topimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimage

2017-10

★学びのしかけプロジェクトメールマガジン194号 上條晴夫さん「「教えやすさ」と「学びやすさ」/その7」 - 2012.01.27 Fri

私が編集するメールマガジンの最新号です。今回は代表の上條晴夫さんの論考です。
→ 無料でメルマガの購読ができます!

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
メールマガジン「学びのしかけプロジェクト」
               194号 2012年1月27日発行
                      (毎週火金日発行)
http://www.jugyo.jp/
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
★目次★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.「教えやすさ」と「学びやすさ」/その7
      「学びのしかけ」プロジェクトリーダー
                      東北福祉大学 上條 晴夫
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 プロジェクトリーダー、上條さんの久々の論考です。
 シリーズ7回目になります。これまでの論考は、下記で順番に追って読
むことができます。
その1 http://archive.mag2.com/0000158144/20100917230000000.html
その2 http://archive.mag2.com/0000158144/20101130230000000.html
その3 http://archive.mag2.com/0000158144/20110125230000000.html
その4 http://archive.mag2.com/0000158144/20110426230000000.html
その5 http://archive.mag2.com/0000158144/20110816230000000.html
その6 http://archive.mag2.com/0000158144/20111206230000000.html
                           (石川 晋)
------------------------------------------------------------------
1.「教えやすさ」と「学びやすさ」/その7
      「学びのしかけ」プロジェクトリーダー
                      東北福祉大学 上條 晴夫
------------------------------------------------------------------
 東日本大震災をきっかけに少し「facebook」にはまり込んでいます。
 ウォールに新しい教育の考え方や授業づくりについて話題提供の記事を
書いて、「友だち」から「いいね!」ボタンを押してもらったり、コメントを
もらったりしています。
 ワイワイガヤガヤとみんなで考えていくSNSを楽しんでいます。
 そのfacebookの最新の記事に次の文(記事)を書きました。

 「学生版名言・至言集(学生が講義レポートに書いた名言・至言の紹介)。
『わたしの中での国語は席について行うものであり、意見は手を挙げて述
べるものでした。しかし、ワールドカフェを行ってみて衝撃を受けました。
ワールドカフェを行っている間はざわざわしており、本当にこれで大丈夫
なのかとすら思いました。けれどもいざ意見を聞いてみると、深く考えら
れたものが多く、説得力のあるものばかりでした。真面目に考えることが
よいのではなく、ゆるさの中に、飾らない意見(うまいことを言おうとし
た意見ではないもの)があり、学びにつながるのだと思いました』」

 この記事に本MM執筆者の一人・筑田周一さんと次のようなやりとりを
しました。
筑田:「席についていることを『真面目に考えている』と受け取っていた
んですね」
上條:「なるほど!!『席についていること』だけではなく、『意見を自
由に言わないこと(手を挙げて述べること)』も『真面目に考えてい
る』ことと受け取っているようですね。そしてこれってこの学生だけ
のことではない気がします」
筑田:「そうですね。私も、どうしても『あるべき姿』といった形にとら
われてしまって,中身を吟味しないことがよくあります。
『一斉授業でなければならない』
『授業中は背筋を伸ばして、きちんと前を向いていなければならない』
   一方にそうした見方があって、批判したとしても、
 『グループ学習でなければならない』
 『生徒達がいきいきと活動していなければならない』
  というのも、内実が伴っていなければ、危ういものになるでしょう。
  常に形骸化を警戒して、内実がどうなっているかを、問い続けていく
  のが重要なんでしょう」

 ところで、わたしは、このコメントの交流をさせてもらいながら「教え
やすさ」と「学びやすさ」について、少し極端な思考実験をしていました。

 それは学習者である学生がワールドカフェのような「衝撃的」(実験的)
な授業づくりに出会うまでは「席についていること」や「意見を自由に言
わないこと(手を挙げて述べること)」のような「真面目に考えること」
授業だけを「学び」と考えて、それ以外の学びの可能性について考えるこ
とが出来ていなかったらしいという事実についてです。

 もちろん学生たちの中には、少数ではありますが、自分の体験した「席
についていること」「手を挙げて述べること」だけの「真面目に考える」授業
について、批判的に考えることができる者もある一定数いることはいます。
しかし大半は体験の枠内で考えます。
ようするに、自分の経験した「学び方」に縛られるということです。

 この「自分の学び体験に縛られる」ことについて。ビル・リー著『実践
コミュニティーワーク』(学芸社)の中に次のような一節を見付けてドキ
リとしました。
「人は慢性的にコントロールを失った状態を経験すると、挑戦することを
やめ、慣れきってしまった世界に引きこもってしまう」(ランガー)

 わたしが「教えやすさ」「学びやすさ」を考えるようになったきっかけは
学級崩壊です。何故かというと、学級崩壊の根っこには「席についている
こと」「意見を自由に言わないこと」という学習者間の「コミュニケーシ
ョンの遮断」があります。そういう「コミュニケーションの遮断」がなぜ
行われたのかというと、教師の「教えやすさ」のためです。
 学級崩壊では、それに対して「離席」「私語」という抵抗的な現象が発
生します。

 しかし、その「コミュニケーションの遮断」が、学習者を「慢性的に(自
発的なコミュニケーションを)コントロールを失った状態」にしていると
までは考えていませんでした。しかし、ランガーの命題が真であるとする
と、学習者である子どもたちは、「席についていること」「自由に意見を言
わないこと」という「教えやすさ」原理によって「挑戦することをやめ、
慣れきってしまった世界に引きこもってしまう」ということになります。
これって、めちゃめちゃに怖いことだなあと思います。

 もちろん、これは少し極端な思考実験です。実際に行われている現場の
授業で、ずっと「席に着いていること」「自由に意見を言わないこと」を
要求するような授業は、恐らくないと言っていいでしょう。教師は子ども
の様子を見ながら、意識的に雑談をしてみたり、活動タイプの授業断片を
活用することによって、「コミュニケーション」を自分なりにコントロー
ルする体験もさせていると思います。しかし、この二大ルールをあまり厳
格に適応して、学習者のコントロールの感覚は奪ってしまうのは危険だな
あと思いました。

 上でわたしがやったことは「教えやすさ」の「学びのしかけ」がどうい
うメリット(チャンス)とデメリット(リスク)を持っているのかという
ことを思考実験してみたということです。筑田さんが「内実」と言ってい
ることの一つが、この自分が自分で「学びコミュニケーション」をコント
ロールしているという実感じゃないかと思います。それがないと、学習者
たちは、ある種の無気力状態(=「活気がない」状態)になるということで
す。

授業づくりネットワーク誌の最新号
→ http://www.gakuji.co.jp/magazine/network/index.html
------------------------------------------------------------------
【編集後記】
------------------------------------------------------------------
 残りわずかとなった本メールマガジン。
 いよいよラストスパートです。
 今後の執筆陣をご紹介します。
 新しい学びの在り様に関心の高い仲間の方々にも、ぜひご紹介ください。

1月29日日曜日 ハイブリッドチーム    佐々木潤さん
1月31日火曜日 ワークショップチーム   佐竹康弘さん
2月3日 金曜日 インクルージョンチーム  池田康子さん
2月5日 日曜日 ワークショップチーム   佐藤美智代さん
2月7日 火曜日 ライフヒストリーチーム  吉永紀子さん
2月10日金曜日 ワークショップチーム   中嶋卓朗さん
2月12日日曜日 インクルージョンチーム  湯藤瑞代さん
2月14日火曜日 ワークショップチーム   遠藤安孝さん
2月17日金曜日 ハイブリッドチーム    中村健一さん
2月19日日曜日 ワークショップチーム   成瀬陽子さん
2月21日火曜日 インクルージョンチーム  平嶋大さん
2月24日金曜日 ワークショップチーム   大橋邦吉さん
2月26日日曜日 ライフヒストリーチーム  秋澤美加子さん
2月28日火曜日 ワークショップチーム   岩瀬直樹さん
3月2日 金曜日 ハイブリッドチーム    堀裕嗣さん
3月4日 日曜日 インクルージョンチーム  神吉満さん
3月6日 火曜日 ワークショップチーム   山崎正明さん
3月9日 金曜日 インクルージョンチーム  池田康子さん
3月11日日曜日 ワークショップチーム   平山雅一さん
3月13日火曜日 ハイブリッドチーム    喜岡淳治さん
3月16日金曜日 ワークショップチーム   藤原由香里さん
3月18日日曜日 ハイブリッド副編集長   佐内信之さん
3月20日火曜日 インクルージョン副編集長 藤原友和さん
3月23日金曜日 ライフヒストリー副編集長 長瀬拓也さん
3月25日日曜日 ワークショップ副編集   加藤恭子さん
3月27日火曜日 学びのしかけMM編集長  石川晋さん
3月30日金曜日 学びのしかけ代表     上條晴夫さん

 なお、執筆者や執筆順番は変更になることがありますので、ご了承くだ
さい。 
==================================================================
メールマガジン「学びのしかけプロジェクト」
第194号(読者数1827) 2012年1月27日発行
編集代表:上條晴夫(haruo.kamijo@gmail.com)
twitterはこちら⇒ http://twitter.com/#!/gbc02527
Facebookはこちら⇒ http://www.facebook.com/haruo.kamijo
編集部ではチームに分かれてMLによって原稿検討を行っています。本メ
ールマガジンの記事を読んでいただいた率直なご意見・ご感想をいただけ
ると幸いです。本メールマガジンの内容に少しずつ反映をしていきたいと
考えています。
 編集長:石川晋
 副編集長:長瀬拓也・加藤恭子・藤原友和・佐内信之
登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000158144.html
==================================================================
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://suponjinokokoro.blog112.fc2.com/tb.php/1187-7cf5681a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

一週間の終わり «  | BLOG TOP |  » 脇明子、小幡章子『自分を育てる読書のために』(岩波書店)の衝撃

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

最新記事

プロフィール

石川晋

Author:石川晋
北海道の中学校教師を退職しました。
都内に潜伏して、ゆっくりのんびりしなやかに、教育、芸術、自然の話をしながら、これからの自分のことを考えつつ、新しい状況に対応する「学びのしかけ」のことを考えて行きます。facebookアカウントは、
https://www.facebook.com/profile.php?id=100000528475920
ぼくにできそうなことは、どんどんお受けしますので、遠慮なくお知らせください。FBのメッセンジャーが一番確実です!

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

未分類 (50)
教育 (2172)
音楽 (264)
雑記 (341)
映画 (15)
読書 (31)
美術 (14)
研究会等 (10)
自然保護 (9)
CD&DVD (0)
育児 (30)
自然 (82)
対話 (7)
思考 (36)
演劇 (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード