topimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimage

2017-10

対話型ギャラリートーク、教え込み - 2012.02.03 Fri

 中1の2時間は、対話型キャラリートーク。
 小檜山博『風少年』の三つ目のエピソードの部分を大きく印刷して、中央フロアの壁に掲示。シアター型に座った生徒と読みながら対話する。

 中3は池田晶子『言葉の力』。こちらは、久しぶりに3時間扱いの完全な教え込み。一斉授業型。くじで生徒を指名し、段落を音読してもらい、その部分について問答、板書。これをひたすら繰り返す。全部読み終わったら、1年生の一番最初、金子みすゞの『不思議」の授業を振り返り、3年間を貫く教科書の底を流れるテーマについて、想いを馳せる。最後は読後感想を書く。
 こういうのっておもしろくないだろうなあと思う。ところが生徒は、結構おもしろかったというのだ。毎時間授業後に、女子生徒が考えや気づきをちょこちょこ話したりするのも耳にした。体験・活動型と、こうした一斉型と、やはりバランスよく配置することは大切なんだなと思う、改めて。

 中3は金曜日の国語の授業は、最後はヒット曲の授業。今日は、kokua(スガシカオ)の”progless”。


ProgressProgress
(2006/08/02)
kokua

商品詳細を見る


「ジブン」を虫食いにして、穴埋めをする。それだけの授業だが、さすがに名曲である。みんな集中して聴く。



スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://suponjinokokoro.blog112.fc2.com/tb.php/1202-cd4814fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中1ギャップを教えやすさと学びやすさという観点から考えてみる その1 «  | BLOG TOP |  » ★学びのしかけプロジェクトメールマガジン197号池田康子さん「アメリカの学校で見た素敵な実践~課題提示の工夫と自分でやり方を思い出せるものの作成~」

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

最新記事

プロフィール

石川晋

Author:石川晋
北海道の中学校教師を退職しました。
都内に潜伏して、ゆっくりのんびりしなやかに、教育、芸術、自然の話をしながら、これからの自分のことを考えつつ、新しい状況に対応する「学びのしかけ」のことを考えて行きます。facebookアカウントは、
https://www.facebook.com/profile.php?id=100000528475920
ぼくにできそうなことは、どんどんお受けしますので、遠慮なくお知らせください。FBのメッセンジャーが一番確実です!

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

未分類 (50)
教育 (2172)
音楽 (264)
雑記 (341)
映画 (15)
読書 (31)
美術 (14)
研究会等 (10)
自然保護 (9)
CD&DVD (0)
育児 (30)
自然 (82)
対話 (7)
思考 (36)
演劇 (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード