FC2ブログ
topimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimage

2012-12

無力感の積み重ねが - 2012.12.25 Tue

 社会のいろんなもの(やこと)が、行き止まりに突き当たっている。無力感の積み重ね、だ。
 一所懸命取り組んでいる人ほど、大きな無力感や脱力感と隣り合わせの場所にいる。
 大きな力や単純な方法で、状況を一挙に変えてほしいという気持ちは、いつも隣に座っている。

 隣に座っているものの隣にも座っているものがある。そいつの顔や所作に目を向ける余裕がある間は、踏みとどまっていられる。でも、目を向ける余裕さえないほどに絶望してしまうこともある。そうすると恐ろしい勢いで重機は動き始め、私がつぶしてしまってほしいと願っていたものだけではない関係のないものまで、真っ平らにしはじめる。私自身もあっという間に真っ平らにされて、何もなかったことにされてしまう。
スポンサーサイト



『野鳥』2013.1月号 ツル特集 - 2012.12.25 Tue

 最近は、ぼくの家のすぐ近くの畑まで、タンチョウがやってくるようになった。手狭になった釧路湿原周辺の繁殖地や越冬地を飛び出して生活圏を広げつつあるのだ。
 で、ぼくは知らなかったのだが、鹿児島県出水地方の餌場の充実によって、山口県八代のナべヅル越冬地(昨年7羽!)は壊滅的になっているのだそうだ。タンチョウも常に「餌付け」の問題が取りざたされてきたのだが、九州・四国地方のツルがこんなに重篤な状況になっているのか、と。
 結局タンチョウも、釧路湿原近辺で越冬する鳥たちは、人間によるいびつな保護の形で二重三重に、自然を失った悲しい生物になっていることを、改めて思い知らされる。

『学級経営・授業に生かす!教師のための「マネジメント」』(明治図書)を読む - 2012.12.25 Tue

 長瀬拓也さんたち、編著者4名から贈っていただいた。
 長瀬さん以外の3名にとっては、背表紙に名前が載る初めての本だろうから、感激もひとしおであろう。
 特にそのうちの一人山田将由さんには、この本をひっさげて、3月24日の授業づくりネットワーク大会に講師として来ていただくことになっている。 → http://kokucheese.com/event/index/64199/

 さて、数日前に届き、当然精読は出来ていないので、印象批評のようになるが。
 「マネジメント」という視点に立って、学校で教師が行っていかなければならないことを、大変よく整理した柱立てになっている。学校での本務から周辺までの数多の業務の運用に苦しむ先生方に、きっと役立つだろう。で、苦しんでいる先生は若手はもちろん、ベテランまで広範に居る現状だから、想定される読者層は思いのほか広いだろうと思う。

学級経営・授業に生かす! 教師のための「マネジメント」 子どもも教師も成長する65のヒント学級経営・授業に生かす! 教師のための「マネジメント」 子どもも教師も成長する65のヒント
(2012/12/31)
長瀬 拓也、岡田 広示、杉本 直樹、山田 将由

商品詳細を見る

 一方で、ここからを否定的と捉えられると困るのだが、そうか、マネジメントなのね、とため息が出てしまう。
 山田さんがまえがきでいみじくも語っているように、この本の基本発想には、ドラッカーに代表されるような経営のプロのマネジメント発想があるのだろう。事実学校はあまりにも長いこと、聖域のようであり、だらしなくいろんなことが行われてきたから、そこに経営管理なり、経済効率なりの発想が多少なりとも入ることは大切だ。
 実は、「多少なりとも」だとぼくは思っているのだ。ところが、生真面目な教師たちは、一挙に自分の軸を立てることも忘れて、経営と経済効果になだれを打って倒れ込んでいっているのが現状なのだ。
 「多少なりとも」だよね、という客観性を担保して、マネジメント発想をカスタマイズして使おうと考えるか、マネジメントこそ大切なのだという新しいガンバリズム型の受容になるか、ぼくには未来は暗いなあ、と思う。編著の四人は「マネジメント」という言葉を「セルフマネジメント」できている人たちなのだとして、読み手が独り歩きする「マネジメント」という言葉を目的化してしまわない視点で読んでくれることを願いたい。
 さて、3月、若手同士の対談の中で、こういう話は出てくるのだろうか、それともただただマネジメントの技能の話に流れ込んでいくのだろうか、黙って会場で話の行く末を見つめようと思う。あ、こういう話をしてほしいという意味ではない。ぼくにとっては若手から中堅の教師が本気で話したいことはどんなことなのだろうということにとても興味があるのである。

 ここからはさらに極私的な話になるが、ぼくはPDCAサイクルが大嫌いなのである。あんなものがあることで、おおかたの教師は創造性と表現の羽を奪われていると思っている(ちなみにどんなものも上手に使いこなす1,2割の優秀な人間はいる)。ただここからがポイントなのだが、ぼくはそういう風に思っているから、PDCAサイクルでさっさと提案しさっさとプロジェクトも展開する。バカバカしいと思っているから、さっさと拘泥なくやるということだ。

 そういう本来の自分を担保するために必要ならさっさとやる、というような場所で仕事をしていけるか、ということなのだと思っているのだ。

Rheinberger: Cantus MissaeRheinberger: Cantus Missae
(1991/11/01)
Stuttgart Chamber Choir、Berniu 他

商品詳細を見る



プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第2, 5番プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第2, 5番
(1992/07/01)
プロコフィエフ

商品詳細を見る

ここそれほどでもないようで - 2012.12.25 Tue

 ここは18.7度で止まったようだ。早朝薄い雲が出て放射冷却が弱まったのだろう。
 かつて4年の教員生活を過ごした旭川市江丹別地区(ぼくはその一角の嵐山だったが)は29度7分まで下がったようだ。
 寒い朝は見た記憶のない静謐な青に包まれるのだ。今朝もきっとそうだったろう。

 この数日も数冊の本を平行して読みながら、いつもの年の背に増して、少しくらい気持ちになる。
 夕べもふとんで寝つけずにぐずったうららは、朝ごはんを申し訳程度に食べると9時前に眠ってしまった。

Joseph Rheinberger: Geistliche Und Weltliche ChorwJoseph Rheinberger: Geistliche Und Weltliche Chorw
(2009/01/01)
Regensburger Domspatzen

商品詳細を見る

氷点下20度 - 2012.12.25 Tue

 今夜はあちこちで氷点下20度以下になっているようだ。
 寒い朝になりそうだ。

ショパン:ピアノ協奏曲第1番、第2番 (Chopin : Concertos Pour Piano No.1 & No.2 / Boris Berezovsky - Piano, John Nelson - Direction) [輸入盤・日本語解説書付]ショパン:ピアノ協奏曲第1番、第2番 (Chopin : Concertos Pour Piano No.1 & No.2 / Boris Berezovsky - Piano, John Nelson - Direction) [輸入盤・日本語解説書付]
(2011/10/07)
ボリス・ベレゾフスキー

商品詳細を見る

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

最新記事

プロフィール

石川晋

Author:石川晋
北海道の中学校教師を退職しました。
都内に潜伏して、ゆっくりのんびりしなやかに、教育、芸術、自然の話をしながら、これからの自分のことを考えつつ、新しい状況に対応する「学びのしかけ」のことを考えて行きます。facebookアカウントは、
https://www.facebook.com/profile.php?id=100000528475920
ぼくにできそうなことは、どんどんお受けしますので、遠慮なくお知らせください。FBのメッセンジャーが一番確実です!

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

未分類 (53)
教育 (2236)
音楽 (271)
雑記 (343)
映画 (17)
読書 (32)
美術 (15)
研究会等 (10)
自然保護 (9)
CD&DVD (0)
育児 (30)
自然 (82)
対話 (7)
思考 (38)
演劇 (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード