topimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimage

2017-10

修学旅行から戻り、東京へ - 2013.05.11 Sat

 修学旅行から戻ってきた。
 トラピスチヌ修道院でコルリを見た。しあわせの青い鳥。
 観光客は誰も院内の低木の間を行き来する青い鳥には気が付いていないようであった。

 久しぶりに函館の街を歩き、やっと桜が咲き始めた五稜郭で観光客の人波をぼうっと見る。
 大好きなハリストス聖教会では、正面の扉が開いていて、奥のキリストのイコンが見えた。守りをしている御老人が、復活祭の後一週間だけ開ける決まりなのだと教えてくれた。通常礼拝の時は開けるようだが、観光客が観る機会はめったにないものだった。久しぶりに10分くらいだが、礼拝堂の中に座る。
 元町カトリックと聖ヨハネはもう時間になってしまっていけなかったが、ハリストスの静粛な空気を感じることができて、うれしかった。

 劇団四季の”美女と野獣”も観た。時折座っている子どもたちの表情を見る。ほとんどの子どもたちが吸いこまれるように魅力的な舞台に集中している。美しい一幅の夢を提供してくれることに、劇団四季は成功しているんだなと思う。一方で、ぼくが結局のところミュージカルをあまり得意としないんだなということも、よくわかった。テンポやリズム、ある種の高揚感もいい。でも、ぼくはやっぱり思想を伴った時に晦渋な物語こそが「好き」なのだ。
 Beauty and Beastは美しい。シンプルで美しい音楽である。かつてこの曲を核とする合唱ステージづくりに没頭した日々を思い出す。朝日の学校祭は、ステージと学校の距離が遠くなりつつあるのだと、旅先であった懐かしい仲間が教えてくれた。

 小樽の街は久しぶりだった。駅へ向かう坂道を登りながら、いろんなことを思い出す。越し方をいわばミュージカルのように温かく懐かしく思いだせる人がいるのだろう。だが、いつもいつもある種の痛みを伴うようにしてしか振り返ることのできない人もいるだろう。

 今日は、明日の教室東京分校である。
 50名の参加者に、楽しい話をするには、ちょっと疲れ過ぎているように思う(苦笑)。

スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://suponjinokokoro.blog112.fc2.com/tb.php/2169-05947cb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

長い旅が終わる «  | BLOG TOP |  » 今朝はクーベリックの”春”

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

最新記事

プロフィール

石川晋

Author:石川晋
北海道の中学校教師を退職しました。
都内に潜伏して、ゆっくりのんびりしなやかに、教育、芸術、自然の話をしながら、これからの自分のことを考えつつ、新しい状況に対応する「学びのしかけ」のことを考えて行きます。facebookアカウントは、
https://www.facebook.com/profile.php?id=100000528475920
ぼくにできそうなことは、どんどんお受けしますので、遠慮なくお知らせください。FBのメッセンジャーが一番確実です!

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

未分類 (50)
教育 (2173)
音楽 (265)
雑記 (341)
映画 (15)
読書 (31)
美術 (15)
研究会等 (10)
自然保護 (9)
CD&DVD (0)
育児 (30)
自然 (82)
対話 (7)
思考 (36)
演劇 (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード