topimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimage

2017-08

卒業文集、保護者へのメッセージ - 2014.03.07 Fri

 明け方までかけて印刷した卒業文集を、今日は3年生全員で帳合いした。
 一人一人の思いがつまった「存在証明」の作文が製本されてくる。
 生徒一人一人も本当に悩み苦しんで書きあげたわけだが、その一人一人の苦悶と苦闘の姿を見ながら、自分の非力を痛感する日々が思い起こされて、心が動く一日だった。
 夜は卒業生一人一人の保護者へのメッセージを編集する。
 何も奇をてらわずストレートに順番に編集しただけのビデオだが、あたたかいなあと思う。副担任という立場で編集に関わったわけだが、役得だったなあと。

 ぼくは気付けば47歳。25年目を終えようとしている。あと何度、こういう思いを身に受けながら取り組めるだろうとそう思う。少し心細い。教師とは厳しい仕事だ。ほとんどルーティンばかりの中の小さな小さな差異に耳を傾けるような仕事だ。文集やメッセージ制作の場に立ち会えるのは、そういう日々の繰り返しに耐えたご褒美であるように思う。
 まして担任のなかった一年間だもの。

 卒業文集は、初任で持った担任学級の子どもたちと最初に作った。トラウマがある。中1早々に崩壊した学級を3年間持ち上がる中で、ぼくは最後の卒業文集さえ、子どもたちの作文を全員集めてあげることができなかったからだ。
 そういう地点からスタートしたぼくが、今、子どもたちに存在証明としての作文を突き付けている。何もかも足りなかった自分のことをずうっと忘れないでいたいと思う。
 今年も文集を作りながら、最初の子どもたちの卒業文集を読み返す。

 あの子たちは、この文集、持っていないだろうな。

 明日はうららと終日過ごす日だ。
 久しぶりである。まだ微熱が残るうららと何をして過ごそうか。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://suponjinokokoro.blog112.fc2.com/tb.php/2499-98d7e7de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

原稿…原稿… «  | BLOG TOP |  » 卒業文集印刷終了

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

最新記事

プロフィール

石川晋

Author:石川晋
北海道の中学校教師を退職しました。
都内に潜伏して、ゆっくりのんびりしなやかに、教育、芸術、自然の話をしながら、これからの自分のことを考えつつ、新しい状況に対応する「学びのしかけ」のことを考えて行きます。facebookアカウントは、
https://www.facebook.com/profile.php?id=100000528475920
ぼくにできそうなことは、どんどんお受けしますので、遠慮なくお知らせください。FBのメッセンジャーが一番確実です!

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

未分類 (50)
教育 (2156)
音楽 (259)
雑記 (341)
映画 (13)
読書 (31)
美術 (12)
研究会等 (10)
自然保護 (9)
CD&DVD (0)
育児 (30)
自然 (82)
対話 (7)
思考 (36)
演劇 (4)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード