topimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimage

2017-10

おみくじ - 2013.01.05 Sat

 今年のおもくじは、帯広神社で。
 「吉」だった。
 楽しみにしていたバティアシュヴィリのブラームス。
 すっきりしたエレガントなブラームス。少し音色が痩身だが、なんどか聞きたいという演奏。
 しかし、同じ日に、アンドラードとフランチェスカッティで同じ曲を聴いたのは間違いだった。
 アンドラードは、たしかな技術、時々ふとみせる妖艶な表現、深く美しい音色に驚いた。幻の女流といった表現はたいて×だが、これは○。
 フランチェスカっティは、バーンスタインとの正規盤が愛聴なのだが、このエルネスト・ブール&南西ドイツ放送響との録音は、フランチェスカッティの表現が濃密。すごいヴァイオリニストなのだと再認識した。


ブラームス:ヴァイオリン協奏曲/クララ・シューマン:3つのロマンスブラームス:ヴァイオリン協奏曲/クララ・シューマン:3つのロマンス
(2013/01/23)
ティーレマン(クリスティアン),アリス=紗良・オット バティアシュヴィリ(リサ)

商品詳細を見る

チャイコフスキー: ヴァイオリン協奏曲、ブラームス: ヴァイオリン協奏曲 (Brahms & Tchaikovsky : Violoin Concertos / Janine Andrade / Pro Musica Symphony Orchestra, Hamburg / Hans-Jurgen Walther)チャイコフスキー: ヴァイオリン協奏曲、ブラームス: ヴァイオリン協奏曲 (Brahms & Tchaikovsky : Violoin Concertos / Janine Andrade / Pro Musica Symphony Orchestra, Hamburg / Hans-Jurgen Walther)
(2012/08/30)
ジャニーヌ・アンドラード

商品詳細を見る

ブラームス: ヴァイオリン協奏曲ニ長調Op.77 他 (Zino Francescatti plays Brahms / SWR Sinfonieorchester Baden-Baden und Freiburg : Historical Recordings 1974/78) [輸入盤]ブラームス: ヴァイオリン協奏曲ニ長調Op.77 他 (Zino Francescatti plays Brahms / SWR Sinfonieorchester Baden-Baden und Freiburg : Historical Recordings 1974/78) [輸入盤]
(2012/09/10)
ジノ・フランチェスカッティ

商品詳細を見る


 バイバ・スクリデのストラヴィンスキー、マルタン。ストラヴィンスキーはこれまで聴いたことのない小さくてかわいらしい、温かい、そうっと聴きたくなるような美しい壊れ物のような演奏だった。期待したマルタンははじめて聴く曲だったのだが、よくわからない・・・楽想がどこまでもつかめないという感じであった。ぼくはマルタンの曲は大好きなんだけどなあ。
 なぜかオネゲルのパシフィック231とラグビーも入って、超お得な一枚である。指揮者のティエリーがスイス出身とのこと。

ストラヴィンスキー: ヴァイオリン協奏曲、フランク・マルタン: ヴァイオリン協奏曲 他 (Stravinsky, Martin : Violin Concertos / Baiba Skride, Thierry Fischer) [輸入盤]ストラヴィンスキー: ヴァイオリン協奏曲、フランク・マルタン: ヴァイオリン協奏曲 他 (Stravinsky, Martin : Violin Concertos / Baiba Skride, Thierry Fischer) [輸入盤]
(2012/06/30)
バイバ・スクリデ

商品詳細を見る
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://suponjinokokoro.blog112.fc2.com/tb.php/1892-6838edc1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

本州は今日、明日あたりから新学期なのか・・・ «  | BLOG TOP |  » 中・高校教師用ニュースマガジン(中高MM)☆3145号☆「読み聞かせる教室づくり」(26)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

最新記事

プロフィール

石川晋

Author:石川晋
北海道の中学校教師を退職しました。
都内に潜伏して、ゆっくりのんびりしなやかに、教育、芸術、自然の話をしながら、これからの自分のことを考えつつ、新しい状況に対応する「学びのしかけ」のことを考えて行きます。facebookアカウントは、
https://www.facebook.com/profile.php?id=100000528475920
ぼくにできそうなことは、どんどんお受けしますので、遠慮なくお知らせください。FBのメッセンジャーが一番確実です!

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

未分類 (50)
教育 (2172)
音楽 (264)
雑記 (341)
映画 (15)
読書 (31)
美術 (15)
研究会等 (10)
自然保護 (9)
CD&DVD (0)
育児 (30)
自然 (82)
対話 (7)
思考 (36)
演劇 (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード