topimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimage

2017-10

久しぶりにコーヒーを飲む - 2013.02.13 Wed

 夕べ飲んだビールは久しぶりだったからなのか、なんとも言えなく濃厚で、これはぼくの人生には必要のない飲み物なんじゃないかと思える味であった。
 今日は午前中小一時間、うららと家の周りを散歩。うららは満足したらしく、昼ごはんをたらふく食べて、膝の上に頭を乗せてそのまま寝てしまった。

 午後は、久しぶりにコーヒーを入れて飲もうと思う。
 ワークショップ・協同疲れのこととか、ぼんやりとしたワークショップ・協同学習のこととか、少し丁寧に書きたいのだが、もう少し後でもいいかなと。

 教室読み聞かせの本で出版には一通り区切りがつくはずだったのだが、小さなものから大きなものまで、気付けば、ポンポンと4,5本話が入って来ている。仕事はたいてい自分の中では、そろそろに終わりに近づいてきたかなという頃に、どーんと舞い込んで来る。

Russian Violin ConcertosRussian Violin Concertos
(2011/10/25)
Conus、Weinberg 他

商品詳細を見る

 これはセルゲイ・オストロフスキーのヴァイオリンが、あまり弾かれることのない、正直言ってあまりぱっとしない楽曲群を実に魅力的にしている。何しろ情感豊かで、音色も多様。音も分厚くて、オーケストラに負けない。


マルチヌー:ピアノ協奏曲全集マルチヌー:ピアノ協奏曲全集
(2009/12/23)
ライフネル(エミル)

商品詳細を見る

 これも、ライフネルのピアノが素晴らしい。マルチヌーのスペシャリストということだが、たしかに、何度聴いてもよくわからなかった空気みたいな曲が、実に魅力的であることを教えてくれる。多分、息づかいのようなものが、わかるのだろう。こういう演奏を聴くと、やっぱりご当地演奏家の演奏と言うのは特別なんだと思う。そして、クラシックと一絡げにしても、結局全然違う音楽の便宜的な総称に過ぎないんだなとおもう。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://suponjinokokoro.blog112.fc2.com/tb.php/1970-e3e8960d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『協同学習でどの子も輝く学級をつくる』(石川晋、阿部隆幸、佐内信之編著、学事出版)が刊行になりました。 «  | BLOG TOP |  » ああ・・・せっかくのマツカワが

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

最新記事

プロフィール

石川晋

Author:石川晋
北海道の中学校教師を退職しました。
都内に潜伏して、ゆっくりのんびりしなやかに、教育、芸術、自然の話をしながら、これからの自分のことを考えつつ、新しい状況に対応する「学びのしかけ」のことを考えて行きます。facebookアカウントは、
https://www.facebook.com/profile.php?id=100000528475920
ぼくにできそうなことは、どんどんお受けしますので、遠慮なくお知らせください。FBのメッセンジャーが一番確実です!

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

未分類 (50)
教育 (2173)
音楽 (265)
雑記 (341)
映画 (15)
読書 (31)
美術 (15)
研究会等 (10)
自然保護 (9)
CD&DVD (0)
育児 (30)
自然 (82)
対話 (7)
思考 (36)
演劇 (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード