topimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimage

2017-10

清水克衛『非常識な読書のすすめ』(現代書林) - 2012.04.23 Mon

 フェイスブックで福分堂の村岡さんが紹介しているのを見て購入した本。
 読みやすかった。なるほどなあと思うところもあった。


非常識な読書のすすめ ―人生がガラッと変わる「本の読み方」30非常識な読書のすすめ ―人生がガラッと変わる「本の読み方」30
(2012/03/13)
清水 克衛

商品詳細を見る


 「読書で育てるものは『常識』ではありません。/育てるべきは『ちょっと非常識な考え方』なのです」というのは、ぼくには正直自明のことだ。読書は、論文を書くときに自分の意見の補強になりそうなものを探す以外は、完全に、ぼくが考えていることと全然違う考えを言いたてる人に会いたくて読むのである。

 そんなこんなで、この本、基本的にはお勧めである。大方のまじめな学校の先生は、読んでおいて損はなかろう。
 で、ぼくはというと、細かくはなるほどなあ、おもしろいなあと思うところは結構あるが、全体としては、まあ、そうだろうなという感じである。
 こういう読後感になったのには事情があって…北海道には札幌にくすみ書房という大手書店全盛の中で、小規模書店の存在の大切さを訴え続ける本屋がある。

 → くすみ書房

 そこの久住さんが、北海道新聞社から『中学生はこれを読め』『小学生はこれを読め』『高校生はこれを読め』のシリーズ本を、道内の中小規模本屋さんと協力して出しているのだ。中学生の(2)では、子ども富貴堂の福田洋子さんとの対談が載っているし、小学生版には、ぼくの教室にも来ていただいたことが何度かある絵本作家堀川真さんへのインタビューが載っている。
 そんなわけで、清水さんのこの本に既視感があったということなのである。


中学生はこれを読め!中学生はこれを読め!
(2007/09)
北海道書店商業組合

商品詳細を見る



中学生はこれを読め!〈2〉中学生はこれを読め!〈2〉
(2009/07)
北海道書店商業組合、 他

商品詳細を見る



高校生はこれを読め!高校生はこれを読め!
(2010/10)
「高校生はこれを読め!」編集委員会

商品詳細を見る



小学生はこれを読め!小学生はこれを読め!
(2011/09)
「小学生はこれを読め!」編集委員会

商品詳細を見る


 久住さんには、小寺卓矢さんを介して一度お会いしお食事をしたことがある。
 現場に復帰したら、是非とも一緒にお仕事をしたいと思っている。


バッハ:ゴールドベルク変奏曲(1981年デジタル録音)バッハ:ゴールドベルク変奏曲(1981年デジタル録音)
(2004/11/17)
グールド(グレン)

商品詳細を見る

 いやあ、耳がそちらに向かって、気付いたらぼうっと聴いてしまっていたりする。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://suponjinokokoro.blog112.fc2.com/tb.php/1368-37b60b8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

子どもの成長のリズムに寄りそう «  | BLOG TOP |  » Mr.children”祈り ~涙の軌道 / End of the day / pieces”

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

最新記事

プロフィール

石川晋

Author:石川晋
北海道の中学校教師を退職しました。
都内に潜伏して、ゆっくりのんびりしなやかに、教育、芸術、自然の話をしながら、これからの自分のことを考えつつ、新しい状況に対応する「学びのしかけ」のことを考えて行きます。facebookアカウントは、
https://www.facebook.com/profile.php?id=100000528475920
ぼくにできそうなことは、どんどんお受けしますので、遠慮なくお知らせください。FBのメッセンジャーが一番確実です!

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

未分類 (50)
教育 (2173)
音楽 (265)
雑記 (341)
映画 (15)
読書 (31)
美術 (15)
研究会等 (10)
自然保護 (9)
CD&DVD (0)
育児 (30)
自然 (82)
対話 (7)
思考 (36)
演劇 (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード