topimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimage

2017-06

教師力brushupウインターセミナーin函館2014 - 2014.01.04 Sat

 昨日は旭川から函館まで電車でやってきた。
 ブラッシュアップウインターセミナーのためだ。
 ブラッシュのセンター集会に出るのは、一体何年振りだろう。

 帰省ラッシュの波にもまれ、札幌駅に降りたところですっかり嫌になってしまった。
 駅構内の壁にもたれ、床に座ってへこたれていると、いろんな人が見るともなしにぼくの様子を見て行く。
 そのうち通り過ぎた親子連れがもう一度戻ってきて、「先生!」という。旭川時代の教え子(クラスは別)だった。
 今は職を捨てて、映像の世界で芝居をするためにプロダクションに入ったのだという。
 表現力の豊かな個性的な子だった。どうしてもやりたかったことをあきらめられなかったのだという。ステキだ。

 ぼくの当時の授業のことも、漢字指導、絵日記、見たこと作文・・・いろいろ憶えていた。うれしいなあと思う。
 また人生のどこかで出会うかもしれません。その日まで。

 旭川で出発する時にうららに泣かれて、悲しかった。でも、教え子の話を聴きながら、勇気づけられる思いがした。相変わらずまっすぐ強い目で見る人だった。


以下は、正月早々、FBに書いたこと。

---------

年の最初に目標やゴールや、そういうものを設定しなくなってずいぶんになります。
今年も何もありません。
目標やゴールを設定しないことがいいと思っているわけでもありません。
ぼく自身は長年自分と付き合ってきて、ぼくにはそういうものの設定がモチベーションにはならないということがわかったから、そうしています。

今年も目の前のことを見つめながら、できるだけ現場的に考えてつながっていこうと思っています。

夕べは一人でビール数本とワイン一本を空けましたが、思いのほか今朝は爽快です。
庭のバードフィーダーの写真を撮り(少し前までは、シジュウカラが足しげく庭のヒバの樹との間を行ったり来たりしていました)、それからうらの神居神社に行き、おみくじを引き(大吉)、ちょっと散歩しました。

部屋では、上士幌から持ってきた、イシュトバン・ケルテスとウィーンフィルの”新世界より”。そして昨年亡くなったシュタルケルとドラティ、ロンドン響のチェロ協奏曲を聴いています。いつものようにドヴォルザークから始まる1年です。

ケルテス
http://www.amazon.co.jp/dp/B00B8XYTKU/
シュタルケル
http://www.amazon.co.jp/dp/B008RNLQUK/

今年もみなさん、どうぞよろしくお願いします。

--------
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://suponjinokokoro.blog112.fc2.com/tb.php/2443-440a4b9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2014年新春の学び・・・ブラッシュ函館、HIFメディアリテラシー «  | BLOG TOP |  » 3月末までの講座予定です・・・オファーがあればできるだけお引き受けします。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

最新記事

プロフィール

石川晋

Author:石川晋
北海道の中学校教師を退職しました。
都内に潜伏して、ゆっくりのんびりしなやかに、教育、芸術、自然の話をしながら、これからの自分のことを考えつつ、新しい状況に対応する「学びのしかけ」のことを考えて行きます。facebookアカウントは、
https://www.facebook.com/profile.php?id=100000528475920
ぼくにできそうなことは、どんどんお受けしますので、遠慮なくお知らせください。FBのメッセンジャーが一番確実です!

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

未分類 (49)
教育 (2141)
音楽 (257)
雑記 (341)
映画 (10)
読書 (31)
美術 (11)
研究会等 (10)
自然保護 (9)
CD&DVD (0)
育児 (30)
自然 (82)
対話 (6)
思考 (34)
演劇 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード