topimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimage

2017-03

【コンサートその2】エリシュカ、札響 シューベルト、ブラームス - 2017.03.11 Sat

2017年3月11日。札幌・kitara

午後から札幌まで。 楽しみにしていた。キタラでは最後になってしまうかもしれないコンサート。 大好きなシューベルトの5番。特に2楽章が美しかった。

4楽章が始まる頃、ちょうど地震の時間だったと思う。シンプルに美しい時間だった。いろんな思いが去来する。

メインのブラームスの1番は大変な熱演。暖かく柔らかいが力強い。 この街も人もエリシュカを愛してやまず。エリシュカもまたこの街も人もオケも大好きなのだな。 幸せな出会いに立ち会えるということはこんなにも幸せなことなのだ

スポンサーサイト

【コンサートその1】ライナー・ホーネックと名古屋フィルの四季 - 2017.02.10 Fri

2月10日。名古屋しらかわホール 四季がメイン。 ウィーンの典雅な四季。ところどころ新鮮な解釈も。後半はなんといっても、美しく青きドナウ。独特のリズム感を名フィルがよく表現して素晴らしい。力あるな名フィル。

【2016年アルバムベスト10】 - 2016.12.31 Sat

 3月で退職するということで、数千枚あったCDをとりあえず手際よく売り飛ばし、部屋からCDは例のオリコン一位のシングルCD以外は全部なくなりました。そのシングルCDの購入も、今週の水曜日発信のオリコンデータのシングル一位のCDを購入して、終了です。

P_20161228_142406_vHDR_Auto.jpg

 例年はCDアルバムのベスト10を選びますが、今年は途中で買うのもやめてしまったので・・・そもそもCDというまとまった形で音楽を聴くという形自体が、もう10年も前からぼくらの国でも変わってしまっているわけで・・・。
 でも、今年が30年近く続けてきたアルバムベスト10の最後になるでしょうから、中途半端でも、自分の記録として残しておこうと思います。残念ながらラッドの新作は通して聴けていません。いつもなら購入して確実に聴いているところなのですが、入れられません。「君の名は。」はとてもいい映画でした。

1.tacica"HEAD ROOMS"
2.Bump of chicken"Butterflies"
3.アイドルネッサンス"アワーソングス"
4.スピッツ"醒めない"
5.宇多田ヒカル"Fantome"
6.矢井田瞳"TIME CLIP"
7.岡村靖幸"幸福"
8.little creatures"未知のアルバム"
9.Small Circle Of Friends"Silence"
10.小谷美紗子"MONSTER"
次点 中村一義"海賊盤"と、乃木坂46"それぞれの椅子"の二枚。

HEAD ROOMS
HEAD ROOMS
posted with amazlet at 16.12.30
tacica
SME (2016-04-06)
売り上げランキング: 17,875


 一番聞いたのは小谷。しかしベスト盤なので。
 一位はスピッツでも宇多田でもバンプでもいいと思う。
 でも、一番気持ちの真ん中に響いたのは、tacicaだなあと思うので、出来栄えとか度外視して、一番気になったものをど真ん中に据えます。

【コチシュが・・・】 - 2016.11.07 Mon

 亡くなったのか。
 そのうちじっくり聴けるだろうと思っていたのに、早過ぎたな。

IMG_4768.jpg

IMG_4771.jpg

 今日の『学び合い』は学力テストの傾向分析。

ラフマニノフ/ピアノ協奏曲第2番ハ短調
コチシュ(ゾルタン)
マーキュリー・ミュージックエンタテインメント (1996-06-05)
売り上げランキング: 5,537

【パレーのオルガン付き】 - 2016.10.18 Tue

 CDを梱包しつつ、最低限残しておきたい音源をPCに取り込んでいる。
 パレーのオルガン付き交響曲。極めつけの名演だが、実は同じ盤に収録されているパレー自作自演のジャンヌダルクの生誕(じゃなくて死か)を祈念するミサが好きだ。
 今日も思わず、聞き入っている。

 冬を前に、心なしか元気がない、にぼしちゃんと。
 ぼくも頭痛がひどい。
IMG_4770-1.jpg

サン=サーンス:交響曲第3番「
デトロイト交響楽団 イェーンド(フランセス) パレー(ポール) ビーブル(フランセス) イ=クウェイ=ツェ ロイド(デビッド)
マーキュリー・ミュージックエンタテインメント (1995-03-10)
売り上げランキング: 82,191

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ジオターゲティング


ジオターゲティング

FC2カウンター

ぼくの執筆している本です!

最新記事

プロフィール

石川晋

Author:石川晋
北海道の中学校教師です。
教育、芸術、自然の話を緩やかにしながら、新しい状況に対応する「学びのしかけ」のことを考えて行きます。本体webpage(書庫代わり)は下記です。
http://homepage1.nifty.com/maru-shin

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

未分類 (47)
教育 (2119)
音楽 (252)
雑記 (327)
映画 (9)
読書 (31)
美術 (9)
研究会等 (10)
自然保護 (8)
CD&DVD (0)
育児 (30)
自然 (82)
対話 (6)
思考 (33)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード