FC2ブログ
topimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimage

2019-11

前の書き込み(自民党の教育再生実行本部の提案)に関わって - 2012.12.27 Thu

 個別の提案のことは横に置くとして。
 全てが現状をトップダウンで変えるという主張に貫かれているところがすごいなあと思いました。

 ちなみに今日読んでいた佐藤学『学校見聞録』(小学館)には、「外からの学校改革は、一見すると効率的でありダイナミックに見える。しかし、それらの改革はどれだけ教室の一人ひとりの子どもに届いただろうか。そして、それらの改革はどれだけ学校の実質的な改革として実を結んだろうか。そのほとんどは数年、もしくは十数年で跡形もなく消えうせたのではないだろうか。あるいは、その後遺症で学校は長年にわたって混迷し、教師たちと子どもたちはその混迷の中で苦しんできたのではないだろうか。/学校改革を子どもにとって教師にとって、そして地域にとって実りあるものにするためには、学校を外から変革するのではなく、内側から改革する必要がある」とありました。

学校見聞録: 学びの共同体の実践 (教育単行本)学校見聞録: 学びの共同体の実践 (教育単行本)
(2012/07/02)
佐藤 学

商品詳細を見る

 私には博文さんの焦燥感も分かる気がします。私塾から改革を志し、でも、結局努力しても努力しても改善されていかない中で、政治の世界に身を投じる・・・。一所懸命やる者ほど、絶望も焦燥感も深いのはわかります。法で首根っこを捕まえてしまいたいという強い思いも。

下村博文の教育立国論下村博文の教育立国論
(2010/10/27)
下村博文

商品詳細を見る


 でも、ぼくは決してそこに立ってものを考えたりしません。一切のロビー活動も、教育に関しては行いません。自分でそう決めています。
スポンサーサイト



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://suponjinokokoro.blog112.fc2.com/tb.php/1881-c49cadd0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『道徳のチカラ』誌の原稿 «  | BLOG TOP |  » 自民党の教育再生実行本部 各分科会中間まとめ(要点)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

最新記事

プロフィール

石川晋

Author:石川晋
北海道の中学校教師を退職しました。
都内に潜伏して、ゆっくりのんびりしなやかに、教育、芸術、自然の話をしながら、これからの自分のことを考えつつ、新しい状況に対応する「学びのしかけ」のことを考えて行きます。facebookアカウントは、
https://www.facebook.com/profile.php?id=100000528475920
ぼくにできそうなことは、どんどんお受けしますので、遠慮なくお知らせください。FBのメッセンジャーが一番確実です!

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

未分類 (53)
教育 (2236)
音楽 (271)
雑記 (343)
映画 (17)
読書 (32)
美術 (15)
研究会等 (10)
自然保護 (9)
CD&DVD (0)
育児 (30)
自然 (82)
対話 (7)
思考 (38)
演劇 (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード