topimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimage

2017-07

メールマガジン「超!エンタメ教育評論」第93号 2014年3月19日発行 「児童文学の最前線」第11回 - 2014.03.23 Sun

-----------------------------
メールマガジン「超!エンタメ教育評論」
第93号 2014年3月19日発行

「児童文学の最前線」第11回
        北海道上士幌町立上士幌中学校教諭 石川 晋
-----------------------------

 ぼくには2歳半の娘がいる。以前妻子と連れだって、武蔵野の
ジブリ美術館にいった時のことだ。

 ジブリ美術館はローソンチケット限定で入場券を購入する仕組
みからもわかるように、そんなに広い敷地があるわけではない。
 入場すると、中央の少し広めの中庭に面して、昼食を取れる明
るいカフェがあり、来た人たちはたいていはそこで飲食する。ま
あ、中庭で天気のいい日には陽射しを浴びながら、順番待ちをす
ることになる。
 テラス風の丸テーブルがいくつも置いてあり、順番待ちの家族
のために、木で出来た大きな箱がところどころに置かれている。
中には、なかなかセンスのよい絵本がザクザクと入っている。要
は、順番待ちの御家族連れのみなさんどうぞお読みくださいとい
うことだ。

 並んでいる家族連れは木の箱に手を伸ばし、子どもたちに向け
て絵本を読み聞かせし始める。ほほえましい風景だ。
 でもよく見ると実におもしろい。というのは、10組くらいい
る家族の中で、絵本の読み聞かせをしているのは、全て、お母さ
んなのである。お父さんで読んでいるのはぼくだけだ。では、他
のお父さんたちは何をしているのかというと、たいがいは、メニ
ュー表を持ち、手持無沙汰な顔をして見ているのである。店員も
心得たもので、メニュー表はお父さんに渡していく。先にメニュ
ーを決めておいてくださいね、というわけだ。

 なんでも欧米のようになればいいとは思わないが、テレビのホ
ームドラマや洋画のちょっとした場面に、お父さんが子どもの絵
本を読んでいるシーンがあったりするのを見るにつけ、ここは、
ぼくらの国にはまだまだの点だなあと思ってしまう。

 ぼくは中学校という場所で、20数年以上絵本の読み聞かせを
続けてきたのだが、そこは、将来子どもが生まれてきた時に読み
聞かせをするお父さんになってほしいという願いがある。クラス
の女子生徒には、選んだパートナーに、「絵本を読んであげて」
と言える人になってほしいということだ。

 中学生は多感な時期。しかも最後の読み聞かせ経験から遠く離
れた時期。この時期に洋の東西を問わず多様な絵本に触れておく
ことの意味は大きい。教室で子どもたち同士が絵本を読みあう授
業もしているのだが、少し恥ずかしげな表情で絵本を読む男の子
たちの姿に、未来のステキなお父さんの姿を重ねて見ている。

 このジブリ美術館体験も、子どもたちに直接話し、ぼくの願い
は、子どもたちにきちんと伝えることにしている。女子生徒のま
っすぐな目とうなづきが印象的である。がんばれ、男たち(笑)

 ということで、今回で児童文学の冒険の連載も一区切りです。
みなさんありがとうございました。

【編集部より】

○石川晋さんのブログ「すぽんじのこころ」
 http://suponjinokokoro.blog112.fc2.com/

 次号(第94号)からしばらくの間、今年度の連載を振り返
ったり、次年度の連載の予告をしたりします。途中から購読を
し始めた方、これから購読する方にも必見です。ご期待くださ
い。

 このメールマガジンは、「お笑い教師同盟」会員で構成した
プロジェクトチームで執筆しています。「ご意見」、「ご感想」
から「激励の言葉」、「取り上げて欲しい内容」など、以下メ
ールアドレスまでお寄せください。皆さまの声を励みに、執筆
陣一同、よりいっそう張り切っていきたいと思っております。
編集長 上條晴夫 haruo.kamijo@gmail.com

-----------------------------
メールマガジン「超!エンタメ教育評論」第93号
2014年3月19日発行 読者数735
編集長  上條晴夫 haruo.kamijo@gmail.com
副編集長 乙部啓二 mm@owarai-kyousi.com
まぐまぐID 0001598880
登録・解除 http://owarai-kyousi.com/
(C)お笑い教師同盟 2014
-----------------------------
◎超! エンタメ教育評論
のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://archive.mag2.com/0001598880/index.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://suponjinokokoro.blog112.fc2.com/tb.php/2519-8615030e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「児童文学の最前線」インデックス・・・メールマガジン「エンタメ教育評論」より «  | BLOG TOP |  » 授業づくりネットワーク春集会2014.3.21

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

最新記事

プロフィール

石川晋

Author:石川晋
北海道の中学校教師を退職しました。
都内に潜伏して、ゆっくりのんびりしなやかに、教育、芸術、自然の話をしながら、これからの自分のことを考えつつ、新しい状況に対応する「学びのしかけ」のことを考えて行きます。facebookアカウントは、
https://www.facebook.com/profile.php?id=100000528475920
ぼくにできそうなことは、どんどんお受けしますので、遠慮なくお知らせください。FBのメッセンジャーが一番確実です!

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

未分類 (50)
教育 (2147)
音楽 (259)
雑記 (341)
映画 (11)
読書 (31)
美術 (11)
研究会等 (10)
自然保護 (9)
CD&DVD (0)
育児 (30)
自然 (82)
対話 (7)
思考 (34)
演劇 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード