topimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimage

2017-08

町内を散策する - 2012.06.24 Sun

 午後から久しぶりの晴れ間。

 十勝三股へ行き、本格的に咲き始めたルピナスを見る。
 うららもうれしそうだった。
 小さな遊歩道もあるんだね、知らなかった。

 ここは、まさに人の世の栄枯盛衰を知る場所だ。
 わずかに残る廃屋の間に咲き誇るルピナスは美しい。

 その後、町内の十勝しんむら牧場へ。強い志と確かなビジョン、そして環境を生かす工夫とで、日本全国に知られる仕事ができる。
 上士幌にはすごい場所がたくさんある。

 帰宅後、NIE研究会から会報が届く。
 前回全国新聞研が十勝に来た時に頼まれて提言をした関係で、今も必ず届く。
 国語教育への狭義な意味での「新聞教育」導入に、メディアリテラシー的観点から一貫してぼくは懐疑的なのだが、でも、一方で子どもたちが新聞づくり・発信に関わることはとても重要だと思っている。今号は、帯広柏葉高等学校の新聞部が特集されている。教え子の顔も1,2名、写真に見えて、楽しい。大変だろうけど、おもしろそうだなあ、と思う。若者が全身で社会と向き合う。そういうことの価値を痛感している。そういう青春があっていいと思う。


ヴォーン・ウィリアムズ:幻想的五重奏曲/弦楽四重奏曲第1番, 第2番ヴォーン・ウィリアムズ:幻想的五重奏曲/弦楽四重奏曲第1番, 第2番
(2001/07/01)
マッジーニ四重奏団

商品詳細を見る



ショスタコーヴィチ:交響曲第5番「革命」ショスタコーヴィチ:交響曲第5番「革命」
(2000/07/14)
ドミトリー・ショスタコーヴィチ、 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

● COMMENT ●

向き合った社会の幼稚さに驚いたりして。

トホホですね。

いや、ほんとにね。高校生は、なんでこんなこともできないの、なんでこんな風にしちゃったのって、取材するたびに思うかもしれないね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://suponjinokokoro.blog112.fc2.com/tb.php/1516-65d6f8ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

八巻寛治さんが新刊の紹介をしてくださいました! «  | BLOG TOP |  » 木村俊介『物語論』(講談社現代新書)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

最新記事

プロフィール

石川晋

Author:石川晋
北海道の中学校教師を退職しました。
都内に潜伏して、ゆっくりのんびりしなやかに、教育、芸術、自然の話をしながら、これからの自分のことを考えつつ、新しい状況に対応する「学びのしかけ」のことを考えて行きます。facebookアカウントは、
https://www.facebook.com/profile.php?id=100000528475920
ぼくにできそうなことは、どんどんお受けしますので、遠慮なくお知らせください。FBのメッセンジャーが一番確実です!

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

未分類 (50)
教育 (2156)
音楽 (259)
雑記 (341)
映画 (13)
読書 (31)
美術 (12)
研究会等 (10)
自然保護 (9)
CD&DVD (0)
育児 (30)
自然 (82)
対話 (7)
思考 (36)
演劇 (4)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード