topimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimage

2017-10

堀くんがいよいよ教師力BRUSH-UPセミナーの代表を辞めるということで… - 2012.02.12 Sun

 先に事務局長を降りてしまったぼくがあれこれ言うことでもないが、堀くんには、本当にごくろうさまと声をかけたい心境である。
 そして、おそらくは若返って行くであろうブラッシュアップの新体制を楽しみにしながら、ぼくも末席にひっそりと置いてもらおうと思っている。

 堀くんは最近FBに教育警句のようなものを頻繁に流す。そのほとんどはほほえましく、半分本気で半分酔狂のようなものなのだが(笑)、それに群がって膝を打つ方々が多いのもほほえましい。
 しかし今日堀くんが書いていたことは、ぼくも、そうだなあと深々と思い当たることであった。
 転記しておこうと思う。
 多分、この二つのことは、全くその通りであり、この二つの問題はくっついていることも多いように思うのだ。

(堀くん)
「教える-学ぶ」関係が崩れている現在、教師は子どもに嫌われてはいけません。現在、生徒に嫌われないということが、すべての教育活動を推進していくうえでの前提になっています。生徒に嫌われてしまうと、「指導者」としても「評価者」としてもその資格を問われる時代になってきています。

(堀くん)
 変わること、変えることには「自信」が必要です。変えることによって予想外のこと、想定外のことが起こる、それに対応できるという信頼を自らに寄せる、そういう人だけがシステムやスキルを変えることができるのです。自信のない人は、予想外のことや想定外のことが起こるのを怖れ、システムやスキルを変えることを拒みます。「自信」をもっていない人ほど変えられません。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://suponjinokokoro.blog112.fc2.com/tb.php/1219-35e38cd5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

金曜日の自主公開研修について少しくわしく書いていきます ぼちぼち «  | BLOG TOP |  » メモから・・・『明日もまた今日のごとく』(最首悟、どうぶつ社)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

最新記事

プロフィール

石川晋

Author:石川晋
北海道の中学校教師を退職しました。
都内に潜伏して、ゆっくりのんびりしなやかに、教育、芸術、自然の話をしながら、これからの自分のことを考えつつ、新しい状況に対応する「学びのしかけ」のことを考えて行きます。facebookアカウントは、
https://www.facebook.com/profile.php?id=100000528475920
ぼくにできそうなことは、どんどんお受けしますので、遠慮なくお知らせください。FBのメッセンジャーが一番確実です!

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

未分類 (50)
教育 (2172)
音楽 (264)
雑記 (341)
映画 (15)
読書 (31)
美術 (15)
研究会等 (10)
自然保護 (9)
CD&DVD (0)
育児 (30)
自然 (82)
対話 (7)
思考 (36)
演劇 (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード