topimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimage

2017-10

今日で2年 - 2013.03.11 Mon

 ぼくは震災発生の時、帯広リゾートホテルのサウナの中だった。
 激しいめまいがして、サウナにやられたかと思いながら、戸をあけて転がり出ると、揺れているのはぼくではなく大地の方だった。みるみるうちに浴槽のお湯がじゃぶじゃぶとあふれ出て、4分の1くらいを残して出てしまったのを茫然と見ていた。

 あわてて着替えてロビーに出ると、テレビでは直後の様子が映し出されていて、ほどなく、八戸の街に海が襲いかかる映像が流れていた。最初の津波報道はぼくの記憶違いでなければ、この八戸の映像だった。おそらくあの時点で被害の大きかったところには軒並みに津波が到達していたのだろう。

 その後の原発事故に関する報道でぼくがずうっと思っていたことは、自分の無知のことだった。人並みには原発のことを知っていると思っていたぼくは、何も知らないに等しかったことを知った。その右往左往のどさくさの中で、都合の悪い情報が次々葬り去られていたことも、後で知った。明らかな地震の揺れによる被害についても、爆発のどさくさにないまぜにされて、ほとんど議論されることなく過ぎていった。

 4カ月後に娘が生まれ、育児休暇に入り、ぼくの家の食卓には、申し訳ないが東北・北関東の野菜はほぼ上ることはない。東北北関東の魚介類・海藻も同様だ。風評被害という言葉が広がったが、ずるい言葉だと思う。現地の農家の努力を思うと胸が痛いが、2歳にならない娘に「基準値内」などという言葉でひとまとめにされたかの地の食品は、つらいけれど、やっぱり食べさせられない。もともと天然自然になかった放射性物質を含有する食品を、基準値だ安全だと言い募る国を信用できない。だって食べさせなくていいものなのだから。そういうと、ポストハーベストの問題やその他有害物質の問題を引き合いに出して、何を食べてもリスクのある時代だという人もいる。そんなことは知っている。
 国がするべきことは、取り返しのつかない大地を生み出した事を認めること。そして、そこで暮らした人々の生活を本気で構築し直す事である。

 それにしても、東北からやってくる安い野菜を、人々はほとぼりがさめた後は次々と購入していく。忘れるということは、麻痺からくるものだ、と思う。民主党政権のていたらくにがっかりした人は多かったが、結局自民党へと政権の札を渡していく、その麻痺ぶりに、驚いてしまう。自民党政権こそが原発を推進したのである。

 原発に関するこうした発言をすると、非科学的だ、科学の可能性を無視している、日本は原発なしで暮らせないなどといった訳知り顔の人たちが、どんどん湧き出てくる。こうした当事者意識を持てぬ、痛みを感じられぬ人たちに、伝えるための次の言葉が出てこない。

 でもとにかくぼくは学校の教員である。一人の学校の教員としては、いつも苦しい方、悲しい方の側に立ち続けたいと思う。


バッハ:ブランデンブルク協奏曲集バッハ:ブランデンブルク協奏曲集
(2006/12/20)
ルツェルン弦楽合奏団

商品詳細を見る



スポンサーサイト

● COMMENT ●

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

そうなんです。ぼくもまさに彼女の意見文を思い起こしながら、書いていました。ずうっと考え続けていく問題なんだ、と思います。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://suponjinokokoro.blog112.fc2.com/tb.php/2048-824b3bca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今日は8位!・・・『学び合うクラスをつくる!「教室読み聞かせ」読書活動アイデア38』(明治図書) «  | BLOG TOP |  » 校内研修の本、今週発刊になります!

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

最新記事

プロフィール

石川晋

Author:石川晋
北海道の中学校教師を退職しました。
都内に潜伏して、ゆっくりのんびりしなやかに、教育、芸術、自然の話をしながら、これからの自分のことを考えつつ、新しい状況に対応する「学びのしかけ」のことを考えて行きます。facebookアカウントは、
https://www.facebook.com/profile.php?id=100000528475920
ぼくにできそうなことは、どんどんお受けしますので、遠慮なくお知らせください。FBのメッセンジャーが一番確実です!

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

未分類 (50)
教育 (2173)
音楽 (265)
雑記 (341)
映画 (15)
読書 (31)
美術 (15)
研究会等 (10)
自然保護 (9)
CD&DVD (0)
育児 (30)
自然 (82)
対話 (7)
思考 (36)
演劇 (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード