topimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimage

2017-08

2月10日公開の件&「猛烈」「修行」考 - 2011.12.26 Mon

 伊垣さん訪問の機会ということで、思い切って決めた公開研ですが、少し考えが変わってきました。
 次の通りにさせていただこうと思います。
1.申し込みは今日一日で締め切りにさせてください。
2.宿泊については締め切ります。つまり今日申し込みの方は、昼の授業公開だけで結構です。
 今のところ、伊垣さんを含め3名の方です。まだ未確定な方もいらっしゃるので、2名になるかも知れません。

 ぼくはおもしろがりの人間だが、猛烈な教師ではありません。
 そのことを、生徒が一番よく知っていて、同僚は2番目に知っているでしょう。
 授業を参観した人は3番目、講座などに出た人は4番目に知っている人たちかな。
 書いたもの、一人歩きする名前、そういうものはおそろしいです。
 授業を一日全て公開するというのは、深澤久さんや杉渕鐡良さんの方法に共感したからで、以来一日全てを公開するのはもう7年くらい続いているはずです。
 でも、猛烈な教師として修行(修業)する日々を公開しようと思っているのではない。実際ぼくはそういう教師ではありません。来てくださった方と「対話」することが願いであり、この国の子ども達の置かれている状況に「立ち往生」している姿を見ていただくのが目的でした。
 仕方がないことなので誰かを責めたりしてるわけではないのですが(これをちゃんと書いておかないと誤解する方が結構いるので)、学校というところはなかなか息苦しいところだと思っています。一定程度の人数の生徒にとっても息苦しいところでしょうし、何よりも一定程度の教師にとっても息苦しいところであり、ぼくにとっては、新卒以来ずうっと息苦しい場所であり続けます。正確に言えば学生時代からずうっと、です。
 教師にとっても息苦しい場所が、生徒にとって住みやすい場所になるわけがなかろうとも思っています。もちろん学校は生徒にとって住みやすい場所で「だけ」あればよいと言っているのではありません。ただ、ぼくにはおおむね、限度を超えて住みにくい場所になっているのではないかという思いがあるわけです。
 そこに、猛烈な教師や修行教師がやってくれば、本音のところ、くたくたに過ごす生徒がいるのは当たり前だとも思います。猛烈も修行も、一般的でないから、猛烈にも修行にも成りうる…。
 ぼくは日々に苦しんでいるけれど、猛烈に修行している教師ではありません。
 少なくとも生徒との関わりについては、いつもいつも楽しみとなごやかさと緩やかさを是としてきた教師です。
 そんなことを、少し書いてみたくなりました。
スポンサーサイト

● COMMENT ●

山崎先生もいらっしゃるとのことで、何とかして参加の方向を探っていたのですが…。
翌11日に音楽科教育の学会発表を引き受けてしまい、残念ながら参加を断念しました。

「ぼくにとっては、新卒以来ずうっと息苦しい場所であり続けます。正確に言えば学生時代からずうっと、です。」との言葉に自らを重ねています。そのあたりのことを今月の「音楽・平和・学び合い」で書くつもりです。

今回を逃すと、石川先生の教室を見るのはさらに先のこととなりそうで、大変残念なのですが、必ず機会が来ると信じています。今後ともよろしくお願いいたします。ご家族と共に、よいお年をお迎えください。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://suponjinokokoro.blog112.fc2.com/tb.php/1129-4af88ed5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今日の仕事… «  | BLOG TOP |  » ★学びのしかけプロジェクトメールマガジン183号 石川拓さん「進路指導から考える、インクルージョン発想の学びのしかけ」

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

最新記事

プロフィール

石川晋

Author:石川晋
北海道の中学校教師を退職しました。
都内に潜伏して、ゆっくりのんびりしなやかに、教育、芸術、自然の話をしながら、これからの自分のことを考えつつ、新しい状況に対応する「学びのしかけ」のことを考えて行きます。facebookアカウントは、
https://www.facebook.com/profile.php?id=100000528475920
ぼくにできそうなことは、どんどんお受けしますので、遠慮なくお知らせください。FBのメッセンジャーが一番確実です!

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

未分類 (50)
教育 (2156)
音楽 (259)
雑記 (341)
映画 (13)
読書 (31)
美術 (12)
研究会等 (10)
自然保護 (9)
CD&DVD (0)
育児 (30)
自然 (82)
対話 (7)
思考 (36)
演劇 (4)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード