topimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimage

2017-10

発刊になりました! 石川晋・大野睦仁『これならうまくいく!笑顔と対話があふれる校内研修』(学事出版) - 2013.03.15 Fri

 実践的な校内研修の本を創りたいということで、大野さんと二人で編集者と協力しながら完成させました。
 校内研修の準備は実は3月が重要です。
 3月からの流れも丁寧に記載しました。まだamazonでは予約・購入できませんが、学事出版サイトでは販売が可能になりました。
 ぜひみなさんお求めください。
978-4-7619-1959-7.jpg
石川晋・大野睦仁『これならうまくいく!笑顔と対話があふれる校内研修』(学事出版)、1890円。

 以下、目次です!

まえがき
本書の活用の仕方
第1章 校内研修づくりの基本発想~対話と協同でつくる~
第2章 ある校内研修から見えること~こんな校内研修を創りたい!~
  (1)笑顔と対話があふれる研修がある
  (2)校内研修の現状、どうなっていますか?
  (3)「対話」と「協同」で校内研修をつくろう!
第3章 <テーマ別>校内研修の基本展開
 第1節 授業研究の基本形
(1)指導案の形式を簡素にする
(2)授業づくりに時間をかけないしくみをつくる
(3)授業公開は「参観者カード」を持って参観する
(4)事後検討会は話しやすくなる環境づくりを意識する
(5)授業力向上はちょっとした時間の工夫でできる
 第2節 研究のまとめの概要
(1)レポート作成で日常の取り組みを振り返る
(2)研究授業のフィードバックの方法を多様にする
(3)ワークショップの手法を駆使して1年間をまとめる
(4)研究紀要づくりに時間をかけないようにする
 第3節 教師力向上の手立て
(1)研究部通信、自己研修通信を発行する
(2)年に一回全員が授業を公開する
(3)「今」の問題意識を書き合って検討する
(4)校外研修参加の意義を強調する
 第4節 学校力向上の方策
(1)ワークショップ型研修をベースにする
(2)教師相互講師による体験講座をしくむ
(3)話し合いの中身を可視化する
(4)積極的に外部講師を活用する
(5)自主的な研究会を開催する
(6)地域・保護者も参加できる企画を立案する
 第5節 小中連携のポイント
(1)小中教師の校内研修観の違いを意識する
(2)高望みせずできるところから焦点化する
(3)内容の系統性以上に、スキルの系統性を重視する
第4章 1年間を見通した校内研修計画とその具体的な運用
 第1節 時系列で紹介する、研究提案から次年度提案までの具体的な流れ
(1)春休みから新年度はスタートしている
(2)研究提案を固める(3月初旬)
(3)新年度の研究推進準備は3点を重視する(春休み)
(4)研究提案を共有する(4月初旬)
(5)最初の提案授業を実施する(4月下旬)
(6)レポート検討会を開催する(4月~2月)
(7)ミニ授業力講座を開講する(5月~11月)
(8)授業検討にはビデオを活用する(4月~2月)
(9)授業研究のまとめも授業検討で行う(2月~3月)
(10)ポートフォリオを活用して研究をまとめる(3月)
 第2節 教師力学校力の向上を実感するための方策
(1)10年前の校内研修推進案はこれだ
(2)現在の校内研修推進案はこう改善された
(3)プロジェクト学習とディスプレイ型ポートフォリオを組み合わせる
(4)実践的ワークショップで協同の空気をつくる(その1 ブックトーク研修)
(5)実践的ワークショップで協同の空気をつくる(その2 清掃指導ワークショップ)
(6)教師力・学校力向上の実感を共有したい
第5章 校内研修から公開研究会へ
 第1節 公開研究会の目的~本来の目的を見失わないために~
(1)「自主公開研修会」の形を採る
(2)準備のための校内研修の時間を十分確保する
(3)紀要などの冊子は簡素にして作成は協同で行う
(4)校内研修自体を公開する
 第2節 公開研究会の改革~校内研修の延長として~
(1)公開研究会のプログラムデザインを工夫する
(2)「研究提案」をより深く理解してもらうしかけをつくる
(3)最初に「パネルディスカッション」で参加者と問題意識を共有する
(4)「対話」を生む「分科会」運営を工夫する(その1 話し合いの形態)
(5)「対話」を生む「分科会」運営を工夫する(その2 会場の設営)
(6)「対話」を生む「分科会」運営を工夫する(その3 参加者と協同可視化)
(7)「対話」を生む「分科会」運営を工夫する(その4 体験型ブース)
(8)研究会案内も遊び心を生かす
第6章 Q&A「こんな時どうする?」
  1 どういう研究・研修をすればよいかわかりません…
  2 研究がなかなか積み重ならず、実感がもちにくいんです…
  3 批判的な意見が言いづらく、肝心なところがなかなか話題になりません…
  4 学校体制として、研修の時間があまりとれません…
  5 先生方が研修にあまり積極的じゃないのです…
  6 集まりが悪くて、定時に始められません…
  7 新しい提案がなかなか受け入れられません…
  8 研修チームづくりにコツはありますか?
  9 ワークショップ型の研修をすすめているのですが、うまくいきません…
  10 研究部の体制(人数、組織)や会議の回数、時間はどのようになっていますか?
  11 様々な今日的課題への要望が多くて、総花的になってしまいます…
  12 公開授業研究を嫌がったり、校内研修の内容と違う授業をする先生がいます…
付録:校内研修の参考になる本のリスト
あとがき
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://suponjinokokoro.blog112.fc2.com/tb.php/2066-621c3306
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まえがきと一章ができる «  | BLOG TOP |  » 加藤千恵の新作2つ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

最新記事

プロフィール

石川晋

Author:石川晋
北海道の中学校教師を退職しました。
都内に潜伏して、ゆっくりのんびりしなやかに、教育、芸術、自然の話をしながら、これからの自分のことを考えつつ、新しい状況に対応する「学びのしかけ」のことを考えて行きます。facebookアカウントは、
https://www.facebook.com/profile.php?id=100000528475920
ぼくにできそうなことは、どんどんお受けしますので、遠慮なくお知らせください。FBのメッセンジャーが一番確実です!

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

未分類 (50)
教育 (2172)
音楽 (264)
雑記 (341)
映画 (15)
読書 (31)
美術 (14)
研究会等 (10)
自然保護 (9)
CD&DVD (0)
育児 (30)
自然 (82)
対話 (7)
思考 (36)
演劇 (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード