FC2ブログ
topimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimage

2018-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

加藤和彦よ、ああ - 2009.10.20 Tue

 加藤和彦が自殺した。

「世の中が音楽を必要としなくなり、もう創作の意欲もなくなった。死にたいというより、消えてしまいたい」

と、遺書にあったそうだ。

 「フォーククルセダーズの」などという彼の芸歴の初期のもので説明している記事を見ると、まるで過去の人であるかのようだが、長い長い道のりを、多少の浮き沈みはありつつも、ずうっと一線で走り続けてきた人だ。

 ぼくにとっての加藤和彦は、1980年代のソロワークに人である。
 1984年のアルバム”VENEZIA”に納められた「ハリーズBAR」は、ぼくの人生の中で出会ったベストソングである。高校時代の青臭い自分と、その哀愁漂うメロディを、超える音楽的な結びつきは、多分、これからの人生の中でもないだろう。
 ミカバンドの仕事も、たくさんの歌謡曲も、ぼくのこれからの人生の中で、何度も繰り返し聞くだろうと思う。
venezia.jpg

 今日はようやく、部屋に座って、名曲「ハリーズBAR」を聞くことができた。
 涙が出てくる。

スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://suponjinokokoro.blog112.fc2.com/tb.php/14-0be5777c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

指導主事訪問で «  | BLOG TOP |  » 第10回中学校学級経営セミナー 札幌 10/24

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

最新記事

プロフィール

石川晋

Author:石川晋
北海道の中学校教師を退職しました。
都内に潜伏して、ゆっくりのんびりしなやかに、教育、芸術、自然の話をしながら、これからの自分のことを考えつつ、新しい状況に対応する「学びのしかけ」のことを考えて行きます。facebookアカウントは、
https://www.facebook.com/profile.php?id=100000528475920
ぼくにできそうなことは、どんどんお受けしますので、遠慮なくお知らせください。FBのメッセンジャーが一番確実です!

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

未分類 (53)
教育 (2236)
音楽 (271)
雑記 (343)
映画 (17)
読書 (32)
美術 (15)
研究会等 (10)
自然保護 (9)
CD&DVD (0)
育児 (30)
自然 (82)
対話 (7)
思考 (38)
演劇 (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。