topimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimage

2017-08

【なごやかに過ごす一日】 - 2015.09.25 Fri

 今はスイスにいる友人が、K市の小学校で担任をしていた時、飛び石連休の真ん中の登校日には、朝から児童が10数人登校しないということがあったという話をしてくれた。彼も管理職も、昼まで待ってからお休みの子に連絡をするそうだ。昼ご飯の頃までにばらばらと登校してくる子どもたちがいるからだ、と。
 地域には、民族的な出自の違う子、ヤクザの子、差別を受けて来た子、様々な背景を持った子がいて、そうした子の中に、そうした子もたくさんいるのだ、と。

 伝統的な日本の教育の在り方で言えば、今日は、休みの前と同じように頑張る日でなければならないという指導になるのかな。そもそも5連休も「生活のリズムを崩さないように」という指導が入るのかな。

 だが、今日と明日は連休に挟まれた休日の合間の日なのだ。すこし先を見据えながら、なごやかな一日をみんなで過ごしたい日ではないか。
 少なくとも、全員にガンバリズムを強要する、そういう日ではない。ぼくなら、そこにはとてもいられそうもないし、自分の娘がそこで過ごすこともイメージしたくないと、思える。

 今朝は生徒に、「今日と明日は休みの間の登校日だから、文化祭準備はほどほどにやろう派ですか? それとも休みの間のたった二日しかない登校日だから文化祭準備はがんがんやろう派ですか? 前の人とお話してみてください」と問うた。
 生徒はにやにやしながらごにょごにょと話す。
 その後分布を採ってみると、がんばろう派は8人。ほどほど派は33人。
 中学校3年生の教室として、ぼくには、自然だなと思える。

 帰りのジャーナルは、それでもいろんな言葉が渦巻いている。「ほどほど」にも「がんがん」にも、当然、個々の違いがあるのだ。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://suponjinokokoro.blog112.fc2.com/tb.php/2594-99a1a379
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

明日は中学校学級経営セミナーin札幌 «  | BLOG TOP |  » 【学年舞台の脚本が完成する】

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

最新記事

プロフィール

石川晋

Author:石川晋
北海道の中学校教師を退職しました。
都内に潜伏して、ゆっくりのんびりしなやかに、教育、芸術、自然の話をしながら、これからの自分のことを考えつつ、新しい状況に対応する「学びのしかけ」のことを考えて行きます。facebookアカウントは、
https://www.facebook.com/profile.php?id=100000528475920
ぼくにできそうなことは、どんどんお受けしますので、遠慮なくお知らせください。FBのメッセンジャーが一番確実です!

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

未分類 (50)
教育 (2155)
音楽 (259)
雑記 (341)
映画 (13)
読書 (31)
美術 (12)
研究会等 (10)
自然保護 (9)
CD&DVD (0)
育児 (30)
自然 (82)
対話 (7)
思考 (36)
演劇 (4)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード