topimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimage

2018-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『northern style スロウ』vol.21が届く - 2009.10.22 Thu

 帯広のソーゴー印刷が母体になっている「クナウマガジン」という会社がある。そこが発刊している雑誌が『northern style スロウ』である。季刊。

 ホームページもあり、こちらから定期購読することもできる。
 http://www.n-slow.com/index.html
 定期購読料は3520円。

 この雑誌のステキさをどう表現したらいいかな。
 ぼくがこの雑誌に初めて出会ったのは、これも北海道限定コンビニエンスストアであるセイコーマートの雑誌コーナーだった。
 毎号店頭買いしていたが、季刊で買い忘れが嫌なので、定期購読している。大判のずっしりした存在感のある雑誌だ。合唱団で以前にご一緒していた方がライターの一人ということも後で知った。

 題名通り、スロウライフを楽しむ、道内の人たちでいっぱいだ。写真がまた高原淳さんというカメラマン兼社長さんがじきじきに撮影されているものをはじめとして、素晴らしい! 当初は帯広を中心とする十勝の取材が中心だったが、いまや全道全域を網羅し、ぼくの全く知らない場所、店、人もいっぱいである。

 今回の号の特集は、「腰折れ屋根のある風景」。
 「腰折れ屋根」って・・・なんだ、それ? 正式には「ギャンブレル屋根」という積雪地特有の屋根である。昔の道内の建築物にはたくさんあり、最近は一般住宅にも増えているとか。
スロウ21

 この古典的な屋根スタイルを選択して、生活している人たちにスポットを当てた企画。
 この方式の屋根スタイルを選択しているスロウカフェも紹介されている。
 富良野のcafeゴリョウとか。
 http://www.goryo.info/cafe/

 今日は、1年生と2年生がとうとうインフルエンザで学年閉鎖になってしまった。明日からは、中3しか授業がない状況になる。こういう時にしかできない仕事もたくさんあるわけだが、とにかく今晩は、ごろっと横になって、ブレンデル&ヤニグロ+イ・ソリスティ・ディ・ザグレブのモーツァルトのピアノ協奏曲でも聞きながら、『スロウ』を楽しく読もうと思う。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://suponjinokokoro.blog112.fc2.com/tb.php/17-d85db0d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

授業改善は果てのない営み «  | BLOG TOP |  » 指導主事訪問で

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

最新記事

プロフィール

石川晋

Author:石川晋
北海道の中学校教師を退職しました。
都内に潜伏して、ゆっくりのんびりしなやかに、教育、芸術、自然の話をしながら、これからの自分のことを考えつつ、新しい状況に対応する「学びのしかけ」のことを考えて行きます。facebookアカウントは、
https://www.facebook.com/profile.php?id=100000528475920
ぼくにできそうなことは、どんどんお受けしますので、遠慮なくお知らせください。FBのメッセンジャーが一番確実です!

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

未分類 (53)
教育 (2236)
音楽 (271)
雑記 (343)
映画 (17)
読書 (32)
美術 (15)
研究会等 (10)
自然保護 (9)
CD&DVD (0)
育児 (30)
自然 (82)
対話 (7)
思考 (38)
演劇 (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。