FC2ブログ
topimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimage

2020-08

メールマガジン「超!エンタメ教育評論」 児童文学の最前線 第3回 お父さんが読み聞かせするといいのになぁ - 2013.07.13 Sat

→ こちらから無料で登録できます。ぼくは久しぶりに児童文学関連の話を連載しています!

------------------------------
メールマガジン「超!エンタメ教育評論」
第21号 2013年7月10日発行

児童文学の最前線 第3回
お父さんが読み聞かせするといいのになぁ

         北海道上士幌町立上士幌中学校教諭 石川 晋
------------------------------

 今日も2歳になったばかりの娘(うらら)に絵本の読み聞かせを
した。娘の成長の節目には絵本をプレゼントすることにしている。
今回もあれこれ考えた末、林明子さんの絵本セット4冊を選んだ。

 うららは、とても気に行って、その絵本をぼくのところへ持って
きて「とんちゃん、読んで、読んでよ」と言う。『くつくつあるけ』
『おててがでたよ』『きゅっきゅっきゅっ』『おつきさまこんばん
は』(福音館書店)である。中でもこの数日は『おててがでたよ』
がお気に入りで、ぼくが読むのを聴きながら、手、頭、顔、あんよ
が順番に出てくるのを、指でさして、父『どこかなあ』、うらら
「ここだよ」というように会話をしながら楽しんでいる。

 それでぼくは、いつかの夏休み、ジブリ美術館に行った時のこと
を思い出す。ジブリ美術館内には素敵なカフェがある。当然たくさ
んの人たちがカフェの前に並んで待っている。親子連れでいっぱい
だ。美術館側も粋なはからいで、カフェの前には待ち人用のいす席
が用意され、木組みのシンプルなボックスに、絵本がざっくりと入
っている。日本の人気作家から、バージニア・リー・バートンまで、
多様な、なかなかセンスの良い絵本が入っている。

 さて、親子連れを観察していると、まあ、ジブリ美術館に来るよ
うな親子である、あちこちで読み聞かせが起こる。しかし・・・。
話はここからだ。
 どの親子連れも、読むのは母。父は所在無げにメニュー表などを
表にしたり裏にしたりしている。

 お父さんが読むという文化が、この国に根付いたならずいぶんと
違う風景が開けそうな気がする。そんなことを思う。

 ぼくが中学校の教室で絵本や物語の読み聞かせをする最終的な願
いも、読み聞かせをするお父さんがたくさん増えたらいいのになぁ
ということなのである。

【編集部より】

 次号(第22号)は7月14日(日)、カンジヤマ・マイムさん
「マイム的エンターテイメント英語入門」第3回です。お楽しみに!

 このメールマガジンは、「お笑い教師同盟」会員で構成したプロ
ジェクトチームで執筆しています。「ご意見」、「ご感想」から
「激励の言葉」、「取り上げて欲しい内容」など、以下メールアド
レスまでお寄せください。皆さまの声を励みに、執筆陣一同、より
いっそう張り切っていきたいと思っております。
編集長 上條晴夫 haruo.kamijo@gmail.com

------------------------------
メールマガジン「超!エンタメ教育評論」第21号
2013年7月10日発行 読者数629
編集長  上條晴夫 haruo.kamijo@gmail.com
副編集長 乙部啓二 mm@owarai-kyousi.com
まぐまぐID 0001598880
登録・解除 http://owarai-kyousi.com/
(C)お笑い教師同盟 2013
------------------------------
スポンサーサイト



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://suponjinokokoro.blog112.fc2.com/tb.php/2253-29fbd619
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

神戸講座を前に «  | BLOG TOP |  » 参観日が終わり・・・

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

最新記事

プロフィール

石川晋

Author:石川晋
北海道の中学校教師を退職しました。
都内に潜伏して、ゆっくりのんびりしなやかに、教育、芸術、自然の話をしながら、これからの自分のことを考えつつ、新しい状況に対応する「学びのしかけ」のことを考えて行きます。facebookアカウントは、
https://www.facebook.com/profile.php?id=100000528475920
ぼくにできそうなことは、どんどんお受けしますので、遠慮なくお知らせください。FBのメッセンジャーが一番確実です!

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

未分類 (53)
教育 (2236)
音楽 (271)
雑記 (343)
映画 (17)
読書 (32)
美術 (15)
研究会等 (10)
自然保護 (9)
CD&DVD (0)
育児 (30)
自然 (82)
対話 (7)
思考 (38)
演劇 (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード