topimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimage

2017-10

おお、ブリテン - 2013.10.31 Thu

 フェイスブックの20年近い知人のタイムラインを見ていたら、ブリテンの青少年のための管弦楽入門が話題に上っていた。往年のフィラデルフィアサウンド!
 そうだった、ぼくもこの曲の最後のフーガの上に、パーセルの主題が乗りかかって来るところで、かつて不覚にも涙を流したのだった。それはまさに、世界の音楽史を飾る白眉の一瞬であると思う。ブリテンの、先人パーセルへの畏敬の念。イギリスの若者たちへの願い、全てが歴史を照射する道ゆきの上にあること。
 最後に素晴らしいフーガの上に、冒頭のパーセルの主題がふりそそいでくる。
 過去が現在を、そして未来を照射する。

プロコフィエフ:ピーターと狼プロコフィエフ:ピーターと狼、ブリテン:青少年のための管弦楽入門

(1995/10/21)
フィラデルフィア管弦楽団、リチャード(シリル) 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://suponjinokokoro.blog112.fc2.com/tb.php/2389-67e8e19e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

人が話すところを見たい «  | BLOG TOP |  » 管内の司書さんと、『木を植えた男』など

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

最新記事

プロフィール

石川晋

Author:石川晋
北海道の中学校教師を退職しました。
都内に潜伏して、ゆっくりのんびりしなやかに、教育、芸術、自然の話をしながら、これからの自分のことを考えつつ、新しい状況に対応する「学びのしかけ」のことを考えて行きます。facebookアカウントは、
https://www.facebook.com/profile.php?id=100000528475920
ぼくにできそうなことは、どんどんお受けしますので、遠慮なくお知らせください。FBのメッセンジャーが一番確実です!

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

未分類 (50)
教育 (2172)
音楽 (264)
雑記 (341)
映画 (15)
読書 (31)
美術 (15)
研究会等 (10)
自然保護 (9)
CD&DVD (0)
育児 (30)
自然 (82)
対話 (7)
思考 (36)
演劇 (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード