topimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimage

2017-10

岩瀬直樹さん、甲斐崎博史さん、伊垣尚人さん『子どもたちが主役! プロジェクトアドベンチャーでつくるとっても楽しいクラス』(学事出版) - 2013.03.28 Thu

 プロジェクトアドベンチャー(以下PA)は、高久さんの著作に触れて以来、ぼくにとってはクラスづくりの必須のツールの一つです。しかし、実際には折々に行う単発のイベントのようであり、通年で系統的に取り組むというようなことの見通しが持てないものでもあるわけです。

 西脇KAIの三人がPAJ本部とタッグを組んで出した今回の本は、まさに、日本の教室に入れてみんなが見通しを持って取り組めるようにするために書きあげられたものです。こういうのがほしかったのです。
 日本ではクラスづくりが「情緒的な一体感」を強調する形で創り上げられてきました。それが機能する間はそれでいいのですが、ぼくの認識では、もう日本の教室はそういう状況にはなっていない・・・。当事者の相互理解によるルールに基づく統治、それが必要になっているわけです。
 PAはアクティビティを重ねる過程で「対立を力に」変えながら、当事者たちの協同ルールを創っていく力を持っていると考えます。この本はネット上でもずいぶんな勢いで売れているようですし、これで一つの足場が出来ればいいのだが、という気持ちになります。

プロジェクトアドベンチャーでつくるとっても楽しいクラスプロジェクトアドベンチャーでつくるとっても楽しいクラス
(2013/02/27)
岩瀬 直樹、甲斐崎 博史 他

商品詳細を見る


 ただ、実はアクティビティ集としては読みにくいのです。読みにくい理由は、アクティビティのルールの提示の仕方がやや不規則だということ。それと、エピソードの記述がアクティビティ全体に関して網羅しようとし過ぎていることにあるかな、と感じます。ほぼ同時に出た甲斐崎さんのアクティビティ集がそれを補完するということも言えます。でも、できるなら一冊でアクティビティ集としてのおもしろさも、教室のストーリーととしてのおもしろさも両方満たせると圧倒的だと思います。

 いずれにしても、通年でPAに取り組むためのプラットフォームが提示されたことを、めちゃくちゃ喜びたいと思います。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://suponjinokokoro.blog112.fc2.com/tb.php/2090-67e4df65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

やっぱり執筆の神様は降りて来なかった «  | BLOG TOP |  » 大前暁政さん『プロ教師直伝 授業成功のゴールデンルール』(明治図書)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

最新記事

プロフィール

石川晋

Author:石川晋
北海道の中学校教師を退職しました。
都内に潜伏して、ゆっくりのんびりしなやかに、教育、芸術、自然の話をしながら、これからの自分のことを考えつつ、新しい状況に対応する「学びのしかけ」のことを考えて行きます。facebookアカウントは、
https://www.facebook.com/profile.php?id=100000528475920
ぼくにできそうなことは、どんどんお受けしますので、遠慮なくお知らせください。FBのメッセンジャーが一番確実です!

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

未分類 (50)
教育 (2172)
音楽 (264)
雑記 (341)
映画 (15)
読書 (31)
美術 (14)
研究会等 (10)
自然保護 (9)
CD&DVD (0)
育児 (30)
自然 (82)
対話 (7)
思考 (36)
演劇 (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード