topimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimage

2017-10

3年間の国語の最後の授業…最終講義 - 2012.03.01 Thu

 実はもう一時間。5日にWWが残っている。
 でも、一斉授業スタイルの形では今日が最後だった。
 「最終講義」と銘打って行った。難しくて、よくわからなくてもいい。国語として異形のものでもいい。


最終講義

・1年生最初の授業、草野心平「雪」を振り返る
→ 見えないけれど「見える」もの

・職員室と一般的な教室の写真を提示
→ この配置の理由は?
職員室・・・「校長や教頭の話を聞くことよりも仲間と話し合うことを優先している教室」
普通教室・・・「仲間と話すことよりも先生の話を聞くことを優先している教室」

・成田康子『みんなでつくろう学校図書館』(岩波ジュニア新書)から「知っていますか? 学校図書館法」
→ 司書教諭配置はなぜされないのか。

・サン=テグジュペリ(内藤濯訳)『星の王子さま』(岩波少年文庫)から「20」
→ 本当に大切なものは目には見えない

・谷川俊太郎「こころの色」
 ○○はみんなのこころで決まる
 ○○はみんなのこころで変わる
→ ○○=「世界」

・教室配置について、もう一度
→ 職員室の配置は、みんなが知恵を出し合うということについての信頼がベースになっている。今日よりも明日、「世界」は必ず少しずつよくなる。そのために話し合おうとみんなが思っているということが、全ての前提になっている。

・振り返りを記入。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://suponjinokokoro.blog112.fc2.com/tb.php/1249-d8f45a6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

家庭科の授業の後で…(含、セパレーションの話) «  | BLOG TOP |  » セパレーション問題などから・・・考えている事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

最新記事

プロフィール

石川晋

Author:石川晋
北海道の中学校教師を退職しました。
都内に潜伏して、ゆっくりのんびりしなやかに、教育、芸術、自然の話をしながら、これからの自分のことを考えつつ、新しい状況に対応する「学びのしかけ」のことを考えて行きます。facebookアカウントは、
https://www.facebook.com/profile.php?id=100000528475920
ぼくにできそうなことは、どんどんお受けしますので、遠慮なくお知らせください。FBのメッセンジャーが一番確実です!

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

未分類 (50)
教育 (2173)
音楽 (265)
雑記 (341)
映画 (15)
読書 (31)
美術 (15)
研究会等 (10)
自然保護 (9)
CD&DVD (0)
育児 (30)
自然 (82)
対話 (7)
思考 (36)
演劇 (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード