topimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimage

2017-06

【取材、サントリーホール、鳴門教育大附属中学校、美馬町脇町・・・】 - 2015.11.01 Sun

 昨日は都内で雑誌の取材。ぼくとしては珍しく丁寧に準備をして臨んだ。ステキな編集者と楽しい時間。

 夜はサントリーホールでビエロフラーヴェク&チェコフィルwithトリフォノフ。
 チェコフィルは、アシュケナージ時代を含めた迷走と不評の時代を完全に乗り越えたんだなと思う。この日の弦楽器セクションは、往年のアンチェルやノイマンの録音で聴いた、あの芳醇な弦楽器セクションだった。しかも現代的な機能性も増していると思えた。モルダウは、オケ全体が流れる川のようでった。アンコールの売られた花嫁序曲も、もう、すばらしかった。
 しかし、やはりメインのチャイコフスキーの5番が素晴らしかった。過不足のない音量。繊細差。ビエロフラーヴェクは、上手だがつまらないという印象を持っていたが、一夜で完全に払拭された。いまや当代を代表するマエストロの一人であり、チェコフィルを再び世界最高水準に高めた巨匠であるとわかった。
 ラフマニノフの2番のソロはトリフォノフ。ファツィオーリの繊細できらびやかな音色が最大に生きる、美しい音のピアニストであった。それだけでなくロシアのピア二ズムが持つ伝統的な豪壮さも持ち合わせた、久々の抜きんでた才人だった。3楽章はただただ圧巻の一言であった。アンコールで弾いたメトネルもステキだった。会場には有名なオペラ歌手などの姿も。

IMG_2585.jpg

 今日は朝から徳島入り。鳴門教育大学附属中学校で、うずしおの会の例会に。
 若い国語人が育つ会。こうした会を全県の若い教師に向けて開き続ける主宰者・事務局に頭が下がる。20名ほどの参加者と温かく、素敵な時間を過ごした。

 そのまま美馬市脇町へ。事前にご用意いただいているおしゃれなホテルに一泊。小雨の中を、1キロほどコンビニまで歩く。
 こんな人生、こんなご縁でもなければ、ぼくの人生に、徳島県美馬市を独りで歩く夜はなかっただろう、と思う。

IMG_2586.jpg

 柿が軒先に生っている。

 コンビニでは、なんだか急に少しさみしくなり、別にここで買わなくてもいいのに、山頭火のカップラーメンを買って帰ってくる。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://suponjinokokoro.blog112.fc2.com/tb.php/2641-dc7ae0b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【徳島の夜・・・】 «  | BLOG TOP |  » 【書く習慣を取り戻す旅】

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

最新記事

プロフィール

石川晋

Author:石川晋
北海道の中学校教師を退職しました。
都内に潜伏して、ゆっくりのんびりしなやかに、教育、芸術、自然の話をしながら、これからの自分のことを考えつつ、新しい状況に対応する「学びのしかけ」のことを考えて行きます。facebookアカウントは、
https://www.facebook.com/profile.php?id=100000528475920
ぼくにできそうなことは、どんどんお受けしますので、遠慮なくお知らせください。FBのメッセンジャーが一番確実です!

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

未分類 (49)
教育 (2141)
音楽 (257)
雑記 (341)
映画 (10)
読書 (31)
美術 (11)
研究会等 (10)
自然保護 (9)
CD&DVD (0)
育児 (30)
自然 (82)
対話 (6)
思考 (34)
演劇 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード