topimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimage

2017-05

60歳の退職の年の自分をイメージできない・・・ - 2013.01.15 Tue

 数年前に野中信行さんの教室を一日見せていただいた。
 それは教室経営や授業の技術を盗むとか、そういうことへの関心ではなく、退職の年度の春を迎えた野中さんの日々を見せていただくことで、自分の60歳の退職の時をイメージできるだろうか、ということが大きかった。
 野中さんが本の中で書いているか、直接お話しされたことか、今すぐ調べられないが、野中さんは管理職になるという教師のステップアップの道筋は示されていても、普通の教師が普通の教師として60歳まで終える道筋を誰も示していないと指摘している。

 私は私の父が60歳の歳に教職をまっとうすることなく辞めることになったことをきっかけに、普通の先生が普通の先生として60歳までをまっとうするということはどういうことなのだろうと考え続けてきた。何度か精神的な厳しさも経験する中で強く思ったことだった。
 野中さんの教室を見せていただいたことだけではない、退職された琴寄政人さんのその後の動きを注視しながらお話をおうかがいしに行ったこと、全部、そこへつながっていく問題意識なのである。

 今本明さんとは子どもの本連絡会の活動を通じて、私が少年出会った頃からの関わりがある。当時青年教師であった今本さんも今年で退職されるわけで、最後まで中学校の学級担任として教職生活を終えようとするその日々を見たいという気持ち。そして、教師の歩み方についてを考えてみたいという気持ち。そういう気持ちなのである。

 毎年必ずこれと思う実践家の方の一日を拝見させていただいてきた。明日が楽しみである。

 それにしても歯が痛い。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://suponjinokokoro.blog112.fc2.com/tb.php/1909-5c0944b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今本明さんのクラスを参観しました «  | BLOG TOP |  » 明日は今本明さんの教室を終日訪問する

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

最新記事

プロフィール

石川晋

Author:石川晋
北海道の中学校教師を退職しました。
都内に潜伏して、ゆっくりのんびりしなやかに、教育、芸術、自然の話をしながら、これからの自分のことを考えつつ、新しい状況に対応する「学びのしかけ」のことを考えて行きます。facebookアカウントは、
https://www.facebook.com/profile.php?id=100000528475920
ぼくにできそうなことは、どんどんお受けしますので、遠慮なくお知らせください。FBのメッセンジャーが一番確実です!

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

未分類 (49)
教育 (2134)
音楽 (257)
雑記 (338)
映画 (10)
読書 (31)
美術 (11)
研究会等 (10)
自然保護 (9)
CD&DVD (0)
育児 (30)
自然 (82)
対話 (6)
思考 (34)
演劇 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード