topimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimage

2017-11

【とにかく一つずつさよならだ】 - 2017.04.10 Mon

20年以上会員だったと思う。さよなら。
他にも雑誌とかいっぱいお別れをした。

この2日ほど、いろんな方が少しずつ、いろんなお話を持ち寄ってくださってありがたいです。

日本じゅうどこへでも出向こうと思ってます。

スポンサーサイト

『最新版 北海道スノーハイキング』が刊行になりました - 2014.12.24 Wed

北海道の山メーリングリスト編『最新版 北海道スノーハイキング』(北海道新聞社)が刊行になった。2004年に刊行になり、2008年に増補版。それ以来の6年ぶりの改定である。ぼくは今回は2か所新たなコースを入れるべく取材もしたのだが、今年の執筆不調(絶筆に近い)の中で、結局取材を文字お越しできず、断念した。以前から掲載になっている「旭川・外国樹種見本林」「旭川・鬼斗牛山(三角山)」「帯広の森」「野鳥観察のポイント」の4つの記事は引き続き、情報を更新の上、掲載になっている。
冬山登山ガイドではなく、スノーハイキング。コンセプトは、みんなで冬のフィールドに出てみようね、というものだ。
最新版もどうぞよろしく!

北海道スノーハイキング北海道スノーハイキング
(2014/12/17)
北海道の山メーリングリスト編

商品詳細を見る

ひがし大雪自然館(上士幌町ひがし大雪博物資料館と環境省ぬかびら源泉郷ビジターセンター) - 2013.05.05 Sun

 今年はこの寒さで、突哨山のカタクリもパスし、出来たばかりのぬかびらの自然館を見に行く。
 建設段階からいろんな意見も出て、無論様々な考え方はあるのでしょうが、今日初めて行ってみて、これはなかなかの施設だなあと思った。
 もともとの資料を全部展示できるわけではないのだが、立ち寄った方に見せるという意識に優れ、休憩もできる。
 居心地のよい空間になっていた。

 専門的なことでいうと、この地域特有のミユビゲラなどの最新の生物情報、それから黒石平・源泉郷・幌加・三股の歴史も(これは鉄道記念館があるわけだが)、博物館的に一望できるといいのになあという気持ちも・・・。

 また行きます。

SuperstarSuperstar
(2012/10/10)
Small Circle of Friends

商品詳細を見る
 
スモール・サークル・オブ・フレンズ、昨年暮れの新譜。
 聴き逃してました・・・。
 彼らの最高傑作と言ってもいい、素晴らしいアルバム。
 ラップの草創期からミュージシャンのリスペクトを受け続けてきた、でもセールスはずうっと今一つという・・・今作もラップミュージックの次元を超えたクオリティでした。ポエムリーディングに近いアプローチは相変わらずで。

『野鳥』2013.1月号 ツル特集 - 2012.12.25 Tue

 最近は、ぼくの家のすぐ近くの畑まで、タンチョウがやってくるようになった。手狭になった釧路湿原周辺の繁殖地や越冬地を飛び出して生活圏を広げつつあるのだ。
 で、ぼくは知らなかったのだが、鹿児島県出水地方の餌場の充実によって、山口県八代のナべヅル越冬地(昨年7羽!)は壊滅的になっているのだそうだ。タンチョウも常に「餌付け」の問題が取りざたされてきたのだが、九州・四国地方のツルがこんなに重篤な状況になっているのか、と。
 結局タンチョウも、釧路湿原近辺で越冬する鳥たちは、人間によるいびつな保護の形で二重三重に、自然を失った悲しい生物になっていることを、改めて思い知らされる。

東大雪 白雲山に登る - 2011.06.19 Sun

 生徒数名と同僚1名とともに白雲山に登る。
 一昨年の夏体調を崩し、全身に発疹が出て山に登れなくなってから、久しぶりの登山である。

 コースは「然別湖畔コース」。登りは1時間20分。下りは天望山への縦走路を経て湖畔を戻る形で、それでも1時間半くらいだろうか。
 今日は士幌町のはずれで、2羽のタンチョウも目撃し有意義。
 山頂ではナキウサギも見ることができた。

 花は、下部から上部まで、切れ目なく、ズダヤクシュ、ミツバオウレン、コミヤマカタバミ、ゴゼンタチバナ、マイヅルソウ、ツバメオモト。ミヤマハンショウヅル、ハクサンチドリ、チシマフウロ。見ごたえがありました。
 あとはとにかく、コヨウラクツツジ、それに、なんといってもムラサキヤシオが実に美しかったです。ウコンウツギも。
110619白雲山登山+011_convert_20110619201213

110619白雲山登山+027_convert_20110619201356

110619白雲山登山+028_convert_20110619201426

110619白雲山登山+030_convert_20110619201504

110619白雲山登山+037_convert_20110619201734

110619白雲山登山+016_convert_20110619201103

110619白雲山登山+017_convert_20110619201250

110619白雲山登山+024_convert_20110619201325

110619白雲山登山+026_convert_20110619201910

110619白雲山登山+040_convert_20110619202055

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

最新記事

プロフィール

石川晋

Author:石川晋
北海道の中学校教師を退職しました。
都内に潜伏して、ゆっくりのんびりしなやかに、教育、芸術、自然の話をしながら、これからの自分のことを考えつつ、新しい状況に対応する「学びのしかけ」のことを考えて行きます。facebookアカウントは、
https://www.facebook.com/profile.php?id=100000528475920
ぼくにできそうなことは、どんどんお受けしますので、遠慮なくお知らせください。FBのメッセンジャーが一番確実です!

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

未分類 (51)
教育 (2181)
音楽 (266)
雑記 (341)
映画 (16)
読書 (31)
美術 (15)
研究会等 (10)
自然保護 (9)
CD&DVD (0)
育児 (30)
自然 (82)
対話 (7)
思考 (36)
演劇 (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード