topimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimage

2017-10

メールマガジン「超!エンタメ教育評論」第40号 2013年9月11日発行 児童文学の最前線 第5回  写真絵本という手法の説得力…小寺卓矢『いっしょだよ』(アリス館) - 2013.09.11 Wed

-----------------------------
メールマガジン「超!エンタメ教育評論」
第40号 2013年9月11日発行

児童文学の最前線 第5回
  写真絵本という手法の説得力
   …小寺卓矢『いっしょだよ』(アリス館)

        北海道上士幌町立上士幌中学校教諭 石川 晋
-----------------------------

 北海道十勝在住の小寺卓矢さんは、植物や菌類などの息づく姿を
写真に収め、それを絵本という形式に仕立て直して出版する活動を
続ける「写真絵本作家」です。
 ぼくは、最初の作品が出た辺りから、小寺さんとの個人的なお付
き合いが続いているのですが、今年の読書感想文コンクールの課題
図書にも選定になった最新刊『いっしょだよ』も美しい作品で、心
を動かされました。

 これは小寺さんに直接お聞きしたのですが、小寺さんの撮影のフ
ィールドは道東のとある湖の近くの林です。しかも道路からほんの
少しだけ中に入ったなんということもない場所なのだと言います。
いろんな場所を歩きまわって最終的に、そのさして特別とは言えな
い場所を選んだのだそうです。
 そこには年間を通じた植物とそれに伴う小動物たちとの小さな営
みがあります。小寺さんは、そこで、つながりあって生きる植物た
ち、そして植物とともにいきる様々な小動物たちの姿を、美しく説
得力ある写真に収め、一つずつ「いっしょだよ」と語りかけていき
ます。そう、まるで違うもの同士が折り重なって美しい森を作って
います。「いっしょだよ」の語りかけは、やがてぼくらのこの社会
そのものの姿の映し出しであり、やわらかで静かな、でも説得力あ
る、多様な価値の世界を生きる形の提示にもなっています。読み進
めていくうちに、そのことがわかってくるのです。

 河原井純子さんという都内の支援学校の元教師の方が、教室は雑
木林だとおっしゃっていて、膝を打ちました。小寺さんの撮影場所
は北国の極相状態の針葉樹林という違いはあるけれど、多様な生物
がつながりあって生きる場所としての「森」にフォーカスしていく
と、確かに学校も教室も、そういう多様性が保障された中でこそ、
一人一人が輝きを放つに違いないと思えてきます。

【編集部より】

小寺卓也『いっしょだよ』(アリス館)
 http://www.amazon.co.jp/dp/4752005824

 次号(第31号)は9月15日(日)、カンジヤマ・マイムさん
「マイム的エンターテイメント英語入門」第5回です。お楽しみに!

 このメールマガジンは、「お笑い教師同盟」会員で構成したプロ
ジェクトチームで執筆しています。「ご意見」、「ご感想」から
「激励の言葉」、「取り上げて欲しい内容」など、以下メールアド
レスまでお寄せください。皆さまの声を励みに、執筆陣一同、より
いっそう張り切っていきたいと思っております。
編集長 上條晴夫 haruo.kamijo@gmail.com

------------------------------
メールマガジン「超!エンタメ教育評論」第40号
2013年9月11日発行 読者数653
編集長  上條晴夫 haruo.kamijo@gmail.com
副編集長 乙部啓二 mm@owarai-kyousi.com
まぐまぐID 0001598880
登録・解除 http://owarai-kyousi.com/
(C)お笑い教師同盟 2013
------------------------------
◎超! エンタメ教育評論
のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://archive.mag2.com/0001598880/index.html
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://suponjinokokoro.blog112.fc2.com/tb.php/2328-752838fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

We原稿、THE学級経営原稿、あさひかわ新聞原稿・・・ «  | BLOG TOP |  » 中耳炎のうららと

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

最新記事

プロフィール

石川晋

Author:石川晋
北海道の中学校教師を退職しました。
都内に潜伏して、ゆっくりのんびりしなやかに、教育、芸術、自然の話をしながら、これからの自分のことを考えつつ、新しい状況に対応する「学びのしかけ」のことを考えて行きます。facebookアカウントは、
https://www.facebook.com/profile.php?id=100000528475920
ぼくにできそうなことは、どんどんお受けしますので、遠慮なくお知らせください。FBのメッセンジャーが一番確実です!

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

未分類 (50)
教育 (2173)
音楽 (265)
雑記 (341)
映画 (15)
読書 (31)
美術 (15)
研究会等 (10)
自然保護 (9)
CD&DVD (0)
育児 (30)
自然 (82)
対話 (7)
思考 (36)
演劇 (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード