topimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimage

2017-10

山崎正明さんが、ブログに新著の感想を載せて下さいました! - 2012.06.04 Mon

 昨年、相互に全ての授業を見合った千歳の山崎正明さんのブログに、新著の書評が載りました。
 これがまた、ぼくの学級を実際に見て下さった上での感想ということで、本質を捉えて下さっていて、うれしくなります。
yamazaki.jpg

  山崎さんが指摘して下さった下記の点は、特にうれしかったです。

  「何から学んだかも明らかにしているということも読者にとっ
 ては刺激になります。例えば「教えやすさ」と「学びやすさ」を
 指摘された上條晴夫さんの考えから授業改善の手がかりとしたこ
 となどが、冒頭に述べられています。さらには上野行一さんから
 学んだこと(しかも早い段階で。私よりも早いです)によっては
 じめたこと。私の授業を見ていただいての考察も書かれています
 (恐縮)。そもそも「美術」と「国語」は近い関係にあると考え
 ていましたが、この出版はそれを具体的に示してくれたようで
 す。」

 
「対話」がクラスにあふれる!  国語授業・言語活動アイデア42「対話」がクラスにあふれる! 国語授業・言語活動アイデア42
(2012/06/07)
石川 晋

商品詳細を見る


 一日相互に授業を見合い、一緒に振り返りをするというのは、ものすごい学びになります。
 一番は、浅薄な技術に目が向かなくなる点です。個々の子どもという存在、授業や教室、あるいは教師の在りようなどに、自然と目が向いていきます。
 見たいと思う先生の教室に、直接お願いをして一日じゅう見に行く。一年に一回くらいは、こういう学び方を、全ての教師がしたらいいのにと思っています。
 今年はぼくは秋に、今本明さんの教室を一日見せていただく約束になっています。おそらく日本有数の活動レベルにある図書委員会の活動も全部見せていただこうと考えています。



スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://suponjinokokoro.blog112.fc2.com/tb.php/1467-4dc69e64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

長瀬拓也さんもブログに書評を寄せて下さいました «  | BLOG TOP |  » フェミックスの雑誌”We”の連載への感想も届き始めました

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

最新記事

プロフィール

石川晋

Author:石川晋
北海道の中学校教師を退職しました。
都内に潜伏して、ゆっくりのんびりしなやかに、教育、芸術、自然の話をしながら、これからの自分のことを考えつつ、新しい状況に対応する「学びのしかけ」のことを考えて行きます。facebookアカウントは、
https://www.facebook.com/profile.php?id=100000528475920
ぼくにできそうなことは、どんどんお受けしますので、遠慮なくお知らせください。FBのメッセンジャーが一番確実です!

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

未分類 (50)
教育 (2173)
音楽 (265)
雑記 (341)
映画 (15)
読書 (31)
美術 (15)
研究会等 (10)
自然保護 (9)
CD&DVD (0)
育児 (30)
自然 (82)
対話 (7)
思考 (36)
演劇 (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード