topimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimage

2017-08

イグナツ・フリードマン - 2013.03.09 Sat

 1920年代の録音。
 フリードマン壮年期の演奏なのだが、当時ヴィルトゥオーゾとしてならしたという演奏は、コマネズミのように指が動くという古めかしい表現がぴったりだが、反面ところどころ指が回ってない感じのところもあるし・・・。ただ、なんというか風格が別格なのだ。ヴィルトゥオーゾっていうのは、超絶技巧なのではなく、超絶技巧のように思えるということだよなあ、と改めて思う。解釈も表現も大げさだが、自由闊達で実に魅力的だ。

 それにしても古い録音のせいもあるのだろうが、音が深く重く、実に味わい深い。

20世紀の偉大なるピアニストたち~イグナツ・フリードマン20世紀の偉大なるピアニストたち~イグナツ・フリードマン
(1999/07/23)
フリードマン(イグナツ)

商品詳細を見る
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://suponjinokokoro.blog112.fc2.com/tb.php/2042-8fd852ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ウィリアム・カペル «  | BLOG TOP |  » 今日は明治図書のTOP10に入りました、ちょっとうれしいです…『読み聞かせ』本

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

最新記事

プロフィール

石川晋

Author:石川晋
北海道の中学校教師を退職しました。
都内に潜伏して、ゆっくりのんびりしなやかに、教育、芸術、自然の話をしながら、これからの自分のことを考えつつ、新しい状況に対応する「学びのしかけ」のことを考えて行きます。facebookアカウントは、
https://www.facebook.com/profile.php?id=100000528475920
ぼくにできそうなことは、どんどんお受けしますので、遠慮なくお知らせください。FBのメッセンジャーが一番確実です!

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

未分類 (50)
教育 (2155)
音楽 (259)
雑記 (341)
映画 (13)
読書 (31)
美術 (12)
研究会等 (10)
自然保護 (9)
CD&DVD (0)
育児 (30)
自然 (82)
対話 (7)
思考 (36)
演劇 (4)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード