しっかりと客席で聴くことができてうれしかった。いい歌だった。ピアニストのタッチは、ベーゼンにふさわしいデリカシーあふれるものだった。指揮も3年間のまさに集大成であった。彼等はとても緊張し、また気負いを持って取り組んだのだと思う。ぼくらは、言葉が届く、繊細で優しい歌い口を目指してき、それは今日の歌でも十分実現できていたと思う。

そういえば・・・ぼくはかつて所属する合唱団ではじめて大雪クリスタルホールで歌った時に、その響きの空間に全く対応できなかった。先日地元の高校の学校長(吹奏楽指導の名手だ)をお迎えして「大人トーク」をした時に、「田舎の子の最大のリスクの一つは、部活動的な体験においては、他流試合の不足だ」とおっしゃっていた。そういう経験は、田舎で、いかにして積み上げることができるのだろう。先日蔵満さんのTLに札幌市内の中学生がkitaraで合唱コンクールをするという話が流れていたっけ。本格的な芸術ホールで、アウトリーチ的な側面も含めて、教科の枠組みを超えた表現活動に取り組んでみたいという気持ちが、久しぶりに、はっきりと浮かび上がってくる。

全体合唱は、HEIWAの鐘に、これからの可能性を感じた。今の1,2年生は3年生とは全然気質の違う集団だなあと思う。新しい歌作りの方向は、この曲の表現の方向にあるのだろう、まあ、それはこれからの先生方の考え方次第なのだと思う。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://suponjinokokoro.blog112.fc2.com/tb.php/2648-19500ccb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【落葉松が降る日】 «  | BLOG TOP |  » 【中学校の芸術鑑賞会には、劇団衛星が来る】

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

最新記事

プロフィール

石川晋

Author:石川晋
北海道の中学校教師を退職しました。
都内に潜伏して、ゆっくりのんびりしなやかに、教育、芸術、自然の話をしながら、これからの自分のことを考えつつ、新しい状況に対応する「学びのしかけ」のことを考えて行きます。facebookアカウントは、
https://www.facebook.com/profile.php?id=100000528475920
ぼくにできそうなことは、どんどんお受けしますので、遠慮なくお知らせください。FBのメッセンジャーが一番確実です!

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

未分類 (50)
教育 (2172)
音楽 (264)
雑記 (341)
映画 (15)
読書 (31)
美術 (15)
研究会等 (10)
自然保護 (9)
CD&DVD (0)
育児 (30)
自然 (82)
対話 (7)
思考 (36)
演劇 (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード