topimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimagetopimage

2016-08

【台風の爪痕・・・】 - 2016.08.24 Wed

 今日は工藤昌晴さんに来ていただいて、合唱指導の校内研修だった。
 しかし、台風で旭川からこちらまで来るルートが確保できない。
 結局生徒への全校指導はできず、校内研修+研修カフェのみのご提案だった。
 研修カフェはとりわけ有意義だった。
 教師の出のタイミングは、という若手教師の問いに、工藤さんは「生徒がとても困っている時」と答える。

 何人かの先生と工藤さんとの直接のつながりもできた。きっと来年からは彼らがこの出会いを丁寧に受け渡していってくれることだろう。
IMG_3937.jpg

 夜は70周年記念行事の会議。

 四日市の資料もできた。
スポンサーサイト

【何度も何度も繰り返して学ぶ・・・】 - 2016.08.23 Tue

 四日市の民間セミナーは、仕切り直しをすることにした。人が集まらない。熱い思いでプログラムを作ったわけだが、その地域で真剣に学びたいと願う先生方のニーズに合わない、手前勝手な中身だったということだ。現地の実行委員にも心から申し訳ないことをしたと感じる。
 仕切り直しは2月11日。今度はきっと、みなさんも参加しやすい学び合える中身になるだろう。何度も何度も失敗を繰り返して学ぶ。20年以上も研修会づくりをしながら、今もこういう感じなわけである。

 授業づくりネットワークの連載原稿をようやく書き上げた。
 これで、夜は週末からの四日市と豊川の二つの官製研修会の準備に専念できる。テーマは似通っているのだが、講座時間も、人数規模も違う。それぞれの会に合わせて作るしかない。楽しく、苦しい作業である。

 校内的には、ここからゲストティーチャーが次々やってきて、その間にテスト、そして文化祭準備、成績評定。ハードな時期の到来である。

 今日は台風が足早に過ぎ去っていった。
 明らかな梅雨。そして次々上陸する台風。天候変動は長いスパンでは結構大きな形で起こることは知っているが、やはりこの数年の異変は、根本的な変化のきざしとしか考えられない事態である。

IMG_4090.jpg

 最後に少しだけへばりつくように残っていた夏よ、さようなら。


【CDを売る】 - 2016.08.22 Mon

 30年分のCDを売って行く。
 少しずつまとめて売っていく。
 未練が残らないように、選別のルールを作らず、全部売っていく。
 これが終わったら、次は教育書を売っていく。

CD 2

 写真は次に売られていく予定のCD.

 また台風がやってくる。

【生活の中に、実感を用意することだ】 - 2016.08.17 Wed

 コンパクトな台風なので、暴風圏に入り、出た、その感じがとてもよくわかった。
 北海道では数年ぶりの上陸。まっすぐ上陸してきた台風は23年ぶり、とか。台風七号。めったに経験しない1時間だった。

 ぎりぎりまで学校で仕事をし、それからひどくなる直前に帰ってきた。
 若い先生が三人、まだ残って仕事していた。
 ぼくが手に持ったビニール袋の、味噌とコンソメを見て、すごーい、と言う。

IMG_4429.jpg

 ぼくもそうだった。若い時、「生活」が出来なかった。田舎には外食の選択肢もとても少ない。インスタントばかりを食べたものだったが、何かを作るという手応えを、自分の手元に引き寄せておけない生活の中では、実践は荒れていくのだった。

 若者たちよ、食事を作ろう。
 苦しい二学期を乗り越えるために必要なことは、小手先の技術や準備ではない、多分、毎日毎日繰り返されていく生活の中に、実感を用意することだ。

 苦しくなると、思い出したようにスーパーに行き買い物をし、台所に立ってカレーライスを作った。入念にじっくりと作り、そして炊き立てのご飯にかけて食べる。ポロッポロッと涙がこぼれたりしながら、今日もちゃんと生きている、と、そう思ったものだった。

 ぼくらの仕事は「作りだす実感」を持たない「達成」の対価物を得にくい仕事である。
 ものを作り生み出す仕事を、歳を取るごとにうらやましく思うようになってきた。

 近年とみに、学力成績の結果などを追いかける風潮に教員が乗っていくことの背景には、数量で見える「結果」で、自分の実感を埋めようとする、そういうこともあるのでは、と思う。
 ぼくらの仕事は、作りだす実感も達成の対価物も得られない(得られにくい)ことに耐え続けることを本質としているとぼくは思っている。
 そして、そんな日々が22歳から60歳まで続いていくことに耐え続けたりできる人はまれだ。
 だからこそ、生活の中に、実感を用意することだ。

【雨の夜に】 - 2016.08.16 Tue

もっともらしいが内実の伴わない言葉のストライクゾーンを広げるな。
苦しくとも、自分の日常と切り結ぶ言葉で、世界を説明し尽くしたい。

【決断、選択】 - 2016.08.16 Tue

 いろんなことを決断しなければ、選択しなければ。
 自分のことをよくよく考えなければ、でも動き出さなければ。

IMG_4383.jpg

 全部をそのままにして、先に行くことはできないんだな。

【アンパンマンショップ、お墓参り、旭山動物園・・・】 - 2016.08.16 Tue

 うららを連れて、富良野、旭川。

IMG_4347.jpg

IMG_4361.jpg

IMG_4379.jpg

IMG_4392.jpg

IMG_4413.jpg

IMG_4424.jpg

 うららは、遊び疲れたという。
 「おとうちゃん、少し遠いから、うらは寝るからね」と言って、最後は助手席で眠ってしまった。
 うららも疲れたが、ぼくも風邪をひいた。

 今朝になって、ぼくの中の日にちが一日ずれていたことに気が付く。
 今日は出勤日ではなかった。
 明日が職員会議、明後日が始業式だった。
 いろんなことに、関心が低くなっていくのだな、と思う。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ジオターゲティング


ジオターゲティング

FC2カウンター

ぼくの執筆している本です!

最新記事

プロフィール

石川晋

Author:石川晋
北海道の中学校教師です。
教育、芸術、自然の話を緩やかにしながら、新しい状況に対応する「学びのしかけ」のことを考えて行きます。本体webpage(書庫代わり)は下記です。
http://homepage1.nifty.com/maru-shin

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

未分類 (47)
教育 (2082)
音楽 (244)
雑記 (278)
映画 (6)
読書 (31)
美術 (9)
研究会等 (10)
自然保護 (8)
CD&DVD (0)
育児 (30)
自然 (73)
対話 (6)
思考 (32)

ツイッター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード