topimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimage

2017-10

カレンダーへのこだわり - 2012.12.26 Wed

 『対話』の本にも少し書いたが、ぼくには教室のカレンダーへの強いこだわりがある。

「対話」がクラスにあふれる!  国語授業・言語活動アイデア42「対話」がクラスにあふれる! 国語授業・言語活動アイデア42
(2012/06/07)
石川 晋

商品詳細を見る

 カレンダー自体へのこだわりは小さな頃からである。
 かつては、ダイオキシンなど気にせずどこの家でも庭先で焼却炉でごみを燃やしていたわけだが、ぼくは大みそかに家じゅうのカレンダーを燃やすのが年中行事であった。

 教職についてからは、学級担任を持つと必ずこだわりのカレンダーを教室に用意する。どこかの業者からいただいたカレンダーなどではなく、もういつも特別のものをきちんとお金を出して選んで掲示してきた。
 来年の学級担任のことなどは全く分からないが、もう四つほど購入済みである。なにしろこの時期に買わないと手に入らないものがたくさんある。
 今年は、レオ=レオニのカレンダーと神宮館の月齢暦、高橋書店の四字熟語カレンダー、岩合さんのノラ、である。購入必中ではなく、いくつも買って最後に2,3点を選んで掲示するので、カレンダーへの出費だけで万円単位になってしまう・・・。子どもが一年間教室で過ごし、めくり取っていくものだ、こだわりのものを準備したい。

 今日は明治の編集から、年明けに出る「教室読み聞かせ」の本の表紙案が届いた。「対話」の本と対になる感じが出るといいなあと思う。同じ装丁の方に頼んで下さったようで、ありがたいことである。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://suponjinokokoro.blog112.fc2.com/tb.php/1877-42d839d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日中も気温が上がらず «  | BLOG TOP |  » 授業づくりネットワーク2013春号原稿脱稿

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

最新記事

プロフィール

石川晋

Author:石川晋
北海道の中学校教師を退職しました。
都内に潜伏して、ゆっくりのんびりしなやかに、教育、芸術、自然の話をしながら、これからの自分のことを考えつつ、新しい状況に対応する「学びのしかけ」のことを考えて行きます。facebookアカウントは、
https://www.facebook.com/profile.php?id=100000528475920
ぼくにできそうなことは、どんどんお受けしますので、遠慮なくお知らせください。FBのメッセンジャーが一番確実です!

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

未分類 (50)
教育 (2172)
音楽 (264)
雑記 (341)
映画 (15)
読書 (31)
美術 (14)
研究会等 (10)
自然保護 (9)
CD&DVD (0)
育児 (30)
自然 (82)
対話 (7)
思考 (36)
演劇 (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード